「給食カード」を作成!アレルギーでも食べられる献立メニュー+代替弁当=自分の給食、の全容を把握する

学校給食が始まりました!

息子は、小麦・乳・ごま・くるみ・カシューナッツの食物アレルギーがあります。お世話になる先々で、前代未聞のマルチアレルギーなのです。

入学した小学校でも、給食のアレルギー対応について準備を進めてきました。今回は、そんな準備中に浮上した悩みと解決方法をご紹介します。

名付けて、アレルギーサインカードならぬ「給食カード」です。

意外にも「食べられる給食メニュー」がある!

除去は”卵”だけ!?学校給食の食物アレルギー対応ガイドラインを見て「毎日弁当」を覚悟!

2019/10/25

毎日、弁当対応になることは覚悟していました。

ところが、献立表チェックをする過程で気が付いたこと・・・。それは、思っていた以上に、給食で食べられるメニューがある!ということです。

※ 新型コロナ感染予防の対策も加わり、生徒による給食当番ではなく、先生による配膳になることから、配膳がしやすい給食メニューが選定されている背景があります。

※これにより結果的に、「ごはんにかける・乗せる」タイプのメニューが多くなっています。

毎月、食物アレルギー対応の一環である、保護者による献立表チェックがあります。どの給食メニューについて「代替え食(弁当)となるか」「給食で提供するか」、結論を出します。

カレーやハヤシライスの日は、ルーだけ持参すればライスは給食でもらえるし、メインおかずが煮物の日は、ゴマ入りの混ぜご飯だけを代替え・持参すればいい…という結果でした。

※「献立表チェック」について、詳細は別記事でご紹介予定です。

持参する代替え食(弁当)と給食の品が同じ日に混在!

「良かったじゃないですか!」

と喜んでくれる方もいて、有難いです。ありがとうございます。

一方で、私を悩ませたのは、「お弁当を持って行くのに、別の何かは給食でもらう」という複雑な状況です。

息子に対して、「今日は給食」「今日は弁当」という、単純な説明が効きません。

しかも、ある時は「白米だけもらう」、またある時は「給食でもらった白米に、持参したルーをかけて食べる」というパターンがあります。

息子は、ASD(自閉症スペクトラム、いわゆる発達障害)。特別支援学級に在籍して、困った時にサポートを受けられる体制を整えました。しかし、食物アレルギーはまた分野が違います。

担任や支援級の先生に対して、毎日毎日「今日はこれとこれが弁当で、これが給食です」なんて、連絡帳に書くのも違う気がします。

発達障害云々を抜きにしても、まだ学校生活にも慣れていない小学1年生。更に、初めての給食、まだ慣れない給食に不安を抱えている子に対して、あれこれ説明しまくるのは厳しいです。

同じ日の給食時間において、”持参した代替え食(弁当)”と”給食で提供される品”が混在することが、課題として浮上しました。

給食のアレルギー対応としては嬉しくとも、息子への説明方法としては、どうしよう?

給食でもらうメニューだけ「絵カード」を作ろう!全部揃って「今日の給食」

「給食でもらうもの」を描いていく…

息子にとって何がシンプルか、考えました。

自分の給食 = お弁当 + 給食でもらう一部のメニュー

「給食でもらう一部のメニュー」は、絶対に間違えてはいけない。
お母さんが「これは給食でもらう」と言ったメニューだけをもらうこと!!

この事が、シンプルに分かる方法。

私が言葉で説明した内容を忘れてしまっても、見れば思い出せる方法。

お弁当の中身が分かっても、給食で何をもらうのか分からないと意味がない。

お弁当の中身は、忘れても実物を見れば思い出すから、ここでは重要じゃない。

「給食でもらうもの」と「お弁当」を合わせれば、息子の給食が完成するということは・・・
「給食でもらうもの」が明確に分かればいいのだ!

ということで、「給食でもらうもの」を表わす絵カードを作ることにしました。

名付けて、『給食カード』です。

お弁当箱に、この給食カードを添えます。全部(本物が)揃ったら、”給食完成”という意味です。

作り方は簡単!アレルゲンを含まない給食メニューを描くだけ

例えば、ハヤシライスの日。

※ここに、当日の献立メニュー記事をリンク中

◆給食でもらうもの
白米、はちみつレモンゼリー

◆お弁当で持参するもの
ハヤシのルー

給食でもらうメニューである、白米とゼリーの絵を描きました。

(下手な絵で)内容が伝わらないと意味がないので、文字も添えました。

息子が持参する「ハヤシのルー」と合わせれば、この日の給食の”全容”です。

※牛乳は飲めず全日停止なので、厳密には、これプラス「水筒」が本当の全体象

「給食カード」は防水&単語カード形式が便利!

給食カード

給食袋の中でバラバラになったり、食べ物・飲み物をこぼして濡らしたり、何度も使って折れ曲がったり・・・

という劣化やハプニングに備えます。

給食カードは、「防水仕様」「単語カード形式」にしました。

防水仕様は、自宅にあるブックフィルムを使いました。絵本の補修用テープです。これを裏表に貼って、適当な大きさに切り取りました。

もっと簡単に済ますならラップで包む、もっと丁寧に作るならラミネート加工、と他にも方法はありますが、自宅にある材料で作るのとコスパは良いです。

その横で、息子もマネし始めた…

必要になる給食カードは、1日1枚とは限らない。バラバラにならないように、単語カード形式にしました。

防水仕様を施したら、2穴パンチの片方を使って穴を開けます。

自宅にあるカードリングを使って、その日の給食カードを一括りにします。

給食時間にすぐ分かる場所、提示できるように添えて出来上がり!

これで、その日の給食カードが準備できました。

最後に悩んだのは、この給食カードを添える場所です。

始めは、給食時間に必ず使う、おしぼりケースの取っ手部分に、カードリングを括りつけました。

でも、これだと、給食当番や先生に、給食カードを見せよう!と思った時に、おしぼりケースの蓋まで一緒に持って行かなければならない…。という理由で却下。

同じ理由で、給食袋の紐部分に括りつける方法も却下。

次にやってみたのが、お弁当包みで最後の”ひと縛り”の時に、お弁当包みの端をカードリングの輪に通して結ぶ案。

これが、上の写真です。
見栄えは良かったです。

しかし、今の息子にとって、給食カードが括り付けてある結び目を緩めながら、給食カードを外して、お弁当包みを広げて、お弁当箱と給食カードを給食トレーに置く・・・が出来るだろうか?

これは、もう少し慣れてからだな、と思って、今回は却下。

結局、どうしたかと言うと・・・

◆お弁当包みを使わない、スープジャーを持参する場合

蓋に、カードリング部分をテープで留める

※布に包んで完成する、普通のお弁当箱の蓋に付けてしまうと、給食の準備を始めるタイミングで、給食カードにたどり着けません。

◆普通のお弁当箱(お弁当包みを使う)の場合

お弁当包みをアルミシートに変える。アルミシートでお弁当箱を包んだら、マスキングテープで留める。この時、給食カードのリング部分を一緒に貼る。

という方法で、成功しました。
(息子が、嬉しそうに、給食カードを活用してくることができました。)

最後に「スプーン」のカードを作る

最後に、「給食でもらうもの」として、スプーンの絵カードを追加しました。

「給食でもらうもの」を謳っているのに、給食でもらう「スプーン」が含まれていないのは、意味が煩雑になるからです。

息子への説明は、一貫して「給食でもらうものは、コレ」と言える状態にしました。

給食カードだけでは管理できないこと

因みに、持参した代替え食(弁当)をどのように食べるのか?
については、上記の給食カードでは表現できません。

持参した代替え弁当をそのまま食べるのか、給食でもらう白米にかけて(or 混ぜて)食べるのか。

最初は、マスキングテープに「ごはんにかける」と書き、スープジャー(フードジャー)の蓋に貼りました。

これだと毎回、書く手間があり、マスキングテープも無駄になります。

次からは、このマスキングテープを厚紙に貼り、セロハンテープで防水し、「ごはんにかける」カードを作りました。

これをフードジャーの蓋に貼り、何度も再利用します。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


息子の学校給食は始まってばかりです。

今後は、毎日の献立メニューについても紹介していこうと思います。
(インスタグラムをやっていないので、まずはブログで…)

◆商品紹介◆

給食カードを作成するために使った、主な商品(類似品)

補修用のブックフィルムは、ページ丸ごと補修できるように(ラップのような)大きなロールタイプもありますが、絵カードの表面をコーティングするなら断然、テープ型がお勧めです。

低学年の子には、直径が大きめのリングが使いやすいです。

こういう工作が6年間続くなら、ラミネーターが1台あっても良いかな?…と思い始めた今日この頃です。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください