【アレルギー対応】シュークリームに注入が失敗しても美味しい!小麦・乳不使用のカスタードクリーム

小麦・乳アレルギーがある息子は、小麦粉と乳製品が使われたシュークリームを食べることができません。

息子が食べられるシュークリームを作るため、まずはカスタードクリーム作りの練習から始めました。

シュークリーム用口金(絞り器)を購入

学校給食のシューアイスは「米粉シュークリーム」で代替!同じ献立でアレルギー対応の代替弁当(21)

2020/12/16

息子が通う小学校の給食で「シューアイス」が出ると知り、「米粉シュークリーム」で代替することにしました。

だけど私はシュークリームを作ったことがなく、シュークリーム用口金(絞り器)を持っていませんでした。

まずは、富澤商店(TOMIZ)で、シュークリーム用口金を買いました。

シュー生地を絞り出すのも、シュー生地にクリームを注入するのも、1つの口金で済ませようと思ったので、購入したのはクリームを注入できる細口のタイプです。

【富澤商店(TOMIZ)】でシュークリーム用口金をみる

口金(絞り器)は、たくさん種類があるんですね。

「モンブラン口金」や「木の葉口金」など色々なタイプがあって、これで”あのクリーム”の形にするのかと、勉強になりました。

仕上がったシュー生地に「チョコレートソース」を注入してみた

乳アレルギーでも大丈夫!「EAT糀スイートブラウニー」お米でできたチョコレート

2019/01/18

私が購入したのは「シュークリーム用口金」1本だけですが、これがあればシュークリームや米粉パンの中に、クリーム・ジャム類を注入できます。

乳不使用のチョコクリームは市販品でも手に入るので、米粉パンを食べることが多い朝食作りにも役立ちそうです。

米粉と豆乳で作るカスタードクリーム

◆用意するもの
・卵 3個
・豆乳 2カップ
・砂糖 50g~70gくらい
・米粉 30g

カスタードクリーム作り(練習)での失敗談の前に、作り方をご紹介。

豆乳は小さい紙パックタイプ(1カップ、200ml)を使い切るのが楽チンなので、豆乳の量(1パック=1カップ)に合わせて全体を半量にするもアリと思いました。

卵は1個の大きさや種類によって、全体のボリュームも変わってきます。半量にする時に、卵を1個半にすると計量しずらいので、2個で良いと思いました。

なぜなら、カスタードクリームの固さ(もったり具合)は、材料の分量によるよりも、火入れ具合によって変わる!と分かったからです。

◆「米粉と豆乳カスタードクリーム」の作り方

  1. 卵と砂糖を白っぽくなるまで混ぜる
  2. 米粉を入れて混ぜる
  3. 火にかける
  4. 豆乳を入れて、ゆっくりかき混ぜる
  5. なめらか状態を意識して、ゆっくり火を入れる
  6. 「もったり状態」になる直前で完成
  7. 粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす

私は「てんさい糖」を使ったせいか、カスタードクリームの色味が、白糖を使うよりも茶色っぽい仕上がりでした。

【失敗例】絞り袋を使わずビニール袋(ポリ袋)を使った場合→はみ出る、袋が破れる

生クリームやシュー生地を絞り出すための「絞り袋」は、キッチン雑貨を売っているお店で売っています。

100円ショップでも売っているので、ケチらなければ良かったです。

この時の私は「普通の透明ビニール袋の角を切り落とすだけ」と思いました。

自宅にあるキッチン用のポリエチレン製ビニール袋(以下「ポリ袋」)の角をカットして、シュークリーム用口金を装着しました。

”それらしく”するために、ポリ袋の上部を切り落とし、全体のフォルムを三角形にしました。(上の写真)

ところが、いざカスタードクリームをポリ袋に入れて、ギュウっと押し出していくと、口金の脇から中身がはみ出てきました。

それどころか、途中でポリ袋のボディが破れて、中身が飛び出しました。(上の写真)

・カスタードクリームが固めだった(ゆるくない)
・注入先のシュー生地の内部の空洞が、充分ではなかった

…という理由も影響していますが、ギュっと力を入れてスムーズに絞り出すには、やはり専用の「絞り袋」が適任でした。

その後、100円ショップで売っている「絞り袋」でも試しました。

口金の直径に合わせて、袋の先を自分でカットしてから使うタイプ。

自分でカットして口金を装着するのは同じ工程ですが、ギュっと力を入れて絞っても、袋がしっかりして破ける素振りもありませんでした。

「絞り袋」は、袋の材質に左右されそう。やぶれないしっかりした素材や布なら、代用できそうです。

【失敗例】シュー生地に充分な空洞がない(うまく膨らんでいない)場合→クリームが注入できない

シュー生地が上手く膨らまず、中に十分な空洞がない場合、クリームが注入できませんでした。

「少しは入るだろう」と思って強引に力を込めたら、上の失敗例「袋が破れる」に繋がりました。

結果、カスタードクリームの注入は諦め、”サンド”することにしました。

ハンバーガーのバンズのように、シュー生地に切り込みを入れ、カスタードクリームを挟みました。

米粉と豆乳カスタードクリーム作り・まとめ

学校給食のシューアイスは「米粉シュークリーム」で代替!同じ献立でアレルギー対応の代替弁当(21)

2020/12/16

給食の代替食(弁当)で持って行った米粉シュークリームは、上記の失敗の結果、シューサンド・タイプになりました。

だけど、今回の失敗はどれも「カスタードクリームを注入する」工程でした。

米粉と豆乳とてんさい糖で作ったカスタードクリームは、優しい甘さでとても美味しかったです。

火入れが強くて、もったり感が重くなってしまったのが反省点。もう少し早く、火からおろして、滑らかにすると良さそうです。

カスタードクリーム作り(練習)としては、成功!

◎シュー生地の膨らみが悪ければ、クリームは中に注入ではなく「サンドする」

◎絞り袋は、専用袋を使用、もしくは素材に注意

…という教訓を得ました。

次回は、飛び出たカスタードクリームでキッチンをグチャグチャにしなくて済みそうです。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


パン・お菓子作りの材料・器具専門店【TOMIZ(富澤商店)】

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください