朝起きない!保育園を嫌がる!発達障害「視覚優位」傾向の子をスムーズに起こす方法

自閉症スペクトラム傾向にある息子が、保育園に行くのを嫌がり、起床から自宅を出るまで一番大変だったのが、3歳児クラス(年少クラス・4歳前半)の時です。

中でも、その日が始まる起床「朝起きる」場面は、大きな山場。目を覚まして第一声が「保育園イヤだ!」でした。

そんな息子が、起床時に「保育園イヤだ!」癇癪をしなくなった、1つの工夫(方法・きっかけ)を紹介します。

平日の起床=保育園!を完全に理解

爽やかな朝・・・のはずが…

まだ1日はこれからだと言うのに、朝の起床時は大きな山場でした。目を覚ますと同時に「ほいくえん、いく?いかなーい?」

「行くよ。今日は〇曜日だから、保育園だよ。」

次の瞬間、というか、それを言い終わらないうちに、目をギュッと瞑って顔グシャグシャの表情。足をジタバタさせて、当たったら肋骨が折れそうな、強力な空中キック!イヤだイヤだ!の大癇癪でした。

発達障害を指摘されているとはいえ、鋭く賢い子。平日に起きる、イコール「保育園に行く」であると、起床と同時に、即座に理解しているのです。

いや、厳密に言うなら、前日の夜、寝る前から理解している。”明日になって保育園に行くのがイヤ”だから、眠るのもイヤ。その想いが、この、4歳になっても5歳になっても「寝ない子」の、寝ない原因の1つでもあるのだから…。

寝ない赤ちゃん!4歳の本人が激白した驚きの理由。寝つきが悪い・すぐ起きる原因の分析結果。

2018.08.14

視覚優位だから作ってみた!『朝カレンダー』

うちの子を発達障害だと言った療育施設園長の話|自閉スペクトラム症+LDの特徴と違和感

2018.12.04

初めて見学した療育施設の園長先生から言われたように、息子は視覚優位な特徴があります。

言葉だけでなく目で見て分かるように、ジェスチャーや絵に描いて説明すると、その理解度は雲泥の差。日常の親子の会話や生活において、それはとても良く分かっていました。

朝起きてボーっとしている脳は、日中の活発な脳よりも更に、言葉だけじゃ情報を整理し切れず、プチパニックになっているに違いない…。

そこで、お金も時間もかけずに、すぐに実践できる「朝カレンダー」を手作りで準備しました。

それでは、具体的にご紹介していきましょう。

「今日」は平日!を視覚に訴える『きょうシール』

枕元に持ってこられるカレンダーを用意。「今日」がどこなのか、分かるようにします。

『きょう』のシールを作ります。

貼り直し可能なシールタイプにして、毎日の「今日」の日付に貼り替えていくのが楽です。私は、自宅にあるマスキングテープ(白色)を使いました。

マスキングテープだから、何度も繰り返し、貼り剥がしができます。

劣化しても、すぐに「同じもの」が作れることがポイントです。こだわりの強い子は、慣れたモノが変わった時に、「どうして変わったのか」「前のモノはどうしたのか」etc、質問攻め間違いなし。変えなくて良いモノは、変えずに「いつも同じ」方が、平和なのです。

そんな心配ご無用な方は是非、かわいい付箋紙やシールなどで工夫してみて下さいね!

「保育園」行かなきゃ!を視覚に訴える『保育園の絵』

下手ですが息子には、即効伝わりました

『きょうシール』と共に準備したのが、保育園の絵です。

茶系の壁、グリーンがかった屋根、どこかに丸い窓・・・。息子が通う保育園の外観を思い浮かべて、私なりに「ほいくえん」を伝えようと色鉛筆で描きました。

紙が柔らかいと扱いにくい?と思い、自宅にあった画用紙を使いました。

この絵を初めて息子に見せた時、すぐに「…丸い窓は、屋根じゃなくて壁にあるんだよ。」と言いました。保育園であることが伝わっている…と同時に、第一声が「イヤだ!」じゃなかった。それが、とても嬉しかったです。

「今日・保育園」を視覚に訴える方法

朝です。起きる時間がきました。

体をゴソゴソ動かし始めたら、「おはよう~」と声をかけます。

そして、『朝カレンダー』(「きょうシール」&「保育園の絵」付き)を見せます。

ポイント1.聞かれる前に、見せながら言う。

これは、療育施設の先生に受けたアドバイスが関連します。

保育園を嫌がって「保育園に行く?」と聞いてくるなら、聞かれる前に「保育園に行くよ。」と教えてあげましょう、と。

質問させてしまうと、質問に対する答えを期待し、期待していた応えと違うことが、プチパニックのトリガーになってしまう。と私なりに理解しました。

×
本当は、保育園に行かなければいけないと分かっている。
行きたくないから、聞いてみる。(質問)
もしかすると、「行かなくていいよ」と言われるかもしれない。(期待)
行きたくないけど、「保育園だよ。」と言われた。(期待と違う)
行きたくないのに、やっぱり行くのか!(期待と違う)
モヤモヤモヤモヤ(癇癪)


本当は、保育園に行かなければいけないと分かっている。
行きたくないけど、「保育園だよ。」と言われた。
行きたくないけど、やっぱり行くのか。(諦め)

息子が「保育園じゃない?」と聞いてくる前に、「今日は、保育園だよ。」と言うようにしました。『朝カレンダー』を持ちながら。

ポイント2.「今日」を自分で認識させる

私(母)
今日はどーこだ?

と質問し、今日が何日なのか、指さして当ててもらいます。

「あたり~」と言いながら、『きょうシール』を今日の日付枠に貼ります。

最初のうちは、『きょうシール』を貼ること自体を面白がって、自分で貼り直していました。

次第に、「きょう何曜日?」と聞くようになりました。

ポイント3.カレンダー日付の色を認識させる

私(母)
今日は、月曜日。カレンダーの数字は、黒だよ。

日付の色を明確に言って、平日であることを認識させました。

私(母)
黒だから、お仕事やガッコウを頑張る日。

平日(黒の日)は、お父さんとお母さんは仕事があり、子供は学校に行く日であることを認識させます。(現在続行中)

ポイント4.保育園の絵を見せながら、保育園での「予定」を教えてあげる

私の下手な「保育園の絵」が、自分が通う保育園であると、息子がすぐに分かってくれたのは、前述の通り。

「今日は、保育園でーす。」と、保育園の絵を見せながら教えてあげます。

それに加えて、有効だったのは、今日の保育園での「予定」を教えてあげることです。

意識しないと、保育園で何をするのか知らない日があることに気が付きました。「何をしたか」の結果は知っていても、「何をするのか」予定を知らない日があったのです。
※今までの私のダメっぷりは、別記事で書こうと思います

明日は何をするのか?これを(ざっくりでいいから)把握して、翌朝に備えるようにしました。

私(母)
今日はねー、保育園でねー、避難訓練でーす♪
息子(口をふさぐマネ)
カジはね、こうやって口を押えるんだよ。

ベッドで足をバタンバタンさせて暴れて「ヤーだ!ヤーだ!」と癇癪を起していた子は、保育園に行くことを前提にした会話ができるようになりました。

「きょうは(保育園の)体操教室?」「きょうは公文?」
朝カレンダーを見ながら、朝の段階でその日の予定を把握することで、その後の行動が、だいぶスムーズになりました。

言い聞かせば分かるのに、一生懸命に説明しても、聞く耳を持たなくて、言い聞かすまでに至らない-。という時に、視覚に訴えながら説明すると、意外にうまくいくパターンが多いです。

今回は、嫌がる保育園がある平日に、視覚に訴えながら「朝起こす方法」-でした。


自分の経験を誰かのために。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリースペシャル) [ shizu ]

価格:1,512円
(2018/12/20 15:40時点)
感想(74件)

自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法 [ 白石雅一 ]

価格:2,052円
(2018/12/19 16:09時点)

お気軽にコメントをどうぞ