大麦アレルギー経口負荷試験の記録(食物摂取検査1g+3g+10g)|麦ごはん100%で検査に挑む!

大麦アレルギー経口負荷試験の記録(食物摂取検査1g+3g+10g)|麦ごはん100%で検査に挑む!

完全除去していた「麦茶」の経口負荷試験を無事にクリアし、麦茶の経口免疫療法を進めた結果、麦茶を飲んでもアレルギー症状が出ない事が分かりました。

2018年2月、保育園に「麦茶の除去解除申請」を提出する前に、やりたかったこと。

それが、大麦アレルギー経口負荷試験です。

【麦茶アレルギー対応】赤ちゃんの症状~完全除去解除までの道のり

2018/11/28

病院でも前例がなかった

アレルギーっ子のごはんとおやつ 卵なし牛乳なし小麦粉なしでも、家族でいっしょの工夫 [ 主婦の友社 ]

価格:1,512円
(2018/11/29 16:22時点)


麦茶の原料である「大麦」で、経口負荷試験をやりたいー。

アレルギー科の先生に、それを伝えた時、逆に「構いませんけど、なんの食べ物でやりましょうか?」と聞かれました。

地域の救急病院としても有名で、大きな総合病院でしたが、アレルギー科として「大麦」の食物経口負荷試験の前例はありませんでした。

麦ごはん100%でやろうと思っています。」と伝えました。

大麦100%の検査のために用意したもの

食物経口負荷試験では、なるべく混じりけのないアレルゲンで検査しなければなりません。

可能な限り「大麦100%」を実現するために、はくばくの「もち麦」と「押し麦」を購入しました。

「もち麦」と「押し麦」は、どちらも「大麦」です。「押し麦」だけで炊くとパサパサになること必須だったので、モチモチ感のある「もち麦」も混ぜることにしました。

うるち米 うるち種
もち米 もち種
大麦 押し麦 うるち種
もち麦 もち種
小麦

お米を混ぜずに、大麦だけの「麦ごはん」を作ります。

「押し麦」と「もち麦」だけで炊く

「押し麦」と「もち麦」は、分包になっているので、それぞれ1本ずつ・合計2本を使って炊きました。

1本(50g)あたり100mlの水、つまり2本で200mlの水。心持ち(1目盛りくらい)水分を足して、炊飯器のスイッチオン。

「もち麦」の方がふっくらしていました。

混ぜて食べてみると、口に入れた瞬間、大麦の香りが広がります。

パサパサせずに、成功です。これなら、経口負荷試験を受ける4歳児も、口に入れてくれるでしょう。

「麦ごはん100%」を持参

食物経口負荷試験、当日。

小さな保存容器に、炊いて作った「麦ごはん100%」を入れて、病院に持参しました。

大麦アレルギー経口負荷試験

食物アレルギー経口負荷試験の履歴まとめ。見えてきた問題点・疑問点。かかりつけ病院を変更したい!

2018/06/05

1回目:9:30「押し麦ごはん+もち麦ごはん」1g

1時間が経過して、時刻は10:34、アレルギー症状なし。

特に変わった様子はなく、絵本を読んだり、窓から外を眺めたりして凌ぎました。

2回目:10:36「押し麦ごはん+もち麦ごはん」3g

1時間が経過して、時刻は11:38、アレルギー症状なし。

特に変わった様子はなく、外来ロビーの椅子で手遊びなどをして過ごしました。

3回目:11:43「押し麦ごはん+もち麦ごはん」10g

20分が経過する頃、息子が首回りをポリポリ掻きだしました。病院の中は暖房が効いて暑いので、汗ばんだ影響かもしれないと思い、少し様子を見ました。

30分が経過する頃、まぶたの上・耳たぶ下に赤みが出てきたので、アレルギー症状が出たことを認識しました。看護師さんに状況を伝えるも、先生が入院患者の往診で不在、すぐには見てもらえず。

摂取終了:12:40頃

結局1時間が経過して、時刻は12:40頃、診察。

皮膚の赤みは残っていて、本人は首をポリポリ掻いているため首も赤くなっていました。しかし、それ以上の症状はなく、「待合い室で経過観察」となりました。

もしも、ここで何も症状が出ていない場合は、この時点で検査終了です。

経過観察終了:13:38

皮膚の赤みは、引いてきました。

1時間前のあの状態が、症状のピークと判断し、処置なしで終了しました。

大麦経口負荷試験の判定

3日間の経過観察を行い、特に変わったことはありませんでした。

後日、経口負荷試験後3日間の観察記録を持参して、判定を仰ぎました。

日常生活、つまり普段の食事において「大麦」は、10g以上が頻繁に出てくる食材ではないため、10g以下を守りながら自宅で様子を見る。

という判断になりました。

大麦アレルギーの経口負荷試験としては、(微妙ですが)クリアしました。

大麦アレルギー検査を終えて

【麦茶アレルギー対応】赤ちゃんの症状~完全除去解除までの道のり

2018/11/28

大麦10g以上を摂取した場合は怪しいですが、これによって「麦茶」は問題ないと判断できました。

「麦茶」の成分表を見ると、含まれる「たんぱく質」は0g。

小麦のタンパク質(「グルテン」:グリアジン、グルテニン)と、大麦のタンパク質(ホルデイン)は交差反応を起こしやすいと言われていますが、「麦茶」にタンパク質が入り込んでいる可能性は低く、仮に微量が含まれたとしても、大麦10g相当のタンパク質が入り込むことは、まずないでしょう。

だから、1日に麦茶をコップ数杯、飲んだからと言って、アレルギー症状が出ることはないと判断できました。

晴れて、「麦茶」は、完全除去解除となりました。

「大麦」は、わざわざ、あえては摂取していません。最近は、「麦みそ」「麦珈琲」など、大麦を意識していない所に、大麦が含有されているので要注意です。息子がもう少し成長したら、「とりあえずビール!」に備えて、大麦アレルギー対策が必要です。


自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お気軽にコメントをどうぞ