「お泊り保育」の夜の心配、おねしょ事情!オムツどうする?対策と結果

保育園の「お泊り保育」が、無事に終わりました。

自閉症スペクトラム障害・食物アレルギーの息子にとって、本当に「一大イベント」でした。

ASDの子が「お泊り保育」にチャレンジ!成功の鍵は”事前準備”そして息子の大きな成長

2019/08/05

「お泊り保育」のアレルギー対応に涙!除去も代替も不要の「クラス全員同じ」メニュー

2019/08/06

そして、親である私にとっては、1年前から構えていた行事です。

お泊り保育までに、「夜のオムツ」が取れるだろうか-?

今回は、お泊り保育の「夜のおねしょ」事情に迫ります。

おねしょ回数は減少しつつも、夜のトイトレ進捗としては横ばい

【4歳のトイトレ事情】オムツは夜だけ1日1枚に進歩!発達が気になる子のゆっくりトイレトレーニング

2018/06/26

息子のトイレトレーニング進捗は、「夜だけオムツ」の状態です。

”おねしょ”の回数は少しずつ少しずつ減ってきていますが、まだまだ「おねしょする日」の方が多い。

本当に少しずつ成長しながらも、夜のトイレトレーニングとしては、目立った進捗はなく、「夜オムツ」状態の横ばいでした。

最後まで悩む「お泊り保育でオムツ」問題

お泊り保育までに、「夜オムツ」を外すのは無理だろう…。

でも、息子本人が「みんなの前で、オムツじゃ恥ずかしい」と思うかもしれない…。

息子がどう思っているのか?どうしたいのか?を尊重したい…。

本人に聞いてみることにしました。

お泊り保育で寝る時は、オムツじゃなくて、お兄ちゃんパンツに「おしっこ吸収するやつ」を付けようか?そうすると、見た感じは、お兄ちゃんパンツと同じだよ?

もしも「保育園でオムツをはく」という事に対して、すごく恥ずかしがるような感じだったら、「お兄ちゃんパンツ+おねしょパッド」の練習をしようと思いました。

息子
んー。分かんない。

そうか、そうだよね、ピンとこないよね。「おねしょパッド」という物が、どういう物かイメージ付いていないはず。

慣れないことをするより、いつもと同じ、「夜だけオムツ」でお泊りすれば、それでいいのかもしれない。

「夜オムツ」の方向に気持ちが傾いたところで、保育園の担任の先生に、お泊り保育で寝る時だけ”オムツ”でも良いか、聞いてみました。

ASDの子が「お泊り保育」にチャレンジ!成功の鍵は”事前準備”そして息子の大きな成長

2019/08/05

返ってきたのは、息子にとって「お泊り保育」自体の安心材料ともなった返事。
※オムツ事情は、上記の記事にも”不安材料”として登場します。

「全然オムツで良いですよ。」という、快い返事でした。

昨年のお泊り保育では、半数近くが「夜オムツ」であったこと、「夜オムツ」で寝ること自体、全く問題視していないことが分かりました。

夜おねしょ回数が少しずつ減る中、息子が見せた大きな成長

お泊り保育で寝る時は、オムツでいいんだって。
息子
えー。いいの?
うん。先生が「いいよ」って言ったよ。オムツで寝て大丈夫だって、言ってたよ。

先生が「オムツで寝ていい」と言ってたことを伝えると、息子はとても安心していました。この後、先生自身も、息子に対して「オムツでいいよ」と直接言ってくれました。

お泊り保育は、いつも通り「夜オムツ」で寝る-。

実は、そう決意してから”お泊り保育前夜”までの間、息子は「夜おねしょ」をしない日が何度もありました!

お泊り保育の夜にオムツをどうするか関係なく、これまでのペース(=おねしょ回数)を考えると、とにかくスゴイ記録です。

私は、やはり”おねしょ”は精神的なことも絡んでいるんだと実感しました。息子は、お泊り保育に向けて、すごく精神的な成長を見せていたからです。

更に、息子の精神的な成長を感じたのは、”おねしょ回数”だけでなく、その後のセリフです。

息子
今日が「お泊り保育」だったら、よかったのに-!

”おねしょ”をしなかった朝に、「今日がお泊り保育だったらよかったのに」と言うのです。”おねしょ”をしなかった度に!

変わることが苦手なASDの子が、「いつもと同じ夜オムツで大丈夫だ」という安心感を得る一方で、「お泊り保育では(できれば)おねしょをしたくない」という大人びた感情もあることを知りました。

そして、もしも今日がお泊り保育だったら、おねしょをしない朝を迎えていた-。と仮定できる思考回路。

そういう気持ちや状況を癇癪ではなく、言葉で表わせるようになったことに、大きな成長を感じました。

みんなどうした?お泊り保育の”おねしょ”事情!

さて、いよいよ「お泊り保育」、夜の心配「おねしょ問題」。

後になって判明した、当日のクラスの様子をみてみましょう。

■オムツ着用で寝た子の事例(ゆきまる君)

息子は、「いつも通り夜オムツ」の対策をとりました。

シャワーを順番にあびる時に、その後に着るパジャマとパンツを持って行きます。息子にはその時に「パジャマ+夜のオムツ」を持って行くよう、(実演して)説明しておきました。

オムツをはいて寝たにも関わらず、横から漏れて布団を濡らしてしまった…!というオチ付きでした。

おもらしで濡れてしまったお布団は、翌朝干されていました。シーツ代わりに使っている大判バスタオルとパジャマは、先生が水洗いしてくれました。

■自宅では”おねしょ”しない子の事例(S君)

S君は、誕生月が早く、既に6歳になっています。

いつも家では、おねしょをしない子です。

普段も「トイレが遠い」傾向です。寝る前に必ずトイレに行けば、一晩中”もちます”。

ところが、いつもと寝る前の手順が変わる「お泊り保育」では、トイレ→シャワー→読み聞かせ→就寝…という順番でした。

シャワーが終わって教室に戻ってきた場面~読み聞かせが始まるタイミングまでの間、トイレに行きたい子は”自分だけ行く”行動力が必要でした。

「みんながトイレに行く時」以外に、「自分がトイレに行きたい時」に言い出してトイレに向かう勇気が出せなかったのでしょうか。

S君は、結果的に、”寝る前のトイレ”に行くことができず、お泊り保育でおねしょをしてしまいました。

※濡れた布団・大判バスタオル・パジャマの処理は、上に同じです。

■いつも”おねしょ”する子の事例(Aちゃん)

Aちゃんは、日中でもトイレで、降ろしたズボンやパンツを頻繁に濡らしてしまう子でした。

夜の”おねしょ”も頻繁で、お泊り保育でも「おねしょをしてしまうと思います。」とお母さんが宣言していました。

宣言通り、当日はおねしょ。

※濡れた布団・大判バスタオル・パジャマの処理は、上に同じです。

「お泊り保育」の”おねしょ”結果まとめ

こうして見ると、結果はシンプルです。

結果としては、おねしょをした子・しなかった子、の2通りしかなく、おねしょをした派も珍しくない、結構な割合を占めていました。

結果的には「いつもどうか?」はあまり関係なく、「なるようになった…」という印象です。

何を強調したいのかと言うと…

お泊り保育では、「オムツorオムツじゃない」「おねしょ するorしない」は重要ではないということ。

子供たちの”お泊り保育への不安事”を事前になるべく軽減してあげることが大事で、親はそれに徹するけど、子供が楽しんで参加できればそれで成功、ということかな。

あんなに心配していた「お泊り保育」ですが、結果的に、子供は意外と平気。あっという間に1泊2日が終わりました。

カバンにオムツを忍ばせて参加したことも、本人が「それでいいんだ」と割り切った後は、全く気にせずへっちゃらだったようです。

人気ブログランキングへ

ブログランキングにも参加しています。興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。



お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください