英会話がダメでも公文が通える理由-発達凸凹4歳児の習い事-

シェーン英会話を辞めて、習い事はゼロになり、まもなくのこと。ひょんなことから、公文を始めました。

英会話に通えなかった一番の理由は、「お母さんと一緒じゃないから。」だったのに、大丈夫なのか-?そんな疑問から始まった公文が今、無事に半年続いています。

そして、今後も続けられそうな勢いで成長中!!発達凸凹でも通い続けられる理由を探ってみました。

シェーン英会話を辞めた理由・続いた理由。発達障害グレーゾーン習い事体験ブログ

2018/08/16

「聴覚過敏」でも大丈夫:教室が静か

当然ですが、公文の教室には、英会話のような賑やかさはありません。

公文の教室は、とても静か。飛び交うのは、学習に関する最小限の会話だけです。

聴覚過敏、予告しない突然の音が苦手な発達凸凹っ子にとっては、びっくりする音はなく、安心できる場所です。

学習が終わってから親が来るまでの間、待機する場所があり、そこで静かに絵本を読んで待ちます。ドアを開けると、そこで声を出して読んでいる息子を見た途端、慌てたことがあります。絵本を読む息子の声が、教室で一番大きかったからです。

「切り替えが苦手」でも大丈夫:一度座ったら移動がない

スタンダップ!シッダウン!突然大声で促され、あちこちに移動する英会話教室と違って、公文はひたすら机に向かって学習です。

年中クラスなので、目の前に先生がいる机に座ります。

時々、数字版の練習をするために、端っこの席に移動することはありますが、基本的には途中で移動はありません。

次は何するんだろう?どこに行くんだろう?とソワソワする必要はありません。

一度座ったら、ずっとそこに居られる安心感があります。

「見通しが立たないことは不安」-最初に全量が分かる

予告されていないこと、見通しが立たないこと、途中で変更が入ってコロコロ変わること、等は極度に苦手。

逆に言うと、予告されて事前に全量が分かれば、実にスムーズにやりこなします。

公文は、最初に自分のファイルを手に取り、先生の所に持って行くと、今日やるプリントを引き抜いて、全量を机に置いてくれます。

1科目10枚のプリントが通例で、算数と国語の2教科なら、1度に20枚。

これが最初に分かるから、安心。早く終わったからと言って、追加されることもありません。

「否定的な対応には極度に反発」-肯定感が満載

息子は、否定的な表現に対して極端に反発します。発達障害の特徴なのか、息子固有の頑固な性格なのか、未だ分析しきれていません。

「ダメ」「できない」という表現は、癇癪の事前阻止のため、我が家では禁句に近いです。

公文は、否定的とは無縁な、肯定感が満載。「できた!」がいっぱいあるのです。

年中クラス4歳児とはいえ、1科目10枚のプリントを続けてやるには、体力が要ります。疲れてスムーズに進まない時は、枚数を減らす調整をしてくれます。

出来なかったページを残して、出来なかった感を出すのではなく、「疲れているから途中まで」と決めた時点で、もうやらないページ以降をピリっと外して片付けます。

目の前に残った、「今日やる分」をやり切っておしまいにするから、「一応全部やった」感で終わります。

息子も「あー、終わったー。」という感じです(たとえ5/10枚で終わらせた時でも)。

「こだわりを持つ」-皆と同じ『KUMONバッグ』

得意気にズンズン歩いている。

なんとか続けた2週間の無料体験学習の後に、待っていたのが、楽しみにしていた『KUMONバッグ』です。

街や教室で、KUMONNバッグを持っているお友達を見るたびに、なぜ自分にはバッグがないのか?の質問攻めでした。

4回(=2週間)頑張ったら、好きな形のバッグがもらえる-。そう教えて、カウントダウンしながら頑張って、ゲットした公文オリジナルバッグ。自ら進んで背負い、このバッグ姿で、得意気に歩いています。

シェーン英会話にも、オリジナルリュックがありました。同じリュックを背負うお友達がいて、嬉しそうにしていたものの、進んで自分で背負うことはありませんでした。

公文のバッグには、息子なりにこだわりがあるようです。

「分離不安」でも大丈夫:お母さんが室外にいても安心できる雰囲気

私から見れば、ドア1枚で外と教室を隔てられた公文の教室よりも、ガラス越しの待合いロビーにいる親が見える英会話の教室の方が、明らかに「近くにいる感」があります。

それなのに、公文では、私がいったん帰宅して、ガラスのドア越しに私の姿が見えなくなっても、息子は大丈夫になりました。

私の姿が見える場所なのに、私と離れてドアの向こうに行けなかったのは、あの時だからであって、もしかすると今なら大丈夫なのか?英会話ならではの、発達凸凹っ子に苦手な、不安だらけな特徴があったから教室にさえ入れなかったのか?真相は分かりません。

しかし、分離不安は、他の不安要素が大きく依存していると考えると、しっくりきます。

私が見えなくなっても、「お母さんがいない間」を乗り越えるだけの安心感が、公文にはあるのだと思います。耐えられなくなるような不安要素がない環境のようです。

なんだかんだ言っても、1番大きいのは、息子自身が成長したのかもしれません。それは、公文の宿題をこなす姿を見ると、とても今感じていることなのです。


自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村
★私がドアの外に見えなくても大丈夫になった過程や、宿題をこなす成長っぷりについては、別記事でレポートします★

公文公式ページ
教室を探す

お気軽にコメントをどうぞ