【療育への道】セルフプランの記入例|自己流でも2週間で通所受給者証が発行された!事例とコツ

療育施設(児童発達支援・放課後等デイサービス)を利用するにあたり、必ず必要なのが通所受給証です。
その申請にあたり、これまた必要なのが、医師の診断書(意見書)サービス利用計画書

苦労の末、医師の診断書を入手した経緯は、別記事でご紹介した通りです。
今回は、初めての「サービス利用計画書(セルフプラン)」を書き上げました。

療育への道。発達障害グレーゾーンから「自閉スペクトラム障害」診断へ!通所受給者証の申請で必要な「医師の診断書」をもらう【後編】

2019/02/26

申請からわずか2週間で通所受給者証が発行された!

誰にも相談できず書き上げた「サービス利用計画書(セルフプラン)」ですが、なんと、この辺りでは最短と言われる2週間で通所受給者証が自宅に届きました。

申請からわずか2週間で、通所受給者証が発行されました。その時の事例を元に、セルフプランとその記入例について、分析しましょう。

セルフプランとは?

療育施設・児童発達支援・放課後等デイサービスなどに通うには、通所するための受給者証が必要です。この通所受給者証を発行してもらうために、「サービス利用計画書」を作成して発行申請をしなければなりません。
「サービス利用計画書」の作成・申請までを保護者自身が、自分で実施するのがセルフプランです。

セルフプランのメリットとデメリット

セルフプランのメリットは、何と言っても通所受給者証が発行されるまでの早さです。地域・自治体によっては、発行までに1ヶ月~2ヶ月かかるとも言われる通所受給者証が、早ければ2週間で発行されると言われました。

一方、セルフプランのデメリットは、サービス利用計画書を自分で書かなければならない事にあります。「うちの子は発達障害」という事実を受け止めながら、自分の子の課題を冷静に整理しなければなりません。

そして書類の書き方。どの項目に何を書くの?どんな文章で列挙していけばいいの?
「サービス利用計画書を自分で書く」という時点で、通所受給者証をセルフプランで申請することを諦めてしまう保護者の方も多いのが現状です。

でも逆に言うと、「サービス利用計画書」を相談所や指定施設で書いてもらうという事は、子供を連れて行き、特徴を説明し、短時間で理解してもらい、場合によっては知能テストを受け、今後何が必要なのか相談し、他人にまとめてもらうということ。それら全てが順番待ちということ。

私は、”子供を連れて行って何かをする”、”時間がかかる”のは避けたい、という理由で、セルフプランを選択する決心をしました。セルフプランの書類の記入は最大の難関ですが、自分一人の行動で完結するメリットがあります。
自分一人で頑張って完結するなら、(自閉症スペクトラム障害の)子供を連れて行く準備~慣れない場所で1日がかりの手続きを経験するより、何倍も楽ですから!

サービス利用計画書(セルフプラン)の記入項目

実際に届いた「サービス利用計画書(セルフプラン)」の用紙と、ネット上で調べた他の自治体のフォーマットを比較しました。

項目タイトルの文言は違えど、記入すべき重要項目は以下に絞られます。

  • 利用者の希望
  • 家族の希望
  • 課題
  • 目標
  • 利用するサービス(事業所)
  • 利用頻度

難しそうに見えるセルフプランニングも、これらの項目が記入できれば、ほぼ完成ということ。
各記入項目に沿って、記入すべき内容と記入例をまとめていきましょう。

「利用者の希望・家族の希望」を記入する!

実際に記入した「利用者および家族の希望」

「利用者の希望」は、利用者が自分で希望を言える年齢であれば該当しますが、うちの子は未就学児(5歳現在)のため、省略します。

「利用者の希望」と「家族の希望」は、項目欄が別々の場合と、一緒になっている場合があります。私が書くサービス利用計画書では、「利用者および家族の希望」という項目で、記入欄は一緒くたでした。その場合、保護者の希望を羅列すれば、違和感はありません。

「利用者の希望」だけを書く欄が設けられている場合は、省略可能なのか、幼児であっても何かしら本人の意思を書くのか、お住まいの地域の障害福祉課に確認しましょう。
親切なフォーマットでは、『※可能な場合』とコメント書きされています。その場合は、記入を省略して良い判断が、速攻できますね!

「利用者・家族の希望」記入のコツ
~日本語の言葉マジックを上手に使う~

「希望」と「目標」の表現は紛らわしく難しいですが、ここで深く考えていると時間が足りません。たいてい同じ計画書上で「目標」欄も登場します。だから「希望」欄では、”こうしたい・こうなってほしい”という言い方で、親の希望を純粋に書きます。

希望と言っても、目先の困りごとが多すぎて、望む姿が想像できない・・・。そんな時は、今できない事や困っている事を5つくらい列挙しましょう。それを「~できるようになってほしい。」という言い方に変換します。

例えば、うちの息子の場合。
保育園で「先生の指示が理解できない。皆に向けられた指示を理解していない。」と指摘されました。
今できない事 =『皆に向けられた指示が理解できない』
↓ 希望に変換すると…
『皆に向けられた指示を理解して、行動できるようになってほしい。』
という感じです。

箇条書きにするのか、ズラズラ文章(=ズラズラ書き)にするのかは、正直どちらでも良いと思います。見やすさを重視するなら箇条書き、困っている感をアピールするならズラズラ書き、という感じでしょうか。

私は「希望」欄では後者、”ズラズラ書き”を選びました。
あとで出てくる「目標」欄は、「希望」欄と内容が似通うものの、目指す目標を明確に持っていることをアピールしなければなりません。実際、言っていることは「希望」と同じでも、「目標」らしさを表現するために「目標」欄で”箇条書き”戦法を使うためです。

「希望」欄で箇条書きにしてしまうと、「目標」欄と比べた時に、余計同じ内容だという印象を与えてしまいます。(実際は、同じ内容なのですが…言葉マジック)

「利用者・家族の希望」の記入例

それでは、実際に私が記入した文章を元に、「利用者・家族の希望」欄の記入例をご紹介します。

・〇〇の入学、〇〇での集団生活に向けて、1対多に向けられた指示を理解して行動できるようになってほしい。

・興味のある事に没頭している時でも、時間を見て行動を切り替えていけるようになってほしい。

・今は/今度は/次は何をする時間なのか自ら考え、生活のリズムを作り、学校生活が成り立つようになってほしい。

・視覚優位な特徴を持つ中で、耳から聞く指示や情報だけでも、行動に移せるように訓練していきたい。

・やりたい事とやるべき事が乖離して、感情のコントロールが複雑になる場面でも、癇癪を起さずに行動できるようになってほしい。

・自分の気持ちや状況を言葉で相手に伝えられるようになってほしい。

5個を列挙すれば、欄が埋まりました。6個目は欄外。欄からはみ出ました。
これで、希望が溢れていることが伝わったと思います。

「課題」(できない事)を記入する!

「課題」欄は、項目名称としては様々です。
・ できない事
・困っている事
・指摘された事
など、項目名称としては色々ありますが、要は課題。ここでは以下、『課題』とひっくるめて表現します。

「課題」記入のコツ
~事実をそのまま困った順に~

この項目「課題」の難しい所は、「希望」「目標」の裏返しであること。さっき「希望」欄で書いちゃったよ!と思うから、筆が止まってしまうのです。

ここでは、普段できない事を純粋に5個くらい挙げて、1つ1つが実際にあった出来事のような表現で書きます。ニーズの優先順位として、課題の優先順を表す番号を振るようになっているフォーマットも多いので、困っている順に並べましょう。

同じようなことを「希望」欄に書いてしまっても、気にしない、気にしない。困っている事は事実なので、我が子の姿を思い浮かべて、そのまま書きます。
具体的な「課題」が書ければ、それに対応する「目標」も見えてきます。

「課題」欄の記入例

私は、6つ列挙しました。
上から順に、ニーズが高い順です。
※「ニーズの優先順位」昇順

1母親と離れて教室に入れない。
動くべき時に、すぐ動いて行動できない。
2警戒心が強く怖がりで、目先の嫌なことを避けて孤立してしまう。
3行動の切り替えが極度に苦手
4好きなこと楽しいことは、時間が来てもすぐやめられない。
5母親と離れること・我慢すべきことがあると「保育園(学校)が嫌だ」に繋がっている。
6挨拶を恥ずかしがって「おはよう」がスムーズに言えない。
自分の気持ちを言葉で伝えるのが苦手

課題が列挙できました。
他にも沢山あるけど、とりえあず代表例5つ程で良いと思います。

実際の困った順と多少前後しても大丈夫です。困った順は、日々違うのですから。

「目標」を記入する!

短期目標、長期目標を記入したところ

ここまで出来れば、「課題」に対応する「目標」を整理するだけ。ゴールはもう少しです。

「目標」記入のコツ
~課題に対して”出来た姿”が目標、後から仕分ける~

「目標」欄は、「課題」に対応する「目標」だけでなく、短期目標長期目標に分けて書くフォーマットがあります。
その場合でも、「課題」に対応する「目標」が書けてしまえば、あとは短期的目標と長期的目標に分ければ良い話。まずは今書いた「課題」に対して「目標」を書き込みます。

課題に対する目標って?
ズバリ、その課題をクリアして、出来るようになった時の姿です。
今できない事・困っている事を課題に挙げたから、それが出来るようになった子供の状態を書けば、具体的な目標ができ上がります。

この時、通う予定の療育施設・放課後等デイサービスの特徴を意識して書くのがポイント。「この施設のこんな特徴を利用して、こんなふうに成長するんだ!」「この施設に通うからこそ、解決できると思う!」という気持ちを込めるとベストです。

多くの場合、この「目標」欄と同列で、”通うサービス施設”を書く欄があります。目標を達成するために通う施設名と照らし合わせた時に、矛盾せず、納得できる目標になりましたか?

ここで疑問を感じてしまうなら、一旦ストップ!
別のサービス施設を視野に入れた方が良いのかもしれません。「この施設ならこの目標を達成できる(と思う)」と親が信じられるか、これに限りますから!

課題に対する「目標」欄の記入例

先ほど書いた「課題」に対して、通うサービス施設の特徴を意識した「目標」を書き込みます。

課題目標
1母親と離れて教室に入れない。
動くべき時に、すぐ動いて行動できない。
慣れた保育園以外の教室に通う。好きな運動を通じて順番や指示を守る。
2警戒心が強く怖がりで、目先の嫌なことを避けて孤立してしまう。先生の指示を聞きながら、安全で正しい方法を理解して挑戦する。
3行動の切り替えが極度に苦手先生の指示を理解して、今やっている事をやめる練習次やることに移る練習をする。
4好きなこと楽しいことは、時間が来てもすぐやめられない。時間を見て次の行動に移る。癇癪を起さずに行動する。
5母親と離れること・我慢すべきことがあると「保育園(学校)が嫌だ」に繋がっている。「嫌な事=できない事・怖い事」を少しでも減らすため、運動プログラムを通じて自信をつける。
6挨拶を恥ずかしがって「おはよう」がスムーズに言えない。
自分の気持ちを言葉で伝えるのが苦手
不安も混じる難しい朝のスタート「おはよう」が自然に言える。
終わりの合図、気持ち・状況を言葉で言える。

表内の太字は、息子が通う予定のサービス施設を意識しました。

そこでは、運動プラグラムを中心に取り入れながら「動」と「静」を意識して行動を切り替えていく療育プログラムを採用しています。「動」では待つ/動く/終わり、「静」では静かに集中/終わったら自分で合図-。

そういう施設の特徴を活用しながら達成していくイメージが沸く、目標にしました。

「目標」を短期or長期に分けて、達成期間を添える

短期目標に、達成期間(目安)を記入した事例

ここまで「希望」「課題」「目標」を書いてきたので、目指すところが見えてきました。

「希望」や「目標」に書いた文章をピックアップして、短期間でできそうな事と長期間かかりそうな事、大きく2つにザックリ分類します。

「目標」は5~6個挙げたはずだから、それらを2個と3個ずつくらいに分けます。なかなか出来そうにない目標を長期に、半年くらいでできそうな目標を短期に分類します。「短期目標」の方は『〇〇を少しずつ(一部が)できるようにする。」、「長期目標」の方は『〇〇ができる。』という表現に変えてしまえば、それっぽくなります。

短期目標は、半年ごとに見直すはずです。
先々を心配してあれこれ考えず、現在を中心に考えれば大丈夫。

加えて、達成期間の目安を書けば、完璧です!
例)(半年~1年)、(3か月~6ヶ月)など

「利用するサービス(事業所)」を記入する!

「サービス利用計画書(セルフプラン)」の用紙を書き上げる頃には、利用するサービス施設(事業所)が概ね決まっているはず。あるいは見学中かもしれません。決まった時点で、書き込みます。

前述の通り、「目標」まで書き上げるためには、利用するサービスが決まってから記入した方が書きやすいです。

★利用するサービス(事業所)の選定は、私なりに迷いました。
 その気持ちは長くなるので別記事で!

利用するサービスの「利用頻度」を記入する!

サービス利用計画書(セルフプラン)記入のコツ。
最後にお伝えするのは、利用サービス(事業所)の「利用頻度」です。どの自治体の「サービス利用計画書」フォーマットにも、必ず書く場所があるはずです。

「利用頻度」記入のコツ
~実際に通う回数より”多め”に書く~

あんなに嫌がる保育園に対してさえ、所属意識が芽生え始めた息子(5歳児)。私は、そんな息子に対して、療育プログラムを取り入れたいものの、保育園を休んでまで行く所・週に何回も行って保育園がメインじゃなくなる所-というイメージを持たせたくない。

だから、週に1回、多くて2回。できれば習い事感覚で、午後から行けるプログラムが希望です。

「サービス利用計画書(セルフプラン)」の「利用頻度」欄に、『週1~2回』と書いて申請したら、「ひと月に何回か、で書いてください。」と言われて差し戻され、その場で訂正。
利用頻度は、月に何回利用するのか、月ベースで書きます。

窓口で申請する時に、もう1つ言われたこと。それは、「実際に通う回数より、多く書く。」という事です。
後に発行される、通所受給者証に記入された「支給量を超える回数で、施設を利用することはできません。サービスを利用しようと考えている目安の回数(最低回数、最大回数)のうち、最大回数もしくはそれ以上の回数を月ベースで記入せよ、とのことでした。

通所受給者証の「支給量」欄には、サービス利用計画書(セルフプラン)の「利用頻度」に書いた回数がそのまま掲載されます。

「サービス利用計画書(セルフプラン)」記入例まとめ

以上が、実際に書いて申請して、2週間で通所受給者証が発行された時の「サービス利用計画書(セルフプラン)」の記入例です。

主な項目を埋めるためのコツを整理すると・・・

  • 「希望」は、困った事・できない事を「~できるようになってほしい」という言い方に変換する日本語マジックを使う。希望を純粋に書けば大丈夫。
  • 「課題」は、困っている事を実際にあったような表現で書く。優先順位を付けておくと書きやすい。
  • 「目標」は、課題をクリアした時の姿を思い浮かべて、課題に対して、出来ている姿を書く。難関な目標は「長期目標」、現在を中心に考えて少しずつクリアしていく目標を「短期目標」として仕分ける。
  • 「利用頻度」は、実際にサービス施設(療育施設・児童発達支援・放課後等デイサービス)を利用する回数より多く書く。

です。

※2019年3月現在の情報です。
※お住まいの地域によって、必要な書類や申請方法が異なる場合があります。
※利用するサービスによって、必要な書類や申請方法が異なる場合があります。

お子様に合った療育プランが見つかりますように!


ブログランキングにも参加しています。興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。




お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください