「水が怖い」じゃなかった…理由が判明!5歳児が保育園のプールを嫌いなワケ

夏本番。保育園では、天気・気温・風の強さなど環境条件が合えば、連日プールに入っています。

息子は、今年のプールを嫌がるようになりました。

その理由が判明したため、今までの経緯と共に、まとめました。

3歳までは「溜まった水」が怖くて泣いていた!この3ステップは自然な流れ

3歳までは、確かに「怖くて」泣いていました。

息子が通う保育園では、「プール」と言っても段階があり、1歳児クラスは足首が漬かる程度の深さで水遊びレベル、2歳児クラスは浅くて小さなビニールプール、3歳児クラスはビニールプールと大きなプール併用、4~5歳児クラスは膝が漬かる程度まで水を張った大きなプールです。

1歳の時、息子は保育園で何をやるにも、最初は必ず泣いていました。玩具を使って水遊びするのも、初めての時は大泣きでした。

お母さんがいない中、これから何をやるのかよく分からないまま物事が進むので、いつも不安でいっぱい。水遊びで泣くのも理解できます。

2歳の時、赤ちゃんが水遊びする雰囲気から一転。水深は浅いとはいえ、水着に着替えてプールに入るという状況。初めての時は大泣きでした。

水面が揺れている、陽光を反射してキラキラしている、皆で一緒に水に漬かる、お友達がはしゃげば自分の顔に水がかかる…。息子にとってはインパクトが大きかったのでしょう。泣くのは理解できます。

3歳の時、息子は「去年と同じプールがいい」と言いました。浅く水を張ったビニールプールは、2歳児クラスのひと夏で経験済み。プール納めの頃にはすっかり自信が付いていたようです。

ところが3歳児クラスは、昨年までのビニールプールで慣らした後、いよいよ大きなプールデビュー!

初めてが苦手&怖がりな息子にとっては「お兄ちゃんたちが入っていた、大きくて深いプール」という印象があり、怖くて怖くてたまりません。

しかもこの時は、自閉症スペクトラム障害が判明する前。全体に向けた指示が通らない息子に対して、担任の先生が怒ってばかり。

息子にとっては、怖いプールの中で、頼りになるはずの先生が「水より怖い」という状況でした。

「大きいプールが怖くて、泣いちゃった」

帰って来てから、そうやって自分で言えるようになったのは大きな成長です。息子が泣いてしまった理由は、よく理解できました。

「ビート板楽しい!」大きなプールに慣れた4歳、事前練習の効果も出てプール好きに!

ホテルエピナール那須で連泊!森の散歩道・プール・食事と子連れファミリー大満足!

2018/08/03

息子が4歳の初夏、保育園のプールシーズンを迎える前に、早めの夏休みを取りました。それが、ホテルエピナール那須に連泊した時です。

ホテルには、息子が”怖がらないプール”があり、そこでビート板の練習をしました。

その甲斐あってか、7月に入って保育園のプールが始まると、去年までの「プール嫌い」が一転!「プールが楽しみ」と言うようになりました。

4歳児クラスからは、プールの中に”体操教室の先生”も一緒に入ります。その体操の先生が、ワニ歩き・バタ足・ビート板などを教えてくれました。

自分が経験したことがあるビート板を、保育園のプールでも使い、体操の先生が教えてくれたということが、息子にとっては前向きになれる経験だったようです。

昨年まで、プールで泣いていた息子の姿は、もうありませんでした。

バシャバシャと楽しそうに、保育園のプールを満喫していました。

分からない!もう水は怖くないはず…が、なぜ「プールが嫌だ」と言うのか?

息子
今日、プールある?

ところが、今年、2019年の夏。

なんだろう、その口調は…。

昨年は、「プールある?」「うん、あるよ。」「やったー!」という会話の流れでした。

だから、「プールある?」の言い方で、その後の回答として何を期待しているのか、私には分かりました。

明らかに、「ないよ。」を期待しているのです。プールがない事を期待している。

案の定、「あるよ。」と私が答えると、「えーー」と息子。

なぜ、今年は「やったー!」じゃないの?

去年の夏は、あんなにプールを楽しんでいたでしょう?

顔にかかる水の対策も、お風呂でワニ歩きの練習も、ずっとやってきました。

今年は、ビート板の練習はしていないけど、ビート板が怖いわけでもなさそう。

スイミングプールに通っていないから、泳げるお友達を見て、何か感じたのか?

なぜ「プールが嫌だ」というのか、今年は理由が分かりませんでした・・・息子本人が教えてくれるまでは!

理由は意外なところに!5歳児がプールを嫌がるワケが判明!

息子
プールに入ると、おしっこしたい気持ちになっちゃうから。

お、おしっこ・・・?

なるほどなるほど、分かりました。

ここで「そんなことで」と怒ってもいけないし、「先生に言えばいい」なんて正論を言ってはいけない。

自閉症スペクトラムの特徴を持つ子には、まずは共感することが効果的。そして、次に具体的に理由や状況を教えてあげることが大事。これが、今の私が息子と向き合う時にいつも実感し、だから心がけていることです。

息子は、プールの水に入ると、”おしっこ”をしたくなる気持ちになるから、プールを嫌がっていることが分かりました。

「そうなったら、どうしよう」という不安が大きいのでしょう。

そうかー、なんでプールが嫌なのか、やっと分かったよ。水の中に入ると、ツーっと冷たい感じがして、おしっこがしたくなっちゃうから、なんだね。

まずは共感してあげて、理解を示しました。

あのね、お腹の中に、おしっこを溜める「ボウコウ」っていう袋があるんだ。

お腹の前で、手で丸を作り、ジェスチャーで「膀胱の存在」を教えました。(視覚にアピール)

お腹が冷たいお水に入ると、「ボウコウ」が冷たい!って思って、キュッキュッキュって動いちゃうんだ。

息子は、私のジェスチャーのマネをして、自分のお腹の前で作った、手の輪っかを動かしています。

おしっこを本当にしたくなった時も、「ボウコウ」が動いておしっこを出すでしょう?

(息子は、何か考えている)

だから、「ボウコウ」がキュッキュッキュって動くと、「おしっこしたいよー」って思っちゃうんだよ。

息子は、「〇〇だから大丈夫」という表現をすると、落ち着く傾向があります。

だから、プールで「おしっこしたいよー」って思っても、大丈夫なんだよ。

息子には、理由や状況を説明した上で、「それが大丈夫なこと」であることを伝えると、安心する傾向があります。

本当におしっこがしたかったら、先生に「おしっこしたい」って言えば、大丈夫だよ。

何やらよく分からないけど、なんだか大丈夫そうだ・・・というニュアンスは伝わったようです。

5歳になった息子が、プールを嫌がる理由は、「水に入ると、おしっこが出ちゃう気がするから」というものでした。

私の説明が安心材料になったかは、まだ分かりませんが、酷暑の晴天が続く今週は、ずっと保育園のプールに頑張って入っています。

水に入った時に「ボウコウ」が反応しているところが、もう少し視覚的に訴えてイメージできるように、今週末は絵に描いて教えてあげようと思います。


ブログランキングにも参加しています。興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。



お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください