小麦0.1g経口負荷試験をクリア!うどん0.1gで経口免疫療法を開始します。

小麦0.1g経口負荷試験をクリア!うどん0.1gで経口免疫療法を開始

小麦の経口免疫療法を進めるため、治療する(食べる)量となる閾値を確定します。

使用するのは、無添加のうどん。

小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」(0.1gの作り方)

2018.07.25

実施するのは、うどん0.1gの経口負荷試験です。

前日までの体調管理

経口負荷試験の1週間前から、試験に向けた準備が始まります。

経口負荷試験1週間前の体調チェック

まず、1週間前の時点で、体調を崩していないか。

ここで明らかに感染症などにかかっている場合は、病院に連絡して、経口負荷試験の延期を申し出ます。

息子は、喘息持ちで、少し咳が出ていました。経口負荷試験を中止するレベルではないと判断し、喘息のかかりつけである近所の小児科で診てもらいました。

少し喉が赤い程度で、喘息薬を切り替える指示は受けましたが、大きな問題はありませんでした。

経口負荷試験の前々日に高熱が!

経口負荷試験を明後日に控えた日。

朝起きると、突然、高熱が出ていました。38.3℃です。

午後には、39.1℃にまで上がりました。食欲はありそうなので良かったのですが、喘息の発作に移行しないか心配でした。

日曜日だったので、病院もやっていないし、救急でかけこむほどの症状ではない…。明日になっても回復しなかったら、病院へ行こう。

経口負荷試験の延期を覚悟しました。

テルモ 電子体温計 ET-C231P メール便送料無料

価格:1,831円
(2018/7/26 16:00時点)
感想(58件)

経口負荷試験の前日、熱が下がる

熱は37.0℃~37.5℃に下がっていました。一安心です。本人も、元気100倍!になっています。

明日の経口負荷試験を中止するほどではないか?悩ましいですが、一応出向いて、先生に相談しよう。

いったん受付して、先生に会ってから、体調の現状を話して、実施有無を決めよう。

当日の体調チェック

予約時間の少し前に、受付を済ませました。

看護師さんが、息子の体調をチェックしました。熱は36.5℃、血圧良好、酸素濃度も適正、問題なさそうです。

息子は、キッズスペースで遊んでいます。

検査に使う食べ物(うどん)を提出

持参したうどん0.1gを提出しました。

指示されたのは、「うどん0.1g」を5~6個。少し多めに持参しました。

小麦アレルギー経口負荷試験、経口免疫療法で使う「うどん」(0.1gの作り方)

2018.07.25

診察・経口負荷試験プランを決定

先生の診察です。一昨日に高熱を出し、昨日には熱が下がり、今日は元気であることを告げました。

咳が少し残っていて、痰がからんでいることも伝えました。

風邪気味での(経口免疫療法の量決めの)経口負荷試験について

  • 体調が万全ではない状態で、0.1gの影響がどうか確認できるメリットはある
  • 現在の体調が、普段の風邪気味レベルであれば(病院にいるからこそ)ここで試す判断もあり
  • 無理はしないで良い
  • 延期する判断もあり

風邪気味での経口負荷試験実施について、先生の意見を聞きました。

この状況であれば、先生からはNGの判断をするまでの状況ではないようです。

延期するも、実施するも、保護者である私に委ねられました。

  • これから毎日毎日毎日、食べ続けていくことになる。
  • 咳、鼻水、微熱が出ることは、多々あるだろう。
  • その時、食べたらどうなるかヒヤヒヤするよりは、病院で体制が整っている今、ここで試しておいた方が、今後の判断材料として有効だろう。
  • 今ここで症状を知っておけば、体調が悪い時の減量や中断の判断がしやすくなるだろう。

うどん0.1gの経口負荷試験を実施(続行)することに決めました。

今日の経口負荷試験プランについて

20分置きに5回に渡って負荷をかけたり、最後に運動の負荷をかけたり、人によって負荷試験の方法は様々です。

4歳・男児・小麦アレルギーっ子の負荷試験は、以下のように決まりました。

  • 1度に、うどん0.1gを食べる
  • 20分間隔で全2回(2回目は追加負荷)
  • その後、20分後・1時間後・1時間半後の経過観察

1回目:うどん0.1gの経口負荷

14:45頃、うどん0.1gを食べる。

20分経過、異常なし。

2回目:リスク対応・うどん0.1gの追加負荷

間違えて2回食べてしまった時などの誤食や、計量ミスなど、経口免疫療法中に発生するリスクに備えて、更に0.1gの負荷をかけます。

15:15頃、うどん0.1gを食べる。

20分経過、異常なし。

経過観察

20分後、異常なし。

1時間後、異常なし。

1時間半後、異常なし。

途中でお腹がすいた場合、おやつを食べて良いのか?

私は、1時間経っても症状も出ず、元気で「お腹が空いたよ」とゴネる息子に、経験的に「もう大丈夫だろう。」と勝手に判断して、持参したバナナを与えてしまいました。

事前に確認すべきでした。看護師さんに、怒られてしまいました。

経口負荷試験中の感触は、原則禁止されているところが殆どだと思います。

小さなお子様がぐずって、どうしてもお口に何か入れたい時は、その医療機関で必ず確認しましょう。。。

長い待ち時間の過ごし方

長い待ち時間…。4歳児の息子が、夢中になって次から次へと読んだのは、待合い室の本棚に置いてあった「かがくのとも」シリーズでした。

これは助かりました。長い時間、グズらず飽きずに、座って過ごしてくれたから。

なつやすみ虫ずかん (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) [ 稲田務 ]

価格:972円
(2018/7/26 16:27時点)

わたし、くわがた (かがくのとも絵本) [ 得田之久 ]

価格:972円
(2018/7/26 16:28時点)

ざっそう (かがくのとも絵本) [ 甲斐信枝 ]

価格:972円
(2018/7/26 16:28時点)


とにかく、息子が興味を持つものばかりで、助かりました。

経口負荷試験(閾値0.1g+負荷0.1g)の結果

この、長さ1cmにも満たないような、ちっちゃいうどん0.1g。

全部で2回、0.2gを食べましたが、息子は元気です。

よく言う「かゆい」とか「お口いたい」とかも言わず、症状なしでした。

体調が万全ではない状態で、0.1g、更に0.1gの負荷をかけても大丈夫だった。

ということは…

うどん0.1gで経口免疫療法の開始許可!

医師
明日から、うどん0.1gを食べていきましょう。

うどん0.1gで、経口免疫療法を開始する許可が出ました。

やっと、小麦アレルギーの症状改善に向けて、歩き出せました。

食物アレルギーのかかりつけ病院を変えた方が良いのか、モヤモヤ悩んだ時期もありました。

食物アレルギー経口負荷試験の履歴まとめ。見えてきた問題点・疑問点。かかりつけ病院を変更したい!

2018.06.05

「病院を変える」という決断をして良かった、と今は確信できます。モヤモヤ手探り状態ではなく、視界良好な前を向いて歩いている感があるから。

殆どの科で、外来の診察が終わっている病院内。待合いのベンチに、他の患者さんの姿はありませんでした。

「椅子は座るところ!」を守って頑張った息子に、帰り際の最後だけ、”靴脱いでゴロン”を許してあげました。誰もいなくなったベンチで足を伸ばし、ニコニコの笑顔でした。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

アレルギーでも食べられる食品を探したい!

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の栗蒸し羊羹には、小麦が含まれています。
通常の羊羹、秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

★原材料は、商品の最新情報にて、必ずご自身でご確認下さい★

2 件のコメント

  • 写真を拝見して、私の子供が通っているのと同じ病院かと(笑)
    子供のアレルギーがわかる前から通院していて、その時に肌荒れを強い口調で指摘され、「なんだよ!そんなに言わなくても!!」と思ったのですが、つい先日自分の子供がアレルギーであることが判明し、色々詳しく説明していただくうちに、「肌荒れもアレルギーに大きな関係がある」ことに気づき、愛の鞭だったのかと気づきました。
    うちの子は、卵のアレルギーで、先日入院して少量から検査しました。
    我が家も、経口免疫療法をこれからやっていきます。がんばりましょう!ブログ、今度も拝見させていただきます!

    • >sachiさん
      コメントありがとうございます。
      もし同じ病院であれば、知らずにすれ違うこともあるかもしれませんね!一緒に頑張りましょう。

      私は、子供のアトピー時代に、近所の皮膚科に通っていましたが、ステロイド薬で適切に徹底的に治すことについて、深く説明もされず強くも言われず。
      だから、こんなに塗って良いのかな?と不安に思って少なめに塗ってしまったり、少し治ると止めてしまったりしました。
      その結果、結局、肌がジュクジュクしている状態を長引かせてしまい、現在のアレルギーにも繋がっていると考えています。

      深く説明し、強く言ってくれる先生の方が、信頼できることもあります。
      後から考えて、愛の鞭だったと気が付けたのであれば、あの時その先生に出会っていて良かったということだと思います。
      少しでも多く食べられるようになる日を目指して、一緒に進んで行きましょう!

  • お気軽にコメントをどうぞ