【エピペンポーチの中身】アレルギー緊急対応時の「薬」「書類」等まとめて管理収納

息子は、小麦・乳・ゴマ・ナッツ類の食物アレルギーがあります。

アドレナリン自己注射薬「エピペン」に関して、これまで使用方法・保管方法・エピペンポーチの選び方などをご紹介しましたが、今回は「エピペンポーチの中身」についてまとめました。

ペットボトルケースorカラトリーケースに入れたエピペン

【エピペンの使い方】講習会に参加!食物アレルギー・アナフィラキシーショックに備えて

2018/07/11

エピペンは元々、プラスチック製の携帯用ケースに収納されている状態です。

エピペン使用時は、このケースのワンタッチ押し上げ式の上蓋を開けて、エピペン本体を取り出す仕様です。

この携帯用ケースに入ったエピペンを、そのままエピペンポーチに入れている方が多いと思いますが、私は更に、布製のケースに入れてから、エピペンポーチに収納しています。

エピペンポーチのアレルギーサインカード

【エピペンの管理】保冷ポーチが便利!収納ケースの選び方と特徴

2021/07/01

息子のエピペンポーチは、保冷ランチバッグを活用しているので、エピペン専用ポーチのように、エピペンを留めておくバンド類は付いていません。

それをカバーする意味合いもあります。

・布類に包まれている状態が、保護の役割になる
・エピペンポーチに保冷剤を入れた時に、保護・保温の役割をしてくれる

等の理由で、いったん布類でクッション性と保温性を高めてから、エピペンポーチに入れています。

ハンカチや布ナフキンでエピペンを包んだこともありましたが、いざと言う時に取り出しにくいので却下。

今は、「ペットボトルケース」か「カラトリーケース」を使っています。

【エピペンの管理】冷蔵庫・保冷剤はダメ?保管方法の基本をおさらい

2021/06/30

エピペン管理としては、エピペンポーチ内の温度が15℃より低くなるのを避けるため、「凍った保冷剤」ではなく「冷やした凍っていない保冷剤」を入れるのが鉄則ですが、そうは言っても急いでいると、既に冷凍庫でスタンバイしてある「凍った保冷剤」を使ってしまうことがあります。

そんな時、エピペンがペットボトルケースやカラトリーケースに入って守られていると、「凍った保冷剤」を直接入れても、直に触れるのを防げます。

息子のエピペンポーチには、エピペン以外のアレルギー緊急対応時に必要なアイテムが入っていますが、エピペンだけを持ち歩きたい時に、ポーチからエピペンケースだけを出しても、エピペンがむき出しではないので良い感じです。

ペットボトルケースの良いところ

ペットボトルケースは、内側がアルミシートになっている保冷保温タイプや、結露を防ぐ厚めの素材タイプが多いです。

500mlタイプなら形状も縦長で、細長いエピペンが入ります。

保冷剤で冷えたエピペンポーチ内でも、ペットボトルケースに入ったエピペンは冷えすぎずに済みます。

ボトルケースは、ネット通販や100円ショップで、安くて良い物がたくさん出回っています。

ショルダーベルトが付いている場合は外して、口を閉める紐だけ残っている状態にすると、ポーチに収納しやすいです。

カラトリーケースの良いところ

布製の細長い巾着型のカラトリーケースは、ペットボトルケースよりエピペンの出し入れが楽で、ポーチに収めやすいです。

可愛い生地で手作りされたハンドメイド品も出回っているので、お気に入りの柄を見つけることができます。

この手軽さに慣れた最近は、カラトリーケースにエピペンを入れて、ポーチに収納しています。

食物アレルギー緊急対応マニュアル

息子のエピペンポーチには、エピペン以外に、アレルギー緊急対応時に必要になるものが一式入っています。

その1つが、「食物アレルギー緊急対応マニュアル」です。

自分のカバン等に入れて携帯している「A4用紙の印刷物」ではなく、ハンドブック型の携帯版です。

3つ折りに折り畳めるタイプで、折り畳むと母子手帳サイズになり、携帯に便利です。
※確か昔、病院でもらいました。

3つ折りにした状態でそのまま、エピペンポーチに入れることができます。

この小さいタイプが手元にない場合は、既に持っているマニュアルを折りたたむか、縮小コピー版を入れておく手もあります。

【事例】食物アレルギー緊急時マニュアルを学校で作成!給食の誤食対応・エピペン使用時に備えて

2021/03/01

エピペンポーチに「食物アレルギー緊急対応マニュアル」が入っていれば、いざと言う時に、エピペン使用タイミングが客観的に把握できます。

エピペン取扱い説明書

エピペンと一緒に、「エピペン取扱い説明書」が添えてあります。

エピペン処方時にもらえる、薄い黄色い用紙です。

メーカー発行の取り扱い説明書が備えてあれば、安心できます。

誤食・皮膚症状を発症した時の内服薬

実際、エピペンポーチの中身の中で一番、使用率が高いのが「内服薬」です。

食物アレルギー事故は、件数や頻度で言うと、エピペンの出番となるアナフィラキシー(ショックを含む)症状よりも、粘膜の違和感・皮膚症状などの発症例が多いと思います。

現に、息子が保育園で誤食事件が起きた時も、アレルギー経口負荷試験で痒みと皮膚症状が出た時も、エピペンではなく内服薬を使用しました。

この内服薬。

エピペン保有者の場合、エピペンポーチに一緒に入れておくのがお勧めです。

内服薬で済むか、エピペン使用レベルに移行するか、誤食に気が付いた最初は分からない。パニックであたふたしても、判断力を失っても、とにかくエピペンポーチを持ってくる!という対応ができます。

とにかくエピペンポーチが手元にあれば、アレルギー緊急対応の初期処置ができる!という準備ができます。

与薬依頼書

【小学校入学・就学準備】学校給食の食物アレルギー対応「提出書類」まとめ

2021/02/09

保護者と離れた集団生活でも、エピペンや内服薬がすぐに使えるように、エピペンポーチには投薬に必要な書類も入れておく必要があります。

保育園時代は、保育園指定の与薬依頼書。小学校時代は、小学校指定の与薬依頼書です。

与薬依頼書は通常、風邪や化膿止めなどに必要な薬(抗生剤など)について、いつ・どのタイミングで・何の薬を飲ませるか?という情報を書いて、当日提出する事例が多いと思います。

だけど、アレルギー対応の場合は、投薬・内服のタイミングの予測はできないので、

いつ: アレルギー発症時
どのタイミングで: アレルギー緊急対応マニュアル通り
対象の薬: 内服薬(薬名を明記)、エピペン

という内容で記入した与薬依頼書を事前に作成します。

このアレルギー対応用「与薬依頼書」の保管先は、施設・団体・機関によって違いました。

保育園では、エピペンと一緒に毎日持参、つまり「エピペンポーチの中に入れておく」指定でした。

小学校では、保健室保管、つまり「エピペンポーチの中には入れていない」状態です。

因みに、おやつを食べる機会があった療育や放課後等デイサービスでは、書類はエピペンポーチ内ではなく事務所保管でした。

凍っていない、冷たい保冷剤(夏場のみ)

真夏の外出の場合は、エピペンポーチに、「冷たくした保冷剤」を一緒に入れます。

保冷剤は「冷凍」ではなく、「冷蔵」で冷えだけの柔らかい状態です。これをハンカチ等で包みます。

ハンカチ等で包む時間がない時、忘れてしまう時、包んでも冷えすぎかと感じる時などがあるので、(上述の通り)予めエピペンの方を布製ケースに入れておくと便利です。

エピペンポーチの中身まとめ

ゴマ!胡麻!ごま!誤食!原材料のアレルゲン表記を見落とす。

2019/01/11

実際、保育園で誤食事故が起こった時は、一報を受けた園長先生が「赤いポーチ(=息子のエピペンポーチ)」を事務所の戸棚から取り出すところから、スムーズに対応できました。

このように、エピペンポーチには、アレルギー緊急対応時に必要になるものを一式、まとめて入れておくと、いざと言う時に役立ちます。


ブログランキングにも参加しています。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がります。
体験談やアレルギー対応食品を探している方に見つけてもらう機会に繋がります。


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

管理人の幸ゆきこです。 関東在住、1児の母。 病気や出産を機に、働き方改革。20年以上いたIT業界を卒業、独立してライター業などこなしつつ、発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)育児・アレルギー児育児に向き合っています。 誰かの何かの役に立つように…そんな想いで、自分のブログサイトでは悩みや経験を発信しています。