公文の宿題が進まない理由。運筆力を育む「ズンズン教材」で、なぜ時間がかかる!?

もはや、発達障害の特徴を持つからなのか、男の子ならではの発想と好奇心からくるのか、分かりません。

ただ、じっと堪えて耐えて、冷静に分析しているのは「なぜ進まないか?」です。

公文の宿題で、なぜ時間がかかるのか。運筆力を高める「ズンズン教材」をやるのに、なぜこんなに時間がかかるのか。理由をまとめました。

運筆力を育む「ズンズン教材」とは?

英会話がダメでも公文が通える理由-発達凸凹4歳児の習い事-

2018/10/22

公文の教材と言えば、算数・国語が有名ですが、幼児向けに「ズンズン教材」という副教材があります。

運筆力を育むことを目的とした、要は「鉛筆の練習」ができる教材です。ズンズン教材の中にもステップがあって、のびのびズンズン→まっすぐズンズン→まがってズンズン→ぐるっとズンズン・・・とステップアップしていきます。

息子は、公文を始めた4歳時点で、筆圧がまあまあ強いこともあり、「まっすぐズンズン」からのスタートでした。

「ズンズン教材」が何か分かったところで、線を引くだけなのに進まない理由を見ていきましょう。

1.直線を「太線」にアレンジする

「まっすぐズンズン」教材では、始点から終点に向かって、まっすぐ線を引きます。

小さい子供に、長い線は難しいので、最初は短い線から練習です。始点も終点もただの「点」ではなく、子供が馴染みやすい動物や乗物たちです。

「カメさんからカメさんに向かって~」
「ニモからニモに線を書こう!」
「カニさんからピーっと」
の掛け声に合わせて、ビッ、ビッ、ビッっと勢いよく線を引いてくれる・・・所までは良いのです。

なんと、せっかく書いたキレイな直線に対して、装飾を始めてしまいました。太!

そのまま提出しましたが、先生は丸をくれました。
運筆力?筆圧?
確かに、目指すところはできています。

2.直線ではなく「動線」を書く

息子にとっては、ただの始点・終点ではない、車の絵。
「ブーン、ブーン」と言いながら、ドリフト走行するレーシングカーさながらの動線を書きました。

ロケット。
「おっとっと」と言いながら墜落しそうに見せかけ、「ボーン!宇宙に!」と言いながら終点へ。〇も書いて、惑星らしい。

ヘリコプター?
何を意味する動線なのか、もはや忘れました。

そのまま提出しましたが、先生は丸をくれました。
運筆力?
そういう意味なら、すごい運筆です。

3.直線に対して「余計な線」を追加する

正しく一本線が書けたのに、余計な線をつけ足します。

そのまま提出しましたが、なんと”花丸100点”でした。
なぜだろう?

「まっすぐズンズン」教材が少しレベルアップすると、直線が長くなります。
線が長くなっても、線の装飾は続きます。

正しい線が書けたのに、突然、斜めに線を引きました。そして、縦線と交わる部分に、丸を付け始めました。理由は分かりません。

そのまま提出しましたが、丸をくれました。

4.線じゃなくて「あいうえお」の練習を始める

まだ平仮名を書く練習は、始まっていません。公文の国語教材では、平仮名を読むだけです。

それなのに、「あ。”あ”ってこうだよ。」と言いながら、欄外で「あ」を書く練習が始まりました。

「今は”あ”の練習の時間じゃないから。線の練習しよう。」
と促しても、止まらず。
5,6個書くと「あ」らしくなってはいましたが。

そんなことより、早く次のページに進みたいです。

謎の記号?の練習も始まります。

欄外に平仮名や記号を書いても、先生は丸をくれました。
ズンズン教材に正解はないのかもしれません。

5.「ポコちゃん」を自分で書き始める

書く線が長くなると、上手にまっすぐ書けない-。そんな時、道(書く欄)の真ん中を通るように、促してくれるのが「ポコちゃん」です。

ポコちゃんは、道の真ん中にいて、ポコちゃんを通りながら、終点を目指します。

教材が進むうちに、だんだんポコちゃんは少なくなって、最後にはポコちゃんがいなくても、道の真ん中に線が引けるように練習します。

上はポコちゃんがいるが、下にはいない。

しかし!
ポコちゃんがいなくなった道を見つけると、わざわざ自分でポコちゃんを書きだしました。

「ポコちゃんがい・ま・せん!」
と言いながら、道の中央にポコちゃんらしき〇っぽいものを書きます。

息子が自分で書くポコちゃんは、〇や●の時もあれば、なんかモヤモヤした形の時もあります。

この辺りから、ズンズン教材も「曲線」の練習です。
「まがってズンズン」教材に進みます。

6.公文の先生のマネをする

曲線を書いている途中で、わざと間違えて、変な線を書きます。

わざと変になった部分に(自分で)○を書き、「ここが違うねー。」と言います。

わざとはみ出て戻って来て、はみ出た部分に丸を書き、「はい、ここです。」と言う。
・・・ピンと来ました。公文の先生のマネをしているのです。


※公文の鉛筆は筆圧抜群!小さな子でも握りやすい△型&短さ、すごい濃さ(6B)!

宿題が進まない時、必要なのは「忍耐」

こうして毎日毎日、公文の宿題にかかる時間は、約1時間

ふざけても何を書いても、「公文が嫌いにならないように」という気持ちが根底にあるから、怒るのは堪えて、ただ耐えています。

ズンズン教材では、正しく書き直させる行為も避けました。

そうしていると、やり直さずにそのまま提出しようとする私に対して、「先生に怒られちゃうんじゃない?」と自分で心配して、自分で消しゴムで消して、自分でやり直すことも増えました。

ズンズン教材を卒業した理由は、別の機会に!

公文の運筆教材ズンズンはいつまで?ズンズン教材を辞めた理由

2019/05/17


ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。



お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください