発達凹凸グレーゾーン4歳の本棚は図鑑だらけ。「心豊かに」願って絵本を買いに行ったが幼虫図鑑

発達に凹凸のある4歳の絵本事情。物語性のある絵本で心を育みたい、母の悩み

幼児教育支援センターでも「発達に凹凸がある」と指摘された4歳の息子は、小さい頃から写真集や図鑑が大好き。息子の本棚には、野菜・きのこ・どんぐり・宇宙・星座などの図鑑が並んでいます。中には、厚さ2cmはあるような大きな図鑑も複数あり、寝る前にベッドで読んであげる時に、寝ながら持つのが大変です。

発達凹凸グレーゾーン子の寝かしつけ

いつもと同じことをしないと、次のステップに行けない、というかパニック状態に近くなり、手に負えなくなります。私自身に心のゆとりがある時は、納得するように言い聞かせることもできますが、時間に追われたり、流石にもう遊んでいる時間ではないだろうという時間だったりする時には、言い聞かせる余裕もないのが実情です。

寝る前に、お気に入りの写真集や図鑑を読んであげるのが習慣です。寝るのが遅くなってしまって、本当は何も読まずにすぐに寝てほしい時も、「読まない」「早く寝なさい」等と言うと事態は悪化するため、「遅いから、2ページだけって約束したよね~」と約束もしていないのに多少ごまかしつつ、少し読んで気が済んだ状態にしてから、電気を消します。

発達凹凸グレーゾーン子を本屋へ連れて行く

絵本の読み聞かせが、感性を豊かにしたり、語彙を増やしたり、先を想像する力が付いたり・・・と様々な効能があることは、分かっています。だから、もっとストーリー性のある絵本を一緒に読んで、豊かな心を育てたい。

息子が、保育園で「先生が言っていることを理解していないのではないか?」と指摘されてしまったように、1対1ではなく1対多に対して発せられた長い言葉や、集中していない時に聞こえてきた言葉が、普通の子供と比べて理解できないようだから、もっと理解できるように訓練したい。

そんな日々の想いもあり、「ねえ、絵本を買いに行こうか?好きな本を買ってあげるよ。」と息子に声をかけて、一緒に本屋に行きました。

発達凹凸グレーゾーン子、絵本売り場で探していたのは「てんとう虫の図鑑」

※日本語子供が喜ぶ仕掛け絵本大日本絵画 知育絵本『かわいいてんとうむし』楽しい作り方お子様お孫様のクリスマスプレゼント出産祝い/贈り物におすすめ(おもちゃ・玩具・しかけ絵本)赤ちゃん/子供/0歳・1歳・クリスマスプレゼント

価格:1,728円
(2018/6/10 23:14時点)
感想(5件)

絵本売り場で、息子が「てんとう虫の本は?」と言うので、私はてっきり、以前、小児科の待合い室で読んだことのある『かわいいてんとうむし』の事だと思いました。息子がハマっている(というより、今こだわっている)てんとう虫が、立体的に埋め込んであって、数を数えたりできるカワイイ絵本です。

発達に凹凸ある子の強いこだわり【てんとう虫】アブラムシ探しは疲れて辞めた母との約束

2018.05.28

私はすぐに『かわいいてんとうむし』を見つけることができたため、ちょっとドヤ顔で「これでしょ?あったよ、ほら♪」と見せると、息子の表情はピクリとも変わらず、無言。

「これじゃないの?」と聞くと、「もっと、てんとう虫がいっぱいあるやつ」と言うので、なんだかピンときました。

「もしかして、ああいうやつのこと?」と言って、図鑑売り場(学研の図鑑とかがたくさん並んでいる所)を指さすと、「そう!」

嬉しそうに橋って、図鑑売り場へ行ってしまいました。

発達凹凸グレーゾーン子が選んだ”絵本”は「幼虫」ポケット図鑑

この時、買った本

息子が選んだのは、『学研の図鑑ライブポケット「幼虫」』という、ポケットサイズの図鑑でした。

「好きな本を買ってあげるよ。」と言った手前、これじゃダメと言うわけにはいきません。買いました。

幼虫 (学研の図鑑LIVEポケット) [ 福田晴夫 ]

価格:1,058円
(2018/6/10 23:25時点)
感想(2件)

発達凹凸グレーゾーン子の図鑑コレクションが増えただけ

私は毛虫が大嫌いなので、ページをめくるのが気持ち悪くて、「うわ!」連発でした。

息子にとっては、その私の反応が面白いらしく、中のページを指さして「さわってごらん」「どれが気持ち悪い?」と楽しそうです。

そうじゃなくて、人が嫌がっている所を面白がってはいけない、教えたい事が・・・この幼虫図鑑では伝わらない・・・。

強いこだわり中「てんとう虫」の幼虫に大喜び

どうやらチョウ類の幼虫が、中心に掲載されているようです。しかし、後ろの方のページに、てんとう虫の幼虫の写真を発見。

息子は、「見てごらん!ほら」と言いながら、大喜びしていました。

その日の夜、私は、当”絵本”を気持ち悪そうにめくりながら幼虫の名前と特徴を読み上げ、息子は眠りにつきました。

自分の経験を誰かのために。ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す