エピペンの使い方■講習を受けました■食物アレルギー・アナフィラキシーショックに備えて

【エピペンの使い方】講習を受けました~アナフィラキシーショックに備えて~

4歳の息子は、クルミ経口負荷試験で、アナフィラキシーショックを起こしました。

エピペンの使い方について、講習を受けました。

自分のサイトを見れば、エピペンの使い方が分かるように、簡潔な一文を使ってまとめました。

エピペンの種類

左:練習用トレーナー、右:黄緑ラベルの「15kg~30kg未満」用

ケース入り、黄色ラベル

  • 目安体重30kg以上
  • 注射液0.3mg

ケース入り、黄緑ラベル

  • 目安体重15kg~30kg未満
  • 注射液0.15mg

練習用トレーナー

  • ケースなし
  • 注射液なし、針なし

【症状チェック】1つでも当てはまればエピペンを使う!

食物アレルギー緊急時対応マニュアルより

躊躇しない!5分以内に判断!

全身の症状

□ぐったり
□意識もうろう
□尿や便を漏らす
□脈が触れにくい、または不規則
□唇や爪が青白い

呼吸器の症状

□のどや胸が締め付けられる
□声がかすれる
□犬が吠えるほうな咳
□息がしにくい
□持続する強い咳き込む
□ゼーゼーする呼吸(喘息発作と区別できない場合を含む)

消化器の症状

□持続する強い(我慢できない)お腹の痛み
□繰り返し吐き続ける

エピペンのラベルを確認

エピペンを処方された患者のエピペンケースには、必ずラベルが付いています。

  • エピペンの患者情報を確認!
  • 本人のエピペンであることを確認!

エピペンの使い方

1.ケースから取り出し、青いキャップを外す

  • 外したキャップの置き場は、どこでもいい
  • とにかく注射の準備

2.利き手で握る

  • オレンジが下
  • 青いキャップが上
  • 親指はかけないで握る

3.太ももにオレンジ部分を当てる

  • 太もも:中央でもなく、真横でもなく、筋肉のところ
  • ジーンズでも大丈夫
  • ズボンのままでも大丈夫

※暴れる子供は、押さえつける。
※針が刺さった状態で動くと、皮膚が切り裂けるから、足を動かさないように。

5.グっと押し込み、5秒数える

  • パニック時は、時間がわからない
  • とにかく5秒数えれば、薬液は注入されたはず

6.外して、オレンジ部分が伸びているか確認

  • オレンジ部分(ニードルカバー)が伸びていれば、注射は完了
  • オレンジ部分が伸びていなければ、完了していない →もう一度、注射

7.患部をもむ

  • 絆創膏を貼らなくて大丈夫
  • 打った場所に、母指球(親指の下のふくらんでいる所)辺りを当て、グリグリともむ

8.エピペンをしまう

エピペン ガイドブックより

  • エピペンをケースに戻す
  • 蓋はしまらなくてOK
  • 青い安全キャップは、しなくてOK

【練習用の場合】エピペンの片づけ

  • オレンジ部分(ニードルカバー)の両側上部を押しながら、本体に押し込む
  • 青いキャップをはめる

エピペンを使ったら、同時に、救急車を呼ぶ

  • 自分の車じゃダメ
  • 119番通報

エピペンを使ったら、絶対に立たせない、歩かせない

  • 起きたら、顔面蒼白・一気に悪化するぞ
  • 「トイレに行きたい」と言われたら、その場で漏していい

息子も「トイレに行きたい」でエピペン2本目を打つ参事になった。

横浜で亡くなった女の子も「トイレに行きたい」でトイレで倒れた。(主治医談)

【アナフィラキシーショックに備えて】

エピペン(ボスミン注射)の跡

小さな子供は、「注射」という医師や周囲の言葉だけで、泣き叫び暴れる場合があります。

いざという時に、適切な処置をするためにも、普段の訓練が必要だと感じました。

普段から、エピペンを身近なものとし、恐怖心ではなく安心感を与えるものにしなくてはならない。

今日から毎日、息子と共に、エピペンの練習をします。

折りたたんで携帯できるマニュアル

そして、エピペンと共に、携帯させる資料の準備をします。

エピペン関連サイト

公式エピペンサイトの他、見やすいと思った都道府県のマニュアル(pdf形式)のリンクです。

パニック時に、iphoneを見ることはできません。マニュアルは、カラー印刷&エピペンと一緒に携帯するのがオススメです。

【公式】エピペンサイト
https://www.epipen.jp/

<東京都>食物アレルギー緊急時対応マニュアル
食物アレルギー緊急時対応マニュアル

<大阪府>柏原羽曳野藤井寺消防組合 講習会マニュアル
エピペンの使い方 かんたんガイドブック

自分の経験を誰かのために。ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す