発達凸凹美術館|4歳の秋~発達障害(自閉症スペクトラム)の特徴「独特な認知力」を想い、鑑賞する~

発達凸凹美術館|4歳の秋~発達障害(自閉症スペクトラム)の特徴「独特な認知力」を想い、鑑賞する~

4歳の秋。

見学した療育施設の園長に、「息子さん、たぶん自閉症スペクトラム+ちょっとLD。」と言われました。療育施設に通うか否かは、今まさに調整中。

今日は、そんな息子が描いた「秋」を鑑賞します。

これが、自閉症スペクトラムの特徴「独特な認知力」なのかもしれない、と噛みしめながら…。

頭の中の「三次元モデル」

「うんどうかい」

作品:うんどうかい

三次元モデルをつぶして紙に落としたような書き方をしています。

園庭から空を見上げれば、10月にしては記録的な暑さでまぶしかった太陽。反射してまぶしかったから2つに見えたそうです。

横目で見えていた、スタートラインで待機するお友達。ハッキリとは見えないから、オレンジの点(=体操服のズボンの色)で表現。

障害物競争でくぐったピンクのビニールテープのヒラヒラ、駆け上った板の坂道、自分をみつめる緑帽子のお友達。頭上には、茶色のクマさんが書かれた旗が並んではためく。フラッグダンスは、緑と白のフラッグを持って頑張りました。白のクレヨンは見えないから、代わりにグレーを使ったとか。

体操服の左胸にある、緑色の保育園のマークも忘れてはいません。

「うちゅう」

作品:うちゅう

太陽系の外側にある、黒丸を赤線でつなげたようなのは何だろう?

「宇宙にあった。」と言っていました。

これらの絵は、どれも紙いっぱいに、頭の中のイメージが吐き出された感じがします。

自閉症スペクトラムの人は、細部にこだわりながらも頭の中に立体的な3次元モデルが映像として構築されているらしい。この特徴を想わせます。

細部にこだわり全体を仕上げる(木を見てから森を見る)

作品:とんぼ

自閉症スペクトラムの認知能力の特徴の1つに、「細部を見てから全体を見る」ということがあるそうです。

とんぼの羽の黒い線を1本ずつ、丁寧に書いていました。

トンボの上にあるのは、秋の雲「ひつじ雲」です。

作品:コスモス

トンボと一緒に書きました。

タマゴダケ

作品:きのこ「だまごだけ」

カサが開いていないタマゴダケは赤が濃く、カサが開いたタマゴダケはオレンジっぽいそうです。

カサが開くと、カサに筋が見えてくるので、オレンジで線を書いていました。

作品:まつたけ

柄の部分に、黒で点々書いて、それらしくしていました。

作品:黒いハートのきのこ

きのこ図鑑でみたやつ、と言っていました。

作品:すすき

別の「きのこ」を書いた時に、ススキを書きました。

穂を線ではなく点で書いています。

部分から書き始める(内側から外側へ)

作品:せんとうき

息子が、最近ハマっている「戦闘機」です。

作品:レッドインパルス

普通は輪郭から描くのでは・・・と思っていますが、息子は「部品」から書きます。

だから、全体を見た時に線がしっかりしていない。飛行機の頭・ボディ・羽・お尻・・・とそれぞれパーツを書き足していきます。

輪郭からではなく、内側から書いていく感じです。

頭の中のイメージを見えた所から落とすだけだから、先に輪郭を描いて全体を確保する必要がないのかもしれません。

【番外編】黒だけによる表現

作品:くりとにんじん

サインペン1本で書いた絵ですが、「にんじん」の葉と横縞模様が素敵です。

作品:おじぎそう

「お」だけ、自分で書けます。

1本1本の葉っぱをちゃんと書いて、全体を仕上げています。

作品:ごきぶりとたまご

これだけ、夏(8月)に書きました。おばあちゃんの家で、小さなゴキブリを見たからです。

作品:???

突然書き始めた、100より大きい数字の羅列。

「240」の次に書きたかったのは「250」なんだと想像しますが、「205」になっています。

公文では、20までの数字しかやっていないので、100番台と200番台を書き始めた理由はナゾです。


発達障がい児育児ランキング
自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

お気軽にコメントをどうぞ