これが究極!ポリ袋で作る「米粉とオリーブオイルのクッキー」乳製品・小麦粉は不使用!

超簡単!見ため悪いが、美味しいよ!

小麦・乳・ゴマ・クルミの食物アレルギーがある息子と、今すぐ食べるために、米粉クッキーを作ります。

これぞ究極!
すごい適当に、すごい素早く作ったら・・・こうなりました。

「米粉とオリーブオイルのクッキー」作りで準備するもの

準備する材料も、作りながらで良いくらい、簡単です。

  • 米粉 約150g
  • てんさい糖 約80g
  • オリーブオイル 約20~30g(適当)
  • 卵 1個
  • ポリ袋 1枚
  • キッチンスケール

「てんさい糖」は、普通の白糖でも大丈夫です。

我が家では、白糖は使っておらず、代わりに「てんさい糖」か「オリゴ糖」を使っています。

クッキーは捏ねやすさを想像すると、液体のオリゴ糖だとベタつくと思って「てんさい糖」を使いました。

ポリ袋に「米粉」を入れる

米粉を計量

ポリ袋をキッチンスケールに乗せて、米粉を入れます。

キッチンスケールの表示が、だいたい「150g」のところでストップ!

今回、使用した米粉は、トミーズ(富澤商店)の製菓用米粉「ミズホチカラ」です。

トミーズは、実店舗でもネット通販でも、お菓子作りの材料が豊富にそろっているから便利ですよ。


パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】

キッチンスケール表示を「0」リセットして次の材料…を繰り返す

ポリ袋に米粉を入れ終わったら、キッチンスケールの表示を「0」にリセットします。

横着者には、このやり方が一番簡単です。

次の材料をポリ袋に入れるだけで、計量できてしまいます。

洗い物もなくて便利!

ポリ袋に「てんさい糖」を入れる

「てんさい糖」を入れます。

キッチンスケールの表示が、「約80g」のところでストップ!

ポリ袋に「オリーブオイル」を入れる

私は、ここでキッチンスケールを「ゼロ表示」にするのを忘れましたが、大丈夫です。

オリーブオイルは”だいたい20~30g”を入れます。

「80g」だった表示が、プラス約20gで「100g」ちょっと過ぎた瞬間、ストップ!

私は、101gで止めました。結果、オリーブオイルは「21g」入りました。

ポリ袋に「全卵」を入れる

私は、卵の黄身と白身を分けるのも省略し、全卵を使います。

材料を全部入れたポリ袋の中身

ポリ袋に「卵」1個をまるまる入れます。ポリ袋の中を上から見ると、こんな感じです。

ポリ袋の外側から捏ねる

ポリ袋の外側から、生地がまとまるまで、捏ねます。

そろそろいいかな?と思った時に、ポリ袋の口を開いて中身を見ると、まだ生地がポロポロしていることが分かります。

このポロポロしている状態で、団子状に丸めて焼いても、スコーン風で美味しそう。

私は、もう少し生地が繋がるまで捏ねました。

”ポリ袋に入れたまま”生地を伸ばす

できた生地タネを伸ばして、平たくします。

ポリ袋の中に入ったまま!が楽チンです。

「木製めん棒」を使うのが王道ですが、ポリ袋の上からなので、手でもヤカンでも大丈夫。とにかく平たい形にします。

この時、ポリ袋はもともと四角いので、ポリ袋の大きさに沿って、平らにすると良い感じでした。

ポリ袋を中央から破くと”作業版”代わりに!米粉クッキーの型を抜く

生地を冷蔵庫で寝かすことも省略して、いよいよ”型抜き”です。

まずは、ポリ袋の中央を切り裂いて、広げます。そうるすと、生地が既にビニールの上に乗って、伸ばされている状態。型を抜くだけ!の姿です。

【補足】
米粉クッキーの生地を捏ねたり平たく伸ばしたり、作業に時間がかかってしまうと、生地に体温が伝わって、生地がベタついて扱いにくいです。

もしも、生地がくっついてしまい、ポリ袋を破いた時に開きにくかったり、型抜きにくっついたりしたら?

ポリ袋のまま、伸ばしたクッキー生地を数分間、冷凍庫に入れておきましょう。

生地の温度が下がって、一気に扱いやすくなります。

米粉クッキーの型抜きは、息子の役目です。(むしろ、これを楽しみに待っていただけ)

クリスマスツ1個リーや星型の型抜きを使いました。

オーブンで焼く(約10~15分)

米粉とオリーブオイルのクッキー
あちゃ~!

170℃くらい、約10~15分間、オーブンで焼きます。

なんだか途中で、オリーブオイルが染み出てきた?

なぜか模様ができました。形も不揃いで不格好ですが、焼き上がりました。

超簡単!米粉とオリーブオイルの低アレルゲンクッキー

(おままごとレベルでもいいんです)

いや~、とっても簡単でした。

インスタ映えは程遠い!
見た目が悪い、今回の「米粉とオリーブオイルのクッキー」ですが・・・味はとっても美味しいです。

アレルギーっ子と一緒に食べられる、低アレルゲンクッキーの作り方でした。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


さすがに次回は、もう少し丁寧に作ろうか…。

クッキーの”シミ”の原因が、オリーブオイルのせいなのか?も気になります。


私が愛用しているのは、タニタのキッチンスケールです。パン作りやお菓子作りには「0リセット機能」が便利、食物アレルギー経口免疫療法には「0.1g単位」に切り替えできる機能が便利です。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください