アレルギー児の弁当・給食と同じ献立(17)ハヤシライスは7大アレルゲン不使用ルーとフードジャーで代替対応

息子は食物アレルギーです。小麦・乳・ゴマ・ナッツ類にアレルギーがあります。

学校のアレルギー対応は、給食側の「除去・代替」対応ではなく、食べられないメニューを事前に特定して、保護者側で「代替弁当」を用意するというもの。

給食の献立では、食べられるメニューもあるので、食べられないメニューのみ自宅で代替食を作り、弁当を持参しています。

今回は、「ハヤシライス」の代替内容について、まとめました。

ライスは給食、ルーだけ代替弁当

学校給食では、カレー・ハヤシライス・中華丼など、丼ものやプレート系メニューが良く出ます。

この場合、代替食づくりは少し厄介です。

食物アレルギーがあっても、下の白米は食べることができて、上に乗せる”具やルー”にアレルゲンを含むから食べられない…という場合が多いからです。

息子の小学校給食のアレルギー対応では、「ライスのみ提供」が可能です。

これは学校の方針によって対応が異なるので、必ず事前に確認しておきましょう。

【アレルギー児の代替弁当】学校給食と同じ献立(4)ビビンバ事件:混ぜるか乗せるか超重要!メニューチェックの課題

2020/07/03

息子の「ビビンバ事件」のように、「ライスのみ提供」と分かっていてもミスやヒヤリハットは起こり得ます。

メニューごとに、ライスの種類と提供可否は確認必須です。

今回の給食「ハヤシライス」は、その「ライスのみ提供」される献立メニューです。「ライスだけ」を給食でもらえることは、事前に栄養士さんに確認しました。

そのため、ハヤシライスのルーだけを作り、代替弁当で持参します。

特定原材料7品目が不使用!アレルギー対応ハヤシライスソースが便利

今回は、ハウス食品の特定原材料7品目不使用シリーズ「完熟トマトのハヤシライスソース」を使いました。

◆原材料

砂糖、コーンスターチ、食塩、やし油クリーミングパウダー、米粉、ポークエキス、トマトパウダー、乾燥マッシュポテト、豚コラーゲン、ローストオニオンパウダー、ローリエ、調味料(アミノ酸)、増粘剤(加工デンプン)、着色料(カラメル、パプリカ色素)、乳化剤、酸味料、香料

「小麦・乳・卵・そば・ピーナッツ・えび・かに」の7大アレルゲンは、使用されていません。

アレルギー特定原材料28品目では、「豚肉」が使用されています。

これだけの低アレルゲン食品は、嬉しいですね。

このハヤシライスソースは、1袋が2皿分で、それが1箱に3袋入っています。

アレルギー児の代替弁当を作る時は、この1袋を使えば良いので便利です。

代替弁当に使っただけでは余るので、自分のランチも賄えます。

「完熟トマトのハヤシライスソース」1箱で、ハヤシライス弁当3回分になりますよ。

箱を開封して一部を使うと、次に残りを使う時に、材料の分量が分からなくなる商品があります。(外側の箱パッケージにしか記載されていないパターン)

この「完熟トマトのハヤシライスソース」は、1袋ずつパッケージの裏面に「材料の分量」が書いてあります。

最後の1袋まで、丁度よく美味しく、仕上げることができました。

粉末タイプなので溶かしやすく、ルーの溶け残りがありません。

※アレルギー対応ハヤシライスは、他にもあります。最後に紹介しますね☆

ルーだけにスープジャー(大)は大きくて重い!

代替弁当で、ハヤシライスを持って行く場合、容器はフードジャー(スープジャー)が便利です。

フードジャーにルーだけ入れて持って行けば、給食時間まで温かい状態がキープできます。

給食でもらう温かい”ご飯”に、温かい「ルー」をかけることができます。

フードジャーに「ライス」も入れて「ルー」をかけて持参する場合は、そのままスプーンですくえば温かいハヤシライス、です。

ただ、この時、息子がハヤシライスのルーを入れて持参したのは、キープスのフードマグ400mlタイプ。

これが、小学一年生がライスにかける「ルー」だけを入れるにしては、大き過ぎました。そして、重かったです。

重たいランドセルに、重たい水筒を斜め掛けしての通学。お弁当に重みがあると、けっこうツライです。

数百グラムでいいから、もう少し小さく軽量のフードジャーが良さそうです。

ハヤシライス(ルー)の入れ物・フードジャーは中サイズが便利

【アレルギー児の給食】代替弁当の容器は大中小で!サイズ違いのお弁当箱・スープジャー・フードジャーを組み合わせる

2020/09/25

そんな反省を経て、フードジャー(スープジャー)は大・中・小のサイズ違いで揃えました。

ハヤシライスの「ルーだけ」を入れる時、フードジャーの中サイズ(300mlくらい)が最適でした。

スープジャー(160mlくらい)だと、少し小さいです。

実例!みんなの給食メニュー・ハヤシライスの献立

牛乳
ハヤシライス
・はちみつレモンゼリー

マーカーを引いたメニューは、該当アレルゲンを含むため、代替え食(弁当)です。

※「牛乳」は、年間を通して”停止”です。

※対象アレルゲンは、「小麦・乳・ゴマ・クルミ・カシューナッツ」です。

給食に「ハヤシライス」と一緒に出たのは、はちみつレモンゼリーでした。

この「はちみつレモンゼリー」は、乳成分が不使用です。

小麦・乳・ごま・ナッツ類アレルギーの息子も食べられます。

今日の『給食カード』は、「ごはん」と「はちみつレモンゼリー」。この日は、給食のスプーンを使って食べるので、「スプーン」の絵カードも含めます。

代替弁当(ハヤシライスの「ルー」)と一緒に、持って行きました。

食物アレルギー対応「給食カード」を作成!食べられる献立メニューを示すサインカード

2020/06/22

『給食カード』とは ・・・「給食でもらうもの」という意味を持つ、単語カード形式の手作りカード一式


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


アレルギー対応ハヤシライスのご紹介

我が家で一番使っているハヤシライスソースです。

今回の代替弁当にも使いました。大人にも美味しい味です。

息子が保育園時代によく使ったハヤシライスのルーです。

小学生には物足りない味(食感)かもしれませんが、分包でそのままかけて使えるのは便利。今ではハヤシライスとしてではなく、塩焼きチキンに乗せて食べるなど、おかずの味付けに時々使います。

新商品が増えて便利になった、王子さまシリーズ。
「ハヤシの王子さま」

小学生の食事や代替弁当には、顆粒タイプが便利です。外食や旅行に便利なレトルトタイプもあります。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください