トレジャーストーンパークで宝探し☆石好き発達凹凸っ子、水晶の谷クリスタルリバーで宝石発掘ザックザク!

【那須旅行ブログ】トレジャーストーンパークで宝探し!水晶の谷クリスタルリバーで宝石発掘!

宝探し・宝石の発掘アトラクションで有名?な、トレジャーストーンパークに行ってきました。

石好き4歳の息子は、YouTubeでトレジャーストーンパークの映像を見て以来、すっかりトレジャーストーンパーク・ファン。

今回は、2回目のリピートです!

宝探し「トレジャーストーンパーク」がある場所

トレジャーストーンパークは、栃木県の那須郡にあります。那須の田園風景の中にあります。

那須ICから7km、那須りんどう湖から3kmの好立地です。

那須りんどう湖レイクビューを楽しむ!アレルギーっ子の食事はバーベキューで決まり!

2018.07.27

雨でもOK!トイレ改装済み!駐車場は満車もあり得る

トレジャーストーンパークは、屋根付き施設なので、雨の日でも大丈夫です。

屋外のトイレは、去年2017年に来た時よりも、キレイになっていました。改装済みです。

駐車場は、20台くらい?停められる広さがあります。しかし、タイミングによっては満車があり得るのでご注意下さい。

平日に来たときは、余裕で停められましたが、休日に当たる午前中は危うく満車というタイミングでした。

土日・祝・関東県の県民の日・春休み・夏休みは、要注意です。

「地下鉱山ディープサンド」と「水晶の谷クリスタルリバー」の比較

トレジャーストーンパークに来たら、まず迷うのが「地下鉱山」か「水晶の谷」どっちで発掘するか?ですよね!

待ち時間と料金について、比較してみました。

「地下鉱山/ディープサンド」は待ち時間が長い!

前回初めて来たときは、「水晶の谷/クリスタルリバー」を発掘しました。

今回は、「地下鉱山/ディープサンド」を発掘しようという計画だったのですが、「地下鉱山」は待ち時間が長い!

「地下鉱山」は、1チーム3名で12分間。「水晶の谷」は、探検者1名で20分間。

一見、時間が短い「地下鉱山」の方が早く順番が回ってきそうな気がしますよね。しかし、1チームが入る地下鉱山の数が限られているため、一度に開始できる人数が圧倒的に少ないです。

全長60mのクリスタルリバーの川沿いで、好きな所を陣取って発掘する「水晶の谷」の方が、一度に入れる人数が多く、すぐに順番が回ってきます。

3名で発掘するなら「地下鉱山/ディープサンド」が安い!

「水晶の谷」は、1名800円。「地下鉱山」は、1チーム(発掘は3名まで)1,800円。

「水晶の谷」を3名で発掘すると、2,400円かかってしまうから、3名で発掘するなら「地下鉱山」の方が安いです。

4人家族で「地下鉱山」発掘の場合、1,800円を払い、3人はスコップを持って発掘、1人はカメラマンとして一緒に鉱山へ。

4人家族で「水晶の谷」発掘の場合、800円×子供人数分を払い、保護者1人が「こども見守り隊」としてクリスタルリバーへ。

これが一番、お得なのではないでしょうか。

色バケツ隊ごとに「水晶の谷/クリスタルリバー」へ行く

この日は、休日ということもあり、やや混雑していました。

「地下鉱山」は30分以上待つということだったので、待ち時間の少ない「水晶の谷」をリピートすることにしました。

 

「水晶の谷」の発掘料金を払って、青色の印のバケツをもらったら「青色バケツ隊」です。

全長60mのクリスタルリバーでは、他の色のバケツ探検隊もいますので、自分の色を頭に入れておきましょう。

「あと何分です。」「終了です。」等の呼びかけは、全てバケツ隊ごとに言われます。

「こども見守り隊」はタスキをもらう

料金を払わなくても、子供1人につき1人が「こども見守り隊」として、付き添い入場できます。

「口出しできるが、手出しはできない。」これが、ルールです。(守れない人は、その場で注意されます。)

「こども見守り隊」は、黄色いタスキを受け取ります。

探検隊はスコップをもらう

緑のスコップを受け取ったら、発掘開始!です。

この時、要注意なのは、「初めての人~?」を問われる点です。初めての人には、注意事項などの説明があるからです。

20分間の時間を無駄なく、発掘に費やしたい!という探検者は、「初めての人~?」に手を上げず、ルールを理解した経験者として発掘に行くこともできます。

ただし、必ず事前に、注意事項やルールを理解し、絶対に守って下さいね!

川沿い全長60mの好きな所に移動しながら発掘!

休憩エリアを囲むように流れるクリスタルリバーは、全長60メートルあります。

好きな所に座って、発掘します。夢中になって宝探ししていると、ついつい身を乗り出してしまうこと、間違いなし。

大人の方は、衣服のビショ濡れにご注意を。

子供たちは落ちないように、「こども見守り隊」の方は写真撮影に夢中になりすぎず、子供たちを守ってあげて下さいね!

息子も、すぐに岩場に右足をかけて、遠くの川底を発掘しようとするので、ヒヤヒヤでした。

伝説のカギは見つかるか?

発掘したパワーストーン。結構たまってきました。

クリスタルリバーには、48本の「伝説のカギ」が隠されています。

これがなかなか見つからない!

なるべく大きなパワーストーンを探しながら、「伝説のカギ」狙いで、誰も掘らなそうな場所に手を伸ばしてみたものの、見つからず。

「伝説のカギ」を見つけた強者には、その証として、水晶の原石がもらえるそうです。

次の機会にリベンジです。

発掘時間は20分間

発掘時間は、20分間です。

「もう少し、発掘したい。」と後ろ髪引かれる、この20分くらいが丁度良いのかもしれません。

「青バケツ隊は、終了でーす。」と聞こえたら、出口へ行って、スコップを返却します。

切り替えが極度に苦手な発達凹凸っ子4歳。

息子が、この「終了です。」の呼びかけで、発掘を終わりにすることができる方法は、ただ1つ。

事前に、何度も何度も言い聞かすこと。

「事前に」がポイント。「急に」「突然」は無理だから。

ゆきこ(母)
いい?「終わり」って言ったら終わらない子は、発掘できないよ。

これを最初に、何度も何度も言っておきました。

ゆきこ(母)
「終わり」って言われたら、どうするんだっけ?
ゆきまる
すぐ終わり。

と言えるまで。

いざ、20分経過!

ちゃんと終わりにして、スコップを返すことができました。(ホッ)

発掘した宝石(パワーストーン)をザルで洗う

出口から出ると、発掘した宝石を洗う所があります。

洗い場にあるザルに、発掘した宝石を入れて、シャカシャカ振って、水洗いします。

余計な小石や砂を落とします。結構、発掘しました!

宝石をビニール袋に入れる

透明のビニール袋が置いてあります。

このビニール袋に、キレイになった宝石(パワーストーン)を入れます。

ビニール袋に溜まった宝石を見て、息子は嬉しそうでした。

私と息子の2人で発掘したので、2人分です。意外と重みあります。

発掘した宝石の重さを計ってみよう!

用意されているのは、コレ。

ちょっとレトロ感ある、赤い計りです。

発掘した宝石を乗せて、重さを計ってみました。

(発掘2人分で)200gありました!

ジオード割り体験!

「伝説のカギ」も見つからず、今年も、水晶の原石を手にすることはできませんでした。

その代わり?「ジオード割り」をやってみました。

ジオード割り
数千年から数百万年の時間を経て、いま眠りからの目覚めを待っているジオード(晶洞/しょうどう)。
マグマの空洞内に成長した水晶やカルセドニー質の結晶はどれひとつとして同じものがなく、そのゴツゴツとした石塊の内側を知る方法は唯一、・・・ 割る!
まさに地球の神秘を、あなたの手で解放する瞬間を体験できます。
外観と内部の美しさのギャップからインテリアとしても、強力な浄化パワーストーンとしても人気です。

ジオードのサイズを選ぶ

好きなジオードをじっくり選びます。

SS、S、Mサイズの穴が開いている木が置いてあるので、その穴にジオードを通して、ジオードのサイズを計ります。

ジオードの料金

ジオードSSサイズは500円、Sサイズは900円、Mサイズは1,200円、Lサイズは1,500円です。

大切なのは、ジオードの大きさではなく、体験自体にあるから、「ジオードはなるべく小さくて良い」が親心なのですが…。

SSサイズがなかなか無い!

ジオードをクラッシャーマシーンで割る

クラッシャーマシーンにジオードをセットします。(店員さん)

レバーの上げ下げは、自分で体験できますが、4歳児にはちょっと難しかったので、店員さんがレバーを操作してくれました。

太古の眠りから目覚めた、息子のジオード。

パワーストーンの世界を満喫しました。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

北関東最大級!宝探し「トレジャーストーンパーク」
公式ページ
地下鉱山/ディープサンド
水晶の谷/クリスタルリバー
ジオード割り

アクセス
〒325-0002 栃木県那須郡那須町高久丙123
TEL.0287-73-8039

那須りんどう湖 より 2.7km
道の駅・友愛の森 より 2.0 km
ホテルエピナール那須 より 1.2km

コメントを残す