食物アレルギー経口負荷試験の履歴まとめ。見えてきた問題点・疑問点。かかりつけ病院を変更したい!

【かかりつけ医院の変更を検討】食物アレルギー経口負荷試験の経歴・疑問点・問題点まとめ

息子が、生後6か月でアナフィラキシーショックを起こして以来、通っているかかりつけの病院(アレルギー科)があります。

生後6か月、粉ミルクでアナフィラキシーショック症状!食物アレルギーが発覚

2018.04.11

しかし今、かかりつけの病院を変えることを検討しています。そして今日、予約を待つこと2か月。新しい病院のアレルギー科に話を聞きに行ってきます。

目次

疑問1.食物アレルギー経口負荷試験で摂取する「量」と「段階」

現在のかかりつけ病院では、食物アレルギー経口負荷試験で食べる量は、1g→3g→10gです。これは、アレルゲンの種類に関わらず一定であり、決められているため臨機応変に変えることはできないと言われていました。

私はずっと、小麦や牛乳の食物アレルギー経口負荷試験で、1gをクリアしても、次が3gという急激なレベルアップに疑問を感じていました。案の定、1gはなんとなくクリアしても、3gでアナフィラキシーショックというパターンなのです、いつも。

1gを食べた時、アナフィラキシーショックまで起こさないにしても、少し肌が赤くなったり、若干かゆそう。しかし中断するまでの症状は出ていないため、続行する。この経緯は理解できますが、次に口に入れる量が、1gの倍以上である3gです。「無理でしょ…」と内心いつも思っていました。

アナフィラキシーショックを起こした経験のある子供に対して、もっと慎重に、少しずつ試して欲しい、これが1つ目の望みです。

疑問2.アレルゲンに関わらず「1gからスタート」

大豆の食物アレルギー経口負荷試験で「豆腐」を1g食べてみる、小麦の食物アレルギー経口負荷試験で「うどん」を1g食べてみる、卵の食物アレルギー経口負荷試験で「ゆでたまご」の「白身」を1g食べてみる、これは良いのです。

アレルゲンに関わらず、食物アレルギー経口負荷試験で食べる量が一定量と決まっているということは、ゴマも1gスタートだったのです。これには驚きました。

アナフィラキシーショックを起こすかもしれない子供に、ゴマ1gからスタート、当然アナフィラキシーショックです。そのまま入院しました。

まずはパラパラと、ゴマが降りかかっている食品を食べても大丈夫なように、数粒から検査したかった、それが本音です。アレルゲンと個人のアレルギーレベルに応じた段階量で、食物アレルギー経口負荷試験を行いたい。これが2つ目の望みです。

食物アレルギー経口負荷試験の履歴

各経口負荷検査の詳細は、1つの食物アレルギー経口負荷試験ずつ、別途経緯をまとめていきたいと思います。

ここでは、時期・アレルゲン・簡易結果のみです。とりあえず私が、今日のアレルギー外来で、今までの経緯を説明できるように、過去資料からまとめます。

2015年2月(1歳3か月頃):「小麦」食物アレルギー経口負荷試験

「うどん」1g、アナフィラキシーショック症状、1gで中断

2015年2月(1歳3か月頃):「大豆」食物アレルギー経口負荷試験

「豆腐」1g、症状なし

「豆腐」3g、症状なし

「豆腐」10g、症状なし

2015年3月、除去解除

2015年6月(1歳半頃):「卵黄」食物アレルギー経口負荷試験

「ゆで卵の黄身」1g、症状なし

「ゆで卵の黄身」3g、症状なし

「ゆで卵の黄身」10g、症状なし

2015年7月まで経過観察、「卵白」の食物アレルギー経口負荷試験を待つ

2015年7月(1歳7か月頃):「卵白」食物アレルギー経口負荷試験

「ゆで卵の白身」1g、症状なし

「ゆで卵の白身」3g、症状なし

「ゆで卵の白身」10g、症状なし

2015年9月まで経過観察、「卵黄」と共に除去解除。

2017年3月まで「卵黄」と共に少しずつ食べて、卵1/2個相当が問題なく摂取できるか様子を見る。

2017年4月から、保育園の給食でも除去解除、これを受けて完全除去解除。

2015年11月(1歳11か月頃):「牛乳」食物アレルギー経口負荷試験

「牛乳」1g、若干の肌症状、口腔内の違和感

「牛乳」3g、皮膚症状、口腔内の違和感、3gで中断、日帰りで処置

2016年5月(2歳半頃):「小麦」食物アレルギー経口負荷試験

「うどん」1g、症状なし

「うどん」3g、皮膚症状、瞼の腫れ、落ち着かず癇癪、泣き、かゆみ、咳などアナフィラキシーショック症状、3gで中断、日帰りで処置

2016年8月(2歳9か月頃):「牛乳」食物アレルギー経口負荷試験

「牛乳」1g、口腔内の違和感、皮膚症状、気分が悪い等の複数症状、1gで中断、日帰りで処置

2017年2月(3歳2か月頃):「ゴマ」食物アレルギー経口負荷試験

「すりゴマ」1g、口腔内の違和感、ゴマの粒々感のせいなのかアレルギーによるものなのか判断できず、続行

「すりゴマ」3g、さすがにスゴイ量で、これはあり得ないと判断、1.5gで実施する許可を得る。

「すりゴマ」1.5g、口腔内の違和感、咳、喘息症状。これは粒々感のせいではなくアレルギー症状だと判断、1.5gで中断。

症状悪化し、入院。

2017年4月(3歳4か月頃):「麦茶」食物アレルギー経口負荷試験

「うすく煮出した麦茶」1ml、本人は「お口痛い」、客観的な症状なし

「うすく煮出した麦茶」3ml、症状なし

「うすく煮出した麦茶」10ml、症状なし

翌日から数日間、便がゆるい。(アレルギーとの因果関係は不明)

2017年6月(3歳半頃):「麦茶」食物アレルギー経口負荷試験

「市販の麦茶」1ml、症状なし

「市販の麦茶」3ml、症状なし

「市販の麦茶」10ml、症状なし

自宅で少しずつ試飲を続ける。

2018年3月から、保育園での「麦茶」摂取を開始、完全除去解除。

2017年8月(3歳8か月頃):「乳成分」食物アレルギー経口負荷試験

「乳成分入りハム」1g、症状なし

「乳成分入りハム」3g、唇の腫れ感が若干あり、因果関係を特定できず、続行

「乳成分入りハム」10g、本人は「お口痛い」、処置なしで終了

以後、乳成分入りハムを自宅で「1/4枚以下」を目安に試食続行中。時々「お口痛い」「お口かゆい」発言あり。

2017年10月(3歳10か月頃):「牛乳」食物アレルギー経口負荷試験

「牛乳」1ml、症状なし

「牛乳」3ml、のどの違和感、皮膚症状が広がり、3mlで中断、日帰りで処置

2017年12月(4歳頃):「小麦」食物アレルギー経口負荷試験

「うどん」1g、症状なし

「うどん」3g、咳き込み、ぐずり、皮膚症状、アナフィラキシーショック症状、3gで中断、日帰りで処置

2018年2月(4歳2か月頃):「大麦」食物アレルギー経口負荷試験

「押し麦ごはん+もち麦ごはん」1g、症状なし

「押し麦ごはん+もち麦ごはん」3g、症状なし

「押し麦ごはん+もち麦ごはん」10g、瞼上・耳たぶ下に赤み、首回りにかゆみ、処置なしで終了

普段の食事で10g以上が頻繁に出てくる食材ではないため、10g以下で自宅で様子を見る。

現在、自宅での食卓に登場していない状況が続く。

疑問3.経口負荷試験「後」の食生活アドバイスがない

そして、食物アレルギー経口負荷試験が終了した後のことが疑問です。

検査でクリアした数グラムを基準として、今後自宅でどのように摂取していくか、大丈夫そうなら自宅での自己判断で量を増やして行って良いのか、食べ方がこれで良いのか。

そもそも、「クリアできた量」って何グラムなのか。

・1週間2~3回食べてみて、大丈夫そうなら同量で週5~10回に増やす。
・大丈夫そうなら、10~20%くらい増量する。
・経口負荷試験で今の状態だと、今の段階で試していくのは調味料レベルですね。

この説明では、実際具体的にどうすれば良いのか、私には正しく分かりませんでした。

「小麦を含むコンソメを1袋だけ使ってみよう。」「乳成分入りのハムをひと欠片食べてみよう。」自己流の毎日は、とても不安です。

これが本当に正しいのか、アレルギー改善の道に進んでいるのか。

もっと自信を持って、対応したい想いでした。

疑問4.今後のプランが不明

今後の検査も含めて、どんな流れになっていくのか。これが分からないのです。

自己流でダラダラ進み、かかりつけ病院とのつながりがなくなってしまうのは怖かったので、次の経口負荷試験の予約を必ず取るようにしてきました。

「半年以上、間隔を開けないと、状況は変わらないだろう。」という時も、指定の月日が流れたら、すぐに経口負荷試験の電話予約を入れてきました。

何をどれだけ食べると、どんな症状になってしまうのか、は検査で把握できました。では今後どうすれば良いのか?

それが分からないのです。それを相談できるアレルギー科にかかりたい!強い決意がありました。

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

アレルギーでも食べられる食品を探したい!

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の栗蒸し羊羹には、小麦が含まれています。
通常の羊羹、秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

★原材料は、商品の最新情報にて、必ずご自身でご確認下さい★

お気軽にコメントをどうぞ