「寝ない子育児」の日常|寝ない赤ちゃんの様子・ママ対策・その後

息子がまだ赤ちゃんの頃。
抱っこと授乳だけで1日が終わってしまった日々が続きました。
これが育児ノイローゼの一歩手前か?と赤ちゃんを抱っこしながら泣いたこともありました。

朝まで寝る?3時間間隔?とんでもない。
せめて2時間、続けて寝てほしい…と思っていました。

「寝ない子育児」の日常を振り返ります。

とにかく寝ない!眠いのに寝ない!

とにかく、なかなか寝ません。
眠いはずなのに、ウトウトしながら、1時間が経過します。

この1時間は、何なんだろう。
食器も片付けてないし、洗濯も畳んでいない。10:00までに家事を済ませようと思っていたのに!
あとどれくらい時間が経てば、寝てくれるんだろう…。
せっかくウトウトしてたのに、またギャー!ってなって後戻り、もう!
何時になったら寝てくれるの!

後から思えば、そんな気持ちがダメだったのかも。

敏感な子であることは確かなのだから、そんな親の気持ち・雰囲気も敏感に感じ取っていたのかもしれません。

”安心して眠れないのね、よしよしギュ~。寝れるまでお母さんがギューしてあげるから大丈夫だよ。”

そうやって優しいほほ笑みで、穏やかな気持ちで、静かに抱きしめてあげていれば、30分くらいで寝たのかもしれない。トントンも子守歌もいらない、ただ静かに密着して。

感覚過敏-。些細な音と刺激ですぐ起きる

1時間(以上)経過後、やっと寝てくれた・・・と思っても、油断できませんでした。

水道の水が出る音、机からボールペンが落ちた音、窓やドアの開閉音ー。些細な音で目覚めて、またグズりだす。

マンション室内は気密性が高いので、主人が帰宅した時にドアを開けると、若干、室内の空気圧が変わります。「ブオッ」という感じ。
これで起きて、また泣き出す。

主人がキッチンの水を出して、たらい(洗い桶)に溜まった水に当たって「ポチャッ」となる。これで起きて、またグズリ出す。

これを主人に注意すると、「なんで、俺がそんな気を使って生活しなきゃならないんだ!」と、逆切れ。

寝ない赤ちゃんを抱えて、夫が絡むとストレス倍増です。
寝かしつけてきた1~2時間が無駄になり、さらに雰囲気悪~い沈黙の夫婦喧嘩が勃発するのですから。

「着地」ができない!抱っこから降ろすと必ず起きる

やっと寝て、抱っこでユラユラ15分、そのまま座って15分。もう大丈夫かな?
そ~っと、ベッドに降ろしてみる。

床(布団や座布団)に降ろすのは無理でした。
抱っこからの距離が長く、リスクが高いから、高台(ベッドやソファの上)に降ろします。

「着地失敗」「着地成功」、この言葉を発するのが習慣となりました。

「着地失敗」を約3回繰り返し、4回目で成功する事が多かったです。

一度でも着地に失敗すれば、また寝かしつけが始まるから少なくとも10~15分。それを3回繰り返すとなれば、それだけで1時間近くかかります。

一番最初の寝かしつけで1時間くらいかかっているのだから、トータルでどれだけ時間が経ったことか。

「着地成功!」
という時には、自分も疲れて果てて、全身ぐったり、一緒に着地していました。

長い時間、眠らない!すぐに目覚める

夜中も2時間連続で寝れば、良い方でした。

少しでも眠くて、寝れなくてぐずったら、授乳しないと泣き止まないパターンでした。

だから昼寝や夜中も、寝ている途中に泣きだして、まだ寝たかったのに起きちゃった感じだったら、授乳。

断乳の日まで、睡眠らしい睡眠はとらないで過ごしました。

【寝ない子育児】寝ない赤ちゃん、1日のスケジュール

生後6か月。
離乳食を始めようかという、ある日のタイムスケジュールを見てみましょう。

0:000:30授乳:寝ずにバタバタしている。
1:001:30授乳:ずっと起きている。
2:002:30授乳、2:40就寝(1時間半)
3:00
4:004:00授乳、4:30就寝(1時間)
5:005:30授乳、5:45就寝(45分)
6:006:30起床
7:007:30授乳
8:00
9:009:30授乳
10:0010:00ねんね(1時間半)
11:0011:30授乳
12:00
13:0013:30授乳
14:00
15:0015:00授乳、15:30ねんね(30分)
16:0016:00授乳
17:0017:00授乳、17:30おふろ
18:0018:30授乳
19:0019:30授乳
20:0020:00就寝(1時間半)
21:0021:30授乳
22:0022:00就寝(1時間半)
23:0023:30授乳:寝ずにゴロゴロして起きている。つづく…

夜中の睡眠は「就寝」、昼間の睡眠は「ねんね」と表現しています。

寝てはぐずって起きて、授乳。
授乳しては寝て、またすぐ起きる。
というパターンが分かります。

自己嫌悪…赤ちゃんに「寝なさい!」と怒鳴ったことも。

この調子が、1歳5か月の断乳の日まで続きます。

あまりにも寝ないので、イライラが爆発してしまったことが何度かあります。

ウトウトしたのにまた再びグズリだした時、「いい加減に寝なさい!!」と大声で叫んでしまいました。

案の定、赤ちゃんは泣く…。

そして鼻水が詰まったり、涙を拭かれたり、ちょっと目が覚めちゃったりで、寝れない時間が長引く悪循環。

自分はと言えば、当然、自己嫌悪。こんな幼子に怒鳴りつけてしまったという後悔。いい事なんて何一つもありませんでした。

怒鳴ったって、なぜ怒鳴られたのか分からない赤ちゃんに、怒鳴る意味はないのに。余計に不安にさせてしまった。


ママへの行動アドバイス-「寝ない子育児」ママを応援しています-

私が読んだ本のどこかに、「イライラした時に、怒るのは簡単」と書いてありました。

怒鳴ることで逃げるのではなく、自分自身の修行のつもりで、声を上げるのはグっと堪えようと思いました。

堪えた時に、その気持ちをどんな言葉にしたら良いか分からない時は、「お母さん、イライラしてる!ゴメンね。」と低い声で言いました。

赤ちゃんに、その言葉が通じない日々は続きました。

でも、やがて言葉が話せるようになると、面白い答えが聞けるようになりました。

最近の息子 (5歳前半、現在) が言う返答の中で、一番多いのは「ポリープできちゃうよ。」です。

寝ない子のママ対策1.大声で泣く

とにかく辛かったら、子供が寝た後に、まず大声をだせる個室(誰もいない部屋やトイレ)で声を出して泣きました。

泣くだけですっきりします。

夫に愚痴っても伝わらないなら、1人で泣く方がマシでした。

寝ない子のママ対策2.「寝ない原因」を突き止めない

「寝ない原因」を突き止めようと頑張るのはやめた方がいい。敏感な子なのだと割り切ることも必要だと、後になって実感しました。

本当に寝ない子の育児をしているママは、普通の子のただの夜泣きとは比べ物になりません。

昼も夜も寝てくれない子供のママが、一般的な育児本やネット検索で「寝ない原因」とか調べても、情報に翻弄するだけだからです。

参考程度に捉え、情報を取捨選択できる精神的な余裕があるなら、ネットサーフィンも良いかもしれない。

でも、あれこれ真面目に捉えて試してみては、あれもダメこれもダメ、やっぱり違う!と負のスパイラルに陥るくらいなら、一般論の詮索はストップした方がいいと思いました。

他人の意見を元にした原因探りではなく、「この子が安心できそうな抱っこ方法」「寝ないこの子が寝た時に、自分がしていた仕草」をマスターする方が得策でした。

冷たい布団を嫌がる子、うるさいのを嫌がる子、電化製品の光を嫌がる子。

寝なかった原因は、子供の嫌がることが明確になる4歳頃、なんとなく後から分かりました。

原因は後から分かるから、まずは赤ちゃんを安心させることに徹すれば良かったんだ、と感じています。

寝ない赤ちゃん!寝つきが悪い・すぐ起きる!本人の証言と共に原因分析しました。

2018/08/14

寝ない子のママ対策3.児童発達支援センターを頼る

「もっと早く利用すれば良かった」と思うことの1つは、地域の児童発達支援センターの利用です。

呼び名は違っても、各自治体に設置されているはず。これを息子が赤ちゃんの時から、もっと活用すれば良かったです。

子供が産まれるまで自治体を頼る場面がほとんどなく、役所というと近寄りがたい気持ちがありましたが、児童発達支援センターの場所自体は、役所ではなく別の場所に設けられていることも多いです。

そこには、専門のカウンセラーがいて、育児の悩みを聞いてくれました。

定期的に数人を集めて「育児にお悩みではありませんか?」類の講座を開いていることもあります。

本気で悩んでいるなら、集団講座よりも個人相談がオススメです。

後になって利用した時、これがとても役に立ちました。

子供の発達に詳しいカウンセラーは、自分の親よりも夫よりもママ友よりも、子供の特徴を理解してくれました。

「そういう子、います、います」と受け止めてくれただけでも、気持ちが楽になりました。話すだけで楽になるし、カウンセラーからアドバイスが聞けます。

「寝ない子」に悩んでいる時代に、児童発達支援センターで話しを聞いてもらったら、もう少し楽になっていたのかもしれない、と思います。

「寝ない子」は少しずつ寝るようになってきた

うちの「寝ない赤ちゃん」は、授乳間隔に比例するように、1時間半おきの浅い眠りから2時間おき、3時間(弱)おき・・・という成長を経ました。

そして「断乳」という一大イベントを境に、3時間以上続けて寝るようになりました。

保育園に入り、2歳・3歳・4歳と成長するにつれ、夜は長く寝られるようになりました。

眠いはずなのに、ベッドに行ってから30分くらい起きている、という入眠下手な特徴はありますが、なかなか寝ない時にも安心させてあげることに徹しています。

「大丈夫だよ。眠れるまで見ててあげるから。」
そう言うと、スーっと目をつむり出すことが多いです。

嫌がるトントン、窓の音。これは発達障害「感覚過敏」の特徴なの?初めて【発達凸凹】という表現を知りました。

2018/09/27

ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


世界初!赤ちゃんをあやし寝かしつけるイス【LaLaCoチェア】

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください