「お泊り保育」のアレルギー対応に涙!除去も代替も不要の「クラス全員同じ」メニュー

保育園生活、最後の夏。
息子が通う保育園で、5歳児クラス恒例「お泊り保育」がありました。

給食とおやつだけじゃない、夕食・朝食付きの1泊2日。食物アレルギーがあるのは、クラスにただ一人、息子だけ。

私が代替え対応について相談しようとするも、「お泊り保育」の食物アレルギー対応は完璧、そして感動でした。

お泊り保育の夕食朝食メニューは献立表に載っていなかった。

保育園給食の献立表は、アレルギー対応内容をチェックするため、毎月事前に確認しています。

「お泊り保育」当日のメニューは、他の日と同様に、昼食と午後おやつのメニューしか掲載されていませんでした。

「お泊り保育では、どのような対応&メニューになるのか、知りたいです。食材準備など、ご協力できることは何なりと申し付け下さい。」

いつも不明点は、調理担当者と直接(主に手紙)やりとりしています。

お泊り保育の対応&メニューが不明だったため、この時も直接確認しました。

お泊り保育は「クラス全員、同じもの」-。私が涙した理由

-(略)-以上のメニューです。
夕食も朝食も、ゆきまる君のみ代替ではなく、クラス全員、同じものを提供します。

(調理担当の方からの手紙より抜粋)

私は調理士さんからの返事を見た時、感謝の気持ちでいっぱいになり、涙が出てしまいました。

一人だけ違うものにならないように、という心遣い。

一人だけ違うテーブルで先生と食べるのではなく、他のお友達と一緒にテーブルを囲めるように、という配慮。

何かあった時に、園も先生も保護者も本人も全員が、大変な思いをしないように、アレルギー事故の究極の未然防止策を選んだ、園の決断。

アレルギーに配慮した食品は価格も高く、保育園にとってもマイナスなのに、メニューに登場するカレールーやウインナー全てをアレルギー対応品に切り替えて調理する、という園の選択。

調理士からの手紙
調理士さんからもらった実際の手紙

そういう色々なことが、調理士さんが書いた「お泊り保育のメニュー」から伝わって来たからです。

他のお友達にとって”いつものカレー”じゃなくなることを心配しましたが、余計な添加物がないアレルギー配慮カレーは、子供にとっても美味しいはず…。

お泊り保育の夕食・朝食は、クラス全員”同じもの”が提供されることが分かりました。

お泊り保育の夕食メニュー(献立)

カレー(夕食)の絵

実際の夕食メニュー(献立)を紹介します。

チキンカレー
 アレルギー対応ルーを使用。

レタスとキュウリのサラダ
 マヨネーズを使用。

いちごゼリー
 「ゼリーエース」を使用。
 トッピングは、豆乳クリーム・缶詰みかん・缶詰パイン

お泊り保育の朝食メニュー(献立)

おにぎり(朝食)の絵
※朝食後にお泊り保育は解散です。

朝食メニュー(献立)です。

おにぎり
 以下の4種類から好きなものを選び、自分でにぎります。
 ・鮭フレーク(ニッスイ焼き鮭 あらほぐし)
 ・ツナマヨ(ツナ缶+マヨネーズ)
 ・おかか(かつお節+しょうゆ+砂糖)
 ・塩

ウインナー
 みんなの食卓® ポークウィニー皮なし

スイカ
 みんなでやった「スイカ割り」のスイカをカット

食育プログラム「ラッシー作り」のみ代替対応!

食育プログラム・アレルギー対応資料
実際に「アレルギー代替え対応」として頂いた資料

お泊り保育の1日目には、食育プログラム「ラッシー作り」の予定がありました。

三大栄養素について学んだ後、自分たちでラッシーを作って飲む、という食育プログラムです。

「ラッシー作り」は、乳製品の代表格ヨーグルトが使われるため、これだけは代替え対応となりました。

乳アレルギーである息子は、ブルガリアヨーグルトを「豆乳グルト」に代替え、”豆乳グルト+ジュース+はちみつ”でラッシーを作りました。

「ラッシー作り」の作業~飲むところまで、他のお友達とは別のテーブルで、お友達とではなく先生と一緒に行いました。

お泊り保育アレルギー対応まとめ

お泊り保育の荷物類

「お泊り保育」は、保育園側の食物アレルギー対応によって、息子はみんなと一緒にみんなと同じものを食べることができました。

給食の時は、少し離れ小島の”お誕生日席”で、お友達の隣りではなく先生の隣りで食べています。

お泊り保育では、隣が先生ではなくお友達だったので、得意の変顔を披露しながら食べることができて、とても楽しかったようです。

2~3時間おきにweb上に公開された”お泊り保育中”の写真には、お友達の隣りで笑顔でカレーライスを食べる息子が写っていました。

アレルギーっ子の楽しい思い出は、食事の準備に関わる人の協力があって成り立っていることも、身に染みました。

世の中の「お泊り保育」アレルギー対応の事例となり、アレルギーっ子にとって楽しい食の思い出作りに繋がれば嬉しいです。


ブログランキングにも参加しています。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

2 件のコメント

  • お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください