クルミ経口負荷試験でアナフィラキシーショック!ナッツアレルギーへの警戒開始(4歳7か月)

くるみ経口負荷試験でアナフィラキシーショック!ナッツアレルギーへの警戒開始

アレルギー経口負荷試験の様子を綴ったブログです。

2018年7月、クルミの経口負荷試験を実施しました。

残念ながら、アナフィラキシーショックを起こしました。結果的に、ボスミン注射(エピペンの注射版)を2回打つ重症でした。

現時点のアレルギー種類と状況

4歳7か月現在

小麦

  • 完全除去
  • 2018年7月下旬に、0.1gの経口負荷試験を予定
  • その後、0.1gの経口免疫療法へ

  • 完全除去
  • 0.4gの経口免疫療法中

ごま

  • 完全除去

ナッツ類

  • アーモンド・プードルのみ摂取経験あり(症状なし)
  • その他は未摂取
  • アレルギー血液検査結果は、小麦・乳の同等レベル

→自宅で初めて食べるのは危険であり、アレルギー経口負荷試験が必要。

クラス4-5が並んだアレルギー血液検査の結果。小麦/乳/ごまアレルギー児(4歳)の今後の計画できました!

2018.07.07

クルミ経口負荷試験は入院で対応

 

息子の場合、過去のアレルギー経口負荷試験の履歴から、クルミ経口負荷試験を「外来」対応で実施するのは危険と判断されました。

「日帰り入院」で実施しました。

外来で、検温・体重測定・血圧測定を済ませ、いよいよ病室へ。

アレルギー経口負荷試験は、時間がかかるため、お気に入りのオモチャ・幼虫図鑑・折り紙・お絵描きグッズを持ち込みました。

発達凹凸グレーゾーン4歳の本棚は図鑑だらけ。「心豊かに」願って絵本を買いに行ったが幼虫図鑑

2018.06.10

クルミ経口負荷試験の方法

砕いたクルミを使用します。

20分毎に、0.1g・0.2g・0.5g・1g・2g・・・と、合計5回、全3.8gを食べる検査です。

アレルギー反応が出た時点、もしくは規定量まで食べられた時点で、検査は終了です。

クルミ経口負荷試験の準備

経皮感作によるアレルギー発症のメカニズムが、解明されてきた現在において、アレルギーっ子の皮膚状態をキレイに保つことは必須です。

そして、なるべくアレルゲンが、皮膚につかないようにすること。これが大事です。

「泡立て講座」で警戒心を和らげる

 

まずは基本中の基本、ゴシゴシせずにフワフワの泡で優しく洗う事の大切さについて、説明を受けました。

次に、ボディソープをビニールに入れて、振って泡立てる実習をしました。

息子も楽しく、フリフリ。

クルミ経口負荷試験への警戒心が、少し和らぎました。

食べる前に「プロペト」を塗る

いよいよ砕いたクルミ「0.1g」が運ばれてきました。

アレルゲンが出来るだけ直接つかないように、予め処方されて渡されたプロペト(白色ワセリンを精製した物)を口周りに塗りました。

準備完了です。

経口負荷試験1回目・クルミ0.1g

9:30過ぎ頃。砕いたクルミ「0.1g」をスプーンで食べました。

ゆきまる
お口かゆい。

と言うので、お水を飲み、ブクブクうがいをしました。

9:50頃には、「かゆくない」と言っていました。

幼虫図鑑を見ながら、お絵描きをする余裕がありました。

経口負荷試験2回目・クルミ0.2g

粒々のクルミだけでは食べにくいし、口腔粘膜に直接刺激してしまうため、看護師さんがジャムを持ってきてくれました。

10:00頃、砕いたクルミ「0.2g」を、ジャムと一緒にスプーンで食べました。

ゆきまる
さっきより、かゆくない。

ドキドキしながらも、口腔内の過敏だけで、お腹に入れちゃえば大丈夫かも?と少し期待しました。

経口負荷試験3回目・クルミ0.5g

10:20頃、砕いたクルミ「0.5g」を、ジャムと一緒にスプーンで食べました。

暫くは症状はありませんでした。

10:30頃、「ウンチ」と言うのでトイレに行きました。

無事に排便したものの、喉をボリボリ掻いているではありませんか。

見ると、首にすっごい蕁麻疹!

経口負荷試験は終了

慌てて病室に戻り、「蕁麻疹が出てきました!」

医師と看護師さんに、息子の体を見せました。目の周りにも、プクプクと蕁麻疹が出始めています。

この時は、まだ本人は、「かゆい」と言いながら、あちこちをポリポリ掻いている程度。

私も、皮膚症状だけで咳が出ていなかったため、まだ精神的には余裕がありました。

小麦・乳・ゴマの経口負荷試験では、必ず蕁麻疹と共に咳が出始めて「ヤバイ」と思えるタイミングがあったからです。

医師も、皮膚症状だけだったら「怖い症状ではない。様子を見ましょう。」という姿勢でした。

クルミ経口負荷試験は、全量0.8g(0.1g+0.2g+0.5g)を食べた段階で、終了です。

蕁麻疹が悪化・広がる

 

11:00頃、蕁麻疹は、ひざ裏・お腹全体・耳下などに広がりました。

経過観察、写真撮影(記録)は、ここまでです。

(あとは思い出すだけでもドキドキします。)

我慢できない痒みに暴れる

息子は、痒みが我慢できず、グズリながらあちこち引っ掻く。

医師、看護師、私の総出で、息子の体をなでなで、なでなで、痒みを和らげる対処。

医師、「薬、飲みましょう。」

黄色い粉薬(アタラックス-P散10%)を水に溶いて、注射型のスポイトで、息子の口に注入。

アナフィラキシーショック症状(1回目)

頓服薬を飲み、「もうすぐカユイカユイなくなるからね。」と励ましていると、急にコテっと寝てしまった。

あれ?あんなに痒がっていたのに、急に寝ちゃった?

医師、「ボスミン注射!」(看護師に向かって叫ぶ)

医師、「お母さん、注射します。エピペンと一緒です。いいですね?」

ゆきこ(母)
あ、あ、はい。

医師、「ゆき君!ゆき君!注射するよー。」(息子のホッペを軽くペチペチしながら)

息子は、先生の呼びかけと「注射」という単語に反応して、目を開けました。

ゆきこ(母)
寝かせないようにすればいいんですか?

医師、「今の状態だと、眠ったのか、意識なくなったのか、分からないから。意識なくして心肺停止が一番怖いから。とにかく意識を戻して。」

あれよあれよで、太ももに注射。

ゆきまる
注射しない、注射イヤだ、しなくていいー
ゆきこ(母)
(抱きしめながら)もう終わったよ。

体内酸素と脈拍のモニターを付けて、絶対監視体制になりました。

少し落ち着くも食事はできず

息子は、寝てしまいました。

ゆきこ(母)
もう、このまま寝てても大丈夫ですか?
医師
肺とお腹を動かしながら寝てるから、大丈夫ですよ。

安泰ですが、顔色は悪いです。唇の色が悪いです。

酸素濃度は、始めから悪くなかったです。

この時、もうお昼は過ぎたのだろうか?と思いながら時計を見たのを覚えています。

12:15頃でした。

付添い食として頼んでいた私の昼食が、既に運ばれていましたが、まったく食欲がなく、食べられませんでした。

息子の昼食は、せっかくのアレルギー対応食でしたが、食べられる状況ではありませんでした。

子供向けに作ってくれた低アレルゲンメニューの病院食。

おにぎりの顔に和まされ、「あとで息子に見せてあげよう。」と思い、写真を撮りました。

アナフィラキシーショック症状(2回目)★絶対やってはいけない事

12:30過ぎ頃でしょうか。

息子が目を開けて、「お腹痛い。ウンチ行く。」と言って、起き上がろうとしました。

顔色も唇の色も、血の気が戻ってきたから、もう大丈夫かな?

病室の外にいる看護師さんに、トイレに行く許可をもらおうと思い、息子を抱っこして病室の外に出ました。

この縦抱っこがいけなかった。

息子の顔がみるみる青ざめて、戻りかけていた血の気が、サーっと一気に引いてしまった。

焦ってベッドに戻りました。

すると、起きていたのに、急にまた、コテっと寝てしまったのです。

医師、「ゆき君!ゆき君!」(息子のホッペを軽くペチペチしながら)

私は、その様子を見て、また意識を失ってしまったのかと、オロオロ。

結果、ショック症状と区別がつかない中、心肺停止しては困ると判断され、2回目のボスミン注射(エピペンの注射版)をしました。

このせいで、息子に余計な負荷をかけてしまった。本当にごめん。

エピペンの使い方■講習を受けました■食物アレルギー・アナフィラキシーショックに備えて

2018.07.11

容態が落ち着いて、再び息子が(本当に)眠った時間を利用して、エピペン講習を受けました。

それで分かった事ですが、エピペンを使った後は、絶対に立ち上がったり、起こしてはいけません。

アドレナリン注射によって、血液が心臓に集まろうとしている中で、頭を起こしてしまうと、一気に血の気が引いてしまうようです。

激しい嘔吐(1回目)

13:00頃か。

目を覚ました息子は、機嫌が悪く、ずっとグズっていました。

ふと、咳き込んだ時、一気に吐いた。

さっき頓服薬として飲んだ、黄色い薬と、粒々のクルミが全部出てきた。

本人は、ちょっとスッキリした感じでした。

着替え。

そして、またちょっと吐いた。粒々のクルミと透明の粘液。

着替え。

本人は、スッキリした感じでした。

激しい嘔吐(2回目)

14:00頃か。

少し寝ていたのに、ムクっと起きて、咳き込むと同時に、また吐いた!

今度は、朝食で食べたほうれん草まで出てきました。

「これで、全部、出切ったでしょう。」医師は言いました。

貧血が続く

食べたクルミは、全部出してしまい、アレルゲンはほとんど体内にいなくなったか。

息子の元気が、ようやく少しずつ戻ってきました。

しかし、調子に乗って、起き上がると、あっという間に、唇と舌の色が白っぽくなり、顔が青ざめる。

ゆきこ(母)
ダメだ。まだ横になってないと。

横になったまま、お話ししながら、過ごしました。

トイレも行かない、エピペンの後は。もう覚えました。

病院の売店で、ビックサイズのオムツを買ってきて、息子にはかせました。しかも女の子用。

(オムツのビックサイズは売れないから、在庫がないらしい。男の子用は先日売れちゃって、女の子用しかなかったのです。)

主治医の診断

アレルギー治療の計画を立ててくれている主治医は、この日、入院対応の経口負荷試験ではなく、外来の対応に出ていました。

主治医が、外来を終えて、この病室に来て診察してくれるのは、夕方16:00頃の予定です。

ベッドの上で、16:00になるのを待ちました。

クルミは完全除去

アレルギー治療のベテランである主治医が、息子のもとに来てくれたのは、16:30頃でした。

医師
(ちょっとニヤけて)入院対応でやってよかったでしょ。

先生が、「危険だから、外来ではなく入院で」と事前に判断してくれたため、アナフィラキシーショック症状でパニックになりつつも、経口負荷試験担当の医師が張り付き、担当の看護師に囲まれた状態で実施できたことは、パニック中の幸いでした。

医師
クルミは、暫く完全除去だね。

小麦の経口免疫療法が落ち着いたら、クルミの0.1g負荷試験(0.1g×5回の外来対応)を受けて、クルミの経口免疫療法について考えることになりました。

日帰り入院でOK

ゆきこ(母)
このまま入院した方がいいですか?
医師
この後、アレルギー症状が出るとは思えないから、自分で立てるようになったら、帰宅でいいと思いますよ。17:30の時点で判断するから、外来まで来て。

17:30頃になると、息子はベッドの上に座れるようになりました。

スタスタ歩くのは、ちょっと無理ですが、頭を起こして座っても、貧血を起こさなくなりました。

そして、外来へ行き、主治医のもとへ。

医師
大丈夫そうね。

よかった…。

息子も回復し、病院に泊まらず、日帰り入院で済みました。

嘔吐の影響、低血糖

しかし、なぜかグズリ出す息子。

朝食で食べた物も吐き出し、クルミも吐き出し、昼食も取らず、胃は空っぽ。

医師
低血糖じゃない?本人の食欲があれば食べていいわよ。

クルミ・アナフィラキシーショック事後

入院に備えていた大荷物と、息子を抱えて、車に乗り込むのも大変でしたが、なんとか帰宅しました。

帰宅後、お腹が空いた息子は、作ってあげたお粥をたくさん食べました。

翌日は、念のため、保育園を休みました。

クルミ科のピーカンナッツ(ペカン)も、かなり警戒が必要かもしれない。

そう思いながらも、頑張った息子と一緒に、ゆっくり過ごしました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の羊羹には、小麦が含まれています。
秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

お気軽にコメントをどうぞ