1gスタートってどうなの?食物アレルギー経口負荷試験の履歴

息子は、食物アレルギー。幼い頃から、経口負荷試験を受けてきました。

今回ご紹介するのは、食べる最小量が「1gスタート」しか選択肢がなかった、経口負荷試験の履歴です。

対象アレルゲン、検査時期、簡易結果をまとめました。

※当時、記録メモを残した検査については、別途詳細をまとめます。

[1]「小麦」アレルギー経口負荷試験(1歳前半)

■対象アレルギー
 小麦アレルギー

■検査で使う食品
 うどん

■検査結果・症状
 うどん「1g」 → アナフィラキシーショック症状

 ※3g、10gのステップは中止。

初めての経口負荷試験で、強いアレルギー症状。息子はまだ1歳。記録どころか、もはや記憶もありません。

ただ、アレルギー関連ノートに1行だけ、『うどん1gでアナフィラキシーショック症状』と書いたページが、後から見つかりました。

きっと私も動揺したに違いないけど、この時の記憶は全くありません。

[2]「大豆」アレルギー経口負荷試験(1歳前半)

■対象アレルギー
 大豆アレルギー

■検査で食べる食品
 豆腐

■検査結果・症状
「豆腐」1g、症状なし

「豆腐」3g、症状なし

「豆腐」10g、症状なし

■その後
 保育園入園を控えた1歳半頃、除去解除

[3]「卵黄」アレルギー経口負荷試験(1歳半頃)

■対象アレルギー
 卵アレルギー

■検査で食べる食品
 ゆで卵・卵黄(黄身)

■検査結果・症状
「ゆで卵の黄身」1g、症状なし

「ゆで卵の黄身」3g、症状なし

「ゆで卵の黄身」10g、症状なし

■その後
 1ケ月ほど、完全除去のまま経過観察。
 「卵白」の食物アレルギー経口負荷試験を待つ。

[4]「卵白」アレルギー経口負荷試験(1歳半頃)

■対象アレルギー
 卵アレルギー

■検査で食べる食品
 ゆで卵・卵白(白身)

■検査結果・症状
「ゆで卵の白身」1g、症状なし

「ゆで卵の白身」3g、症状なし

「ゆで卵の白身」10g、症状なし

■その後
 2ヶ月ほど、完全除去のまま経過観察。
 その後、卵1/3相当量を上限に、少しずつ食べる。
 「卵黄」と共に少しずつ食べて、卵1/2個相当が問題なく摂取できるか確認。
 保育園3歳児クラスに進級する頃、「卵」の除去解除

[5]「牛乳」アレルギー経口負荷試験(1歳後半)

■対象アレルギー
 乳アレルギー

■検査で食べる食品
 牛乳

■検査結果・症状
「牛乳」1g → 若干の肌症状、口腔内の違和感

「牛乳」3g → 皮膚症状、口腔内の違和感

 ※3gで中断、10gのステップは中止
 ※日帰りで処置

[6]「小麦」アレルギー経口負荷試験(2歳半頃)

<詳細記録を取りまとめ中・後日公開予定>

■対象アレルギー
 小麦アレルギー

■検査で食べる食品
 うどん

■検査結果・症状
「うどん」1g → 症状なし

「うどん」3g → 皮膚症状、瞼の腫れ、落ち着かず癇癪、泣く。

かゆみ、咳き込みに至り、アナフィラキシーショック症状。

※3gで中断、10gのステップは中止
※日帰りで処置

[7]「牛乳」アレルギー経口負荷試験(2歳後半)

<詳細記録を取りまとめ中・後日公開予定>

■対象アレルギー:
 乳アレルギー

■検査で食べる食品
 牛乳

■検査結果・症状
「牛乳」1g → 口腔内の違和感、皮膚症状、気分が悪い等の複数症状。

※1gで中断、3g・10gのステップは中止。
※日帰りで処置

■その後
 当日の夜、大泣き・高熱。
 1年後に、再検査(再負荷試験)。

[8]「ゴマ」アレルギー経口負荷試験(3歳前半)

■対象アレルギー
 ごまアレルギー

■検査で食べる食品
 すりごま(白)

■検査結果・症状
「すりごま」1g → 口腔内の違和感、ゴマの粒々感のせいなのかアレルギーによるものなのか判断できず、続行。

「すりごま」3g → さすがにスゴイ量で、これはあり得ないと判断。異議を申し立て。半量「1.5g」で実施する許可を得る。

「すりごま」1.5g → 口腔内の違和感、咳、喘息症状、アナフィラキシーショック症状。

※1.5gで中断、3g・10gのステップは中止。
※症状悪化し、入院。

[9] 煮出した麦茶で「大麦」アレルギー経口負荷試験(3歳前半)

■対象アレルギー
 大麦アレルギー

■検査で食べる食品
 薄く煮出した麦茶

■検査結果・症状
「麦茶」1ml → 本人は「お口痛い」、客観的な症状なし

「麦茶」3ml → 症状なし

「麦茶」10ml → 症状なし

■その後
 翌日から数日間、便がゆるい。(アレルギーとの因果関係は不明)
 麦茶の検査(2回目)にて、「市販の麦茶」で試すことに。

[10]市販の麦茶で「大麦」アレルギー経口負荷試験(3歳半頃)

【麦茶アレルギー対応】赤ちゃんの症状~完全除去解除までの記録

2018/11/28

■対象アレルギー
 大麦アレルギー

■検査で食べる食品
 市販のペットボトル麦茶

■検査結果・症状
「市販の麦茶」1ml、症状なし

「市販の麦茶」3ml、症状なし

「市販の麦茶」10ml、症状なし

■その後
 自宅で少しずつ試飲を続ける。
 保育園4歳児クラスへ進級の頃、保育園で「麦茶」摂取を開始。
 このタイミングで、完全除去解除

[11]乳成分入りハムで「乳」アレルギー経口負荷試験(3歳後半)

■対象アレルギー
 乳アレルギー

■検査で食べる食品
 乳成分入りハム

■検査結果・症状
「ハム」1g → 症状なし

「ハム」3g → 唇の腫れ感が若干あり、因果関係を特定できず、続行。

「ハム」10g → 本人は「お口痛い」と言う。処置なしで終了。

■その後
以後、乳成分入りハムを自宅で「1/4枚以下」を目安に試食続行。
時々「お口痛い」「お口かゆい」発言があったため、”あえて食べる”ことを終了。

[12]牛乳で「乳」アレルギー経口負荷試験(3歳後半)

■対象アレルギー
 乳アレルギー

■検査で食べる食品
 牛乳
 ※前回の経口負荷試験から1年が経過し、再挑戦。

■検査結果・症状
「牛乳」1ml → 症状なし

「牛乳」3ml → のどの違和感、皮膚症状が広がる。

※3mlで中断、10gのステップは中止。
※日帰りで処置

[13]「小麦」アレルギー経口負荷試験(4歳前半)

■対象アレルギー
 小麦アレルギー

■検査で食べる食品
 うどん

■検査結果・症状
「うどん」1g → 症状なし

「うどん」3g → 咳き込み、ぐずり、皮膚症状、アナフィラキシーショック症状。

※3gで中断、10gのステップは中止。
※日帰りで処置

[14]麦飯で「大麦」アレルギー経口負荷試験(4歳前半)

大麦アレルギー経口負荷試験の記録・麦ごはん100%で検査に挑む!

2018/11/29

■対象アレルギー
 大麦アレルギー

■検査で食べる食品
 麦100%ごはん(押し麦ごはん+もち麦ごはん)

■検査結果・症状
「麦100%ごはん」1g、症状なし

「麦100%ごはん」3g、症状なし

「麦100%ごはん」10g、瞼上・耳たぶ下に赤み、首回りにかゆみ。処置なしで終了。

■診断・その後
普段の食事で「10g以上」が頻繁に出てくる食材ではないため、10g以下で自宅で様子を見る。

結局、自宅での食卓に登場していない状況が続く。
普段は、「麦茶」のみ摂取。

食物アレルギーの経口負荷試験で「1gスタート」ってどうなの!?

以上、息子は4歳数カ月にして、14回の経口負荷試験を受けました。

ここで、黙々と頑張ってきた私にも、疑問が沸々と湧き上がります。ストレス限界、爆発寸前とは、このことか。

1歳の子に、突然「1g」を食べさせるってどうなの?

アレルギー症状が出る可能性があるのに、最初から「1g」を食べるって多くない!?

アナフィラキシーショック経験もあるのに、「1gスタート」って、やっぱりオカシイ!

うどん1gは理解できても、ごま1gってスゴイ量!!

経口負荷試験の結果を見れば分かる通り、アレルギーだった「小麦・乳・ごま」は、1gでも症状が出るし、次のステップが3gなんてあり得ないんです。

食物アレルギー経口負荷試験による重篤や死亡例をこれ以上増やす前に、スタート量は個々に”処方”するべきです!

食物アレルギー経口負荷試験で見えた問題点まとめ!かかりつけ病院を変更する理由

2018/06/05

というわけで、食物アレルギーのかかりつけ病院を変えたのは、息子が4歳の時でした。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください