CATEGORY アレルギー検査・食物経口負荷試験

【食物アレルギー経口負荷試験の持ち物】必需品~あると便利なもの・まとめ

息子は、食物アレルギー。マルチアレルギーなので、これまで何度も経口負荷試験を受けてきました。 6歳にして、20回以上やっているかも…。 そこで今回は、今までの経験から、食物アレルギー経口負荷試験に持って行くもの・あると便…

2日連続!カシューナッツ経口負荷試験で分かったこと・”微量”から始めるアレルギー対応

息子は、小麦・乳・ごま・ナッツ類アレルギー。 前回の食物アレルギー経口負荷試験では、カシューナッツ0.1gでアナフィラキシーギリギリの症状となりました。 ということは、強いアレルギー症状と背中合わせ。カシューナッツを含む…

カシューナッツ0.1gでアナフィラキシー直前のアレルギー症状!経口負荷試験の記録

就学に向けて、ナッツ類アレルギーの経口負荷試験が続きます。 今回は、カシューナッツ経口負荷試験に挑みました。 ・今回の経口負荷試験のタイプ:日帰り入院・今回チャレンジする食品:カシューナッツ・アレルギーレベル:クラス4 …

ヘーゼルナッツ経口負荷試験の記録!アレルギー経口免疫療法ではなく「食品で試す」ステップへ

息子は、来春で小学生。就学に向けて、ナッツ類アレルギーの経口負荷試験が続きます。 今回は、ヘーゼルナッツのアレルギー検査として、ヘーゼルナッツ経口負荷試験に挑みました。 ・今回の経口負荷試験のタイプ:日帰り入院・今回チャ…

アレルギー経口負荷試験・経口免疫療法の掟-アレルギーっ子の命を守るために-

息子のアレルギー対応と向き合う中で、私は大事なことを忘れていました。 アレルギーと長く向き合うための鉄則。と言うほど厳重なルールじゃないけど、「心構え」として大切なことを書き留めておこう。 そんな趣旨で、主治医から今まで…

アナフィラキシーショック数回のアレルギー児の血液検査結果とクラス(レベル)推移

アナフィラキシーショック症状数回、エピペン保持。複数のアレルギー持ちである息子が、初めてアレルギー血液検査をしたのは、生後6か月の時です。 そして今日、5歳1ヶ月時点のアレルゲン検査の結果がでました。 アレルゲン血液検査…

小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」(0.1gの作り方)

小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」と「0.1g」の作り方 小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」を決めました。 「うどんの条件」通りに、準備万端です。 ※うどんの条件は、以下の記事…

クルミ経口負荷試験でアナフィラキシーショック!ナッツアレルギーへの警戒開始

アレルギー経口負荷試験の様子を綴ったブログです。 2018年7月、クルミの経口負荷試験を実施しました。 残念ながら、アナフィラキシーショックを起こしました。結果的に、ボスミン注射(エピペンの注射版)を2回打つ重症でした。…

【エピペンの使い方】講習会に参加!食物アレルギー・アナフィラキシーショックに備えて

4歳の息子は、クルミ経口負荷試験で、アナフィラキシーショックを起こしました。 それを機に、病院で「エピペンの使い方」について、講習を受けました。 自分のサイト「ゆきまる生活」を見れば、慌てた時でも、エピペンの使い方が頭に…

アレルゲン血液検査でクラス4-5が並んだ!今後の食物アレルギー対応計画(4歳)

新しい病院(アレルギー科)の初診時、数年ぶりに血液検査をしました。 あれから1週間が経ち、4歳の息子のアレルギー血液検査の結果が出ました。 今回の血液検査結果と、今までの食物経口負荷試験での症状を参考にしながら、主治医と…

0.1gからの経口免疫療法にかける決意。食物アレルギー専門医みつけた!かかりつけ病院を決めたポイント

私は、息子の食物アレルギーでかかりつけの病院(アレルギー科)について、変更しようと検討していました。 候補に絞った病院に、予約を入れてから2か月。いよいよ2か月待ちの診察日が到来し、話を聞きに行ってきました。 そして、私…

食物アレルギー経口負荷試験で見えた問題点まとめ!かかりつけ病院を変更する理由

息子が、生後6か月でアナフィラキシーショックを起こして以来、通っているかかりつけの病院(アレルギー科)があります。 しかし今、かかりつけの病院を変えることを検討しています。 そして、予約を待つこと2か月。新しい病院のアレ…