病院の帰り道でも明るい気持ちになる3つのこと【春編】

通院の帰り道でも明るく前向きな気持ちになった3つのこと

持病を抱える人にとって、定期的な通院は付き物。私も広意義での気管支喘息や癌など多くの病気を罹患後、数か月に1度の通院が欠かせません。複数の病気を掛け持ちしているとなおさら、毎月何かしらの通院の予定が入ります。カレンダーに書き込んだ予定は友達との楽しそうな約束・・・ではなく、なんだかどんよりする病院の名前ばかりということは日常茶飯事ならぬ毎月茶飯事です。

今回は運よく、気候・天候に恵まれた日が3か月に1度の通院と重なりました。帰り道はいつにも増してほっこりした気分になることができたので、その理由を考えてみました。

1.前回ここを通った時から経過した月日を実感する

どこか体調が悪くて診察や検査をしてもらうと思って病院に行くことにする。そんな時はちょっと状況が異なると思いますが、体調の変化に関わらず定期的に通院しなければならない状況にある場合は、前回の通院時の状況と比較することが容易です。

前回ここを通った時は、まだ寒かったな。ここの信号を待っている時に吐く息が白かったっけ。前回は咳がゴホゴホ出ていたけど、今日は少しおさまっているかも。前回は仕事が大変で仕事の電話をしながらここを通ったけど、そういえば数か月経った今は落ち着いたな。

些細なことでも前回との変化を考えてみると、通院間隔だけの日数が経過して、それが久しぶりであるほど季節も変わっていて、自分の状況も変わっていることに気が付きます。それが、抱えている症状の緩和だったり治療効果が出ていること実感したりする良好な変化だとしたら、とても嬉しいものです。私の場合は、長年勤めた会社の退職を目前に有給休暇を取っているタイミングと重なったため、前回の通院時は忙しいプロジェクト真っ只中だったけど、今日はこうして仕事のことを考えずにゆっくり通院できるんだなあ、と前回の通院から経過した3か月の月日を実感してしみじみしました。

そして、次回の通院でここに来る時には、季節も自分も家族も病状もどう変わっているかなあ、こうなればいいなあ、と次回のことを考えてみましょう。前回と今回を比較することが、今回と次回を比較する思考に繋げることができ、先の未来のことを考えられるって素晴らしい。私はそんな気がしました。

2.誰のためではなく自分のために、この時間を過ごしていることを実感する

仕事に追われている時は、クライアントのため・上司のため・同僚のため・ノルマのため。いろいろ状況はあると思いますが、自分のためにやっているという実感があまりありませんでした。また、日々の家事や子育てに追われている時も、子供のため・家族のため・早く終わらせて次にこれをやるため。いろいろ考えながら時間に追われていても、自分のためにやっているという実感がありません。

でも定期検査を欠かさずこうして通院しているのは、誰のためでもなく自分のため。もちろん広い意味では、子供や家族のために長生きしなくちゃということも含むけど、突き詰めれば自分のためです。そして時には長~い待合室や会計での待ち時間も、その時間で自分が好きなことをやっていれば、自分のための時間。私は好きな本を読んだり、調べたいことをネットサーフィンで追ったり、iPhoneに撮り溜めた子供の写真を見たりしています。そうしていると30分~1時間はあっという間で、「わ!もう呼ばれた」と慌てて診察室や会計窓口に行く、ちょっと恥ずかしい様・・・です。

だから、長い病院での待ち時間は、人から頼まれた何かとか、仕事のメールを読んで返信するとか、夕食のメニューを考えるとか、誰かのためのことではなくて、自分だけの何かに費やしてほしいです。そうすると、次回の長い待ち時間もなんだか楽しみになって、「1時間も自分のための集中した時間を過ごせた!」になるはずです。

3.道草をして小さな自然に気づく

何年も定期的に通院していると、その風景は珍しくもなく当たり前で、余計な寄り道をする気なんてしないかもしれません。通う病院が都心や繁華街にあって、立ち寄るお店がたくさんあるなら良いですが、何もない場所にどどーんと病院だけが建っている、そんな立地条件なら尚更です。その場合、たいてい駅から病院を結ぶ路線バスの1時間に走る本数は限られていて、どこかに寄るとか言っている余裕はなくて次の〇分のバスに乗らなきゃ!会計早くしてよ!とイライラした気持ちになりがちです。

でも定期通院をしなければならない状況、とりわけ長きに渡って通院している状況にある方は、健康や普通の生活を送れることへの有難み、そこにある自然の素晴らしさを分かっている方々だと思います。いつもは行かない横道を散策してみる、駅に着いたら周辺を散歩してみる。そんなちょっとした道草で新しい発見がありますよ!

私は、病院の最寄り駅から病院までの道のりが、とても行きにくい病院に通っています。数か月に1度だからと自分に言い訳して、最寄り駅←→病院をタクシーで移動していたのですが、帰りに初めて駅まで直行で行かずに、少し手前で降りました。平年よりも早めに満開となった桜の花がとってもキレイだったからです。思わず「ここで降ります!」と声をあげてしまいました。いつも素通りするその広場には、桜だけではなく、たくさんのお花が咲いていて、見上げれば木々の間から見える青空がとても美しい。こんなところがあったんだ・・・。

通院は次回も続きますが、また何か発見するつもりで散策してみようかな。待ち時間には、初めて子連れで海外旅行にいくための計画でも立てようか、いや待てよ?食物アレルギーっ子でも行ける国の選定を先にしなくちゃ。そんなことを考えていると、通院の日は苦じゃなくて、実はむしろ楽しみです。人からはよく「大変だね」と言われてしまうけれど。

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもお勧めです。~低糖質食品~

新しい食のスタイル☆カロリー・塩分をコントロールした宅配弁当《おまかせ健康三彩》


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト


女性の毎日をサポート【あしたるんるんラボ】女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー


【船橋屋】自慢のくず餅は、無添加・低カロリー(1人前194kcal)!


糖質オフの食品専門店『低糖工房』



低糖・低脂肪・野菜スイーツ!食事制限中でもスイーツが食べたい!【ポタジエ】


グルテンフリー・低糖質・低カロリー!女性を美しく健康にするスイーツ【コンフェクション】


日本で初めてカロリーゼロ和スイーツを開発した食品メーカー【遠藤製餡】


紀文のヘルシー商品と季節の美味しさをお届け【紀文オンラインショップ】


お気軽にコメントをどうぞ