ASDの子が「お泊り保育」にチャレンジ!成功の鍵は”事前準備”そして息子の大きな成長

自閉症スペクトラム障害の息子にとっても、私にとっても、一大イベントの日がやってきました。

親と離れて、保育園に1泊する「お泊り保育」-。

成功の鍵は、事前準備と息子の大きな成長でした。

「お泊り保育」の説明をいつからするか?準備の勝敗を分ける説明計画

警戒心が強く、何が起こるか見通しが付かないことに対しては、極度に不安になる。不安が大きいと、大の苦手である「気持ちと行動の切り替え」を助長してしまう。

そんな息子に対しては、「お泊り保育」で何をやるのか、全てを丁寧に説明する必要がありました。

難しいのは、そのタイミング。

早過ぎても、変に想像して「行きたくない!」に繋がる。

遅すぎても、目前に迫る心配ごとに「行きたくない!」となる。

運動会や遠足とはわけが違う。大変でも頑張れば、夕方になれば家に帰れる、お母さんが迎えにくる、好きな図鑑やYoutubeが観れる、安心できるベッドで眠る、、、というパターンが効かない、一大イベントです。

  • 「お泊り保育」があることは、ゆっくりと自覚させて、「不安だけど行きたい」という気持ちに持っていく必要がある。
  • 「お泊り保育」でやることは、本人がその気になって「何をやるか知りたい」という気持ちの時に、視覚に訴えながら説明する必要がある。

と思いました。

「心の準備」と「実際の準備」という大きく2段階に分け、「心の準備」は数か月前から少しずつ、「実際の準備」はもっと直前になってから絵を描いて説明する計画を立てました。

事前説明が成功すれば、「お泊り保育」も半分以上が成功したのも同然です。勝負を分ける事前説明は、慎重に行いました。

「心の準備」は2ケ月前から!私が心掛けたこと

お泊り保育への「心の準備」。

私が心掛けたのは、

  • お泊り保育がある事実ははっきり伝えるが、「もうすぐ」「まだ先」という時期のニュアンスは、本人の受け入れ状態に合わせる
  • お泊り保育までに「出来るようになれ」とは決して煽らない
  • 「できた」時に、後付けで「お泊り保育でも大丈夫」と念押しする

という3点です。

お泊り保育まで、あと約2ヶ月前…と迫った頃から、意識しました。

「まだ先」「もうすぐ」を使い分ける

例えば、お泊り保育を嫌がっている様子の時は、「まだ先だから大丈夫だよ。」と軽く流しました。

問題視していない雰囲気を醸し出しつつも、”お泊り保育がある事実”は否定しませんでした。

反対に、お泊り保育で何をやるか少しずつ分かって来て、少し楽しみにしている様子がうかがえ始めた時は、「もうすぐだね。スイカ割り楽しそう。羨ましいな。」と言いました。

息子には、羨ましがられると喜ぶところがあるので、「お泊り保育=楽しみ」という気持ちを助長させるために、利用しました。

「お泊り保育までに〇〇ができるように」を絶対言わない

お泊り保育は、息子にとって単純に「楽しみ」であってほしい。

今できない事について、「お泊り保育までに、できるようになろう」という言葉を絶対に言わないように心がけました。

お泊り保育が、乗り越えなければならないハードルや、努力の先にある山のように見えてほしくなかったからです。

「一人でベッドに行けるようにならないとね。」
「言われなくても、歯磨きして顔を洗えないといけないね。」
「夜のおねしょを治さないとね。」

など、絶対に言わず、いつも通り過ごしました。

「できた」自信を「お泊り保育」に関連付けた

その代わり、いつも通り過ごす中で、何かができるようになった時は、その自信を「お泊り保育」に関連付けて、お泊り保育への自信に繋がるようにしました。

例えば、洗髪時のシャワーで、頭の上から流れ落ちるお湯が顔にバーっとかかることを嫌がるので、いつもはなるべく顔に掛からないように気を付けてあげています。

でも、これが嫌でこれをイメージして「お泊り保育、嫌だ」にならないように、本人が”お泊り保育”の練習だと分からないように、練習をしました。

1・2・3って言っている間だけ、お湯を上からかけるから、お耳をおさえてごらん。1・2・3だけだから、大丈夫だよ。3を言ったら、お母さんが、こうやって(顔をぬぐってあげて)やってあげるから、大丈夫だよ。

3まで数える間、目をつぶって、耳を抑えて、上から流れるお湯に耐えた後、約束通り、顔をぬぐってあげました。

本人が「できた!」と嬉しそうな時に、

すごーい。上からお湯がかかっても、大丈夫になっちゃったね~。

「もうできるから大丈夫」ということを強調してあげました。

もし、お泊り保育で、シャワーがかかっても、大丈夫になっちゃったね~。

そして、どさくさに紛れて、「お泊り保育でも大丈夫」ということに関連付けました。

”心の準備”が進むと、本人が「お泊り保育」を受け止め始めた

2ヶ月前には、お泊り保育の話題が出ると、「お泊り保育、やだー」と言っていた息子ですが、暫くするとその反応に変化が起こりました。

「お泊り保育で、〇〇だったら、どうする?」
「お泊り保育、いつ?」
「お泊り保育で、寝る時、壁側かなぁ?」

と、”お泊り保育ありき”の心配をするようになりました。

息子本人が、「お泊り保育」を受け止めていることが伝わってきました。

お泊り保育まで、1ヶ月を切っていました。

「お泊まり保育」のイメージ化は2ステップ!1つ1つの”イベント”と”流れ”の説明に分ける

お泊り保育が「あと2週間」にまで迫ると、保育園から「お泊まり保育のお知らせ」というタイトルの便りが配布されました。

5歳児クラス恒例行事、お泊まり保育までいよいよです。
保育園で夕食を作ったり、花火をしたり、様々な経験を積みます。子どもたち同士で過ごす一日は、きっと絆を強くし、また1つ成長してくれるでしょう。

「お泊まり保育のお知らせ」より

私は、この”お知らせ”に書かれている、1泊2日のスケジュールを把握しました。

※お泊まり保育に関わる持ち物のご準備は、お子様と一緒にお願いします。

「お泊まり保育のお知らせ」より

そして、自分の荷物に何が入っているのか?いつ使うのか?を把握させないといけないと思いました。

持ち物をリュックに入れる段階で、一緒に準備のみならず、持ち物を使うシチュエーションを視覚に訴えて説明しなければ。私の準備も、いよいよラストスパートです。

お泊まり保育の1泊2日で予定されている、1つ1つのイベントは、1つ1つどんなものなのか説明しました。

例えば「花火」は去年の思い出を引き合いに説明し、「スイカ割り」はボールを使って、ジェスチャーで説明しました。

割れると思っていたスイカが、割れなくて癇癪を起こすと困るので、

スイカは硬くて、当たっても割れないかもしれない。割れないのも普通だから大丈夫。割れても割れなくても、楽しいから大丈夫。

と説明しました。

これとは別に、全体の流れ(スケジュール)は、改めて説明しようと決めました。

最後の不安をぬぐいとる!「夜のオムツ・おねしょ」のこと

お泊まり保育まで、あと2日と迫った時、いよいよ絵に描いて「全体象」を説明するか!?というチャンスがありました。

でも、息子には「夜、お母さんと一緒に寝られない」「夜、おもらししたらどうしよう?」という不安が残っていました。

まだ早いか?

私は、担任の先生に「夜寝る時のオムツ」について確認しました。

  • 夜は「オムツ」でOKであること
  • 去年のお泊まり保育では、半分近く「オムツで寝る子」がいたこと
  • 寝る時にはくオムツをどこにしまっておくか
  • 朝起きてオムツの処理はどうするか

について、明確にしました。

オムツで大丈夫だよ。おもらししても良いんだって。おしっこ、いっぱいしても大丈夫だって。

と、あえて先生の前で、私が息子に言うと、

担任
そうだよ。オムツで大丈夫だよ。おねしょ、してもいいよ。

と、先生からも息子に言ってくれました。

これで一気に安心したようです。

「お母さんと一緒に寝られない」という不安は、お泊まり保育を完全に受け入れることで、”消えた”というより、ある種の「諦め」に転じたのか?嫌な素振りを見せなくなりました。

心配していた「夜のオムツ」の件が、息子なりに解決したことで、「これなら夜、保育園で眠れる」と、自信が出てきたのかもしれません。

前日ギリギリ!全体の流れ(スケジュール)の説明とイメージ化!

お泊まり保育の流れをイメージ化した絵
お泊り保育の「流れ・スケジュール」をイメージ化

私が、お泊まり保育を絵に描いて「視覚化」したのは、もう前日ギリギリでした。

明日は、お泊まり保育だよ。お泊まり保育で、どんな楽しいことがあるのかな?何をやるか、お母さんも知りたいから、順番を覚えようね。

そう言って、「お泊まり保育」の全体の流れ(スケジュール)を絵に描き、息子の視覚に訴えていきました。

カレーの絵

夕方から皆でカレーを作って、カレーを食べる。

「花火」は手に持ってやる花火。お空にバーンってなる花火じゃないよ。

シャワーと読み聞かせの絵

プールバックに、パジャマとタオルとオムツを入れて、シャワーに出発。

水着を着て、シャワーを上からかけるよ。プールじゃないから、水着の洋服(=ラッシュガードのこと)と帽子はかぶらない。

終わったら、オムツをはいて、パジャマを着る。

寝る前は、先生が絵本を読んでくれるから、楽しみだね。

スイカ割りの絵

朝は、体操した後に、スイカ割り。

朝ごはん、お迎えの絵

朝ごはんは、おにぎり。
スイカ割りで使ったスイカが、デザートに出るよ。

朝ごはんが終わったら、お母さんがお迎えに来るからね。

難しいところは、ジェスチャー(というより演技に近い)で教えました。

お母さんが迎えに来た絵

息子は、全部把握していました。

「(シャワーで)なんで水着なの?」など時々質問してきたけど、お泊まり保育で何をするか、理解していました。

最後の「お母さんが迎えに来る」絵で、「あー♡」と言いながら指をさしていました。最後にこれがあることで、安心できたようでした。

当日は一緒に「実際の準備」!泊まる前に見えた”息子の大きな成長”とは

お泊まり保育、当日の朝。

前日に一緒にイメージした「お泊まり保育の流れ」の絵と一緒に、持ち物を並べておきました。

荷物1つ1つ、「絵のどこで使うか?」クイズを出しながら、当たったら一緒にリュックとプールバックに入れていきました。

息子
ちょっと、楽しみ。

「やーだ、やーだ」と言って、お泊り保育を嫌がりながら、保育園に向かう息子を想像していたんです。

「やーだ、やーだ」と聞きなれた行き渋り発言をされた時に、何て答えよう?と考えていたんです。

それなのに、この時、息子は「ちょっと楽しみ」と言いました。

毎日毎日、保育園に行くのを嫌がり、いつも何とか言い聞かせて連れて行っているから、お泊り保育の今日は、どんなに嫌がられるのだろう。なんと言い聞かせればいいのだろう?…と、私自身も不安でいっぱいでした。

だから、息子の「ちょっと楽しみ」発言には、涙をこらえるのに必死でした。

すごく成長した姿を目の前に、毎日の努力が報われた気がしました。

お泊りする前から、息子の大きな成長を感じました。

息子
でも、ちょっとはイヤなんだよ。

保育園に到着して、車から降りて玄関に向かう時、息子は少し嫌がる素振りをして「でも、ちょっとは嫌なんだよ。」と言いました。

そうだね。楽しみだけど、少し不安。不安だけど、花火とかスイカ割りが楽しみ。楽しみだけど、お母さんと離れて眠る。いろいろな気持ちなんだよね。お母さん、知ってるよ。ちゃんと分かっているよ。

色々な気持ちが渦巻いて、楽しみだけど複雑な気持ちなんだろうな、とすぐ分かりました。

息子(ため息)
そう。いろんな気持ち。

それでも、私が複雑な気持ちを代弁すると、「お母さんは分かってくれている」と思ってくれたようで、癇癪ではなく”ため息をつく姿”がまた、成長を感じた一面でした。

いろいろな気持ちが混ざる感覚、複雑な気持ちという感覚が、少しずつ分かって来ていることに、すごく成長を感じました。

お迎えに行かない夕方。私には初めての息子がいない自宅の夜-。思いのほか不安が消えて「きっと大丈夫」という気持ち-。とても不思議な1日の始まりでした。

「お泊り保育」の続編では、「クラス皆のおねしょ事情」と「食物アレルギー対応」について整理したいと思います。

「お泊り保育」のアレルギー対応に涙!除去も代替も不要の「クラス全員同じ」メニュー

2019/08/06

発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください