宇宙好き4歳児が描いた太陽系の詳細度がすごい!火星の模様、木星の嵐、土星の衛星、天王星の環…

宇宙好きの4歳児が描いた太陽系の詳細度がすごい!

 

4歳の息子は、大の宇宙好きです。先日、息子の保育園の「じゆうがちょう」から、太陽系を描いたページを発見しました。

「すいきんちかもく、どってんかい(めい)…」が言えないのに、太陽から見て順番が合っている

「すごい上手だね、惑星の名前、教えて」と言うと、太陽を指さして「これが太陽。」

続いて、「すいせ!」「きんせ!」「ちきゅ!」・・・と叫び出すのですが、その指さす順番が合っている。

絵を平面に捉えて太陽から一直線上に見てしまうと、惑星の距離感は分からないのですが、3D的に捉えて息子が指さす順番で惑星を見ると、なんと太陽の周りを周っているイメージが沸いてきました。

一直線上に並べて順番に書いているのではなく、太陽の周りを周りながら、内側から順に書いていました。

地球以外の惑星の衛星を描いている

地球の衛星「月」は有名ですが、木星・土星・天王星などの衛星も描いたようです。今度、どの●が何の衛星なのか聞いてみます。

土星だけでなく天王星の環も描いている

天王星に輪っかが存在することをご存知ですか?

絵本などに載っているカンタンな絵では、天王星の環まで表現されていないと思うので、恐らく息子は自宅にある図鑑や写真集を見て覚えたのでしょう。

宇宙については、驚くトピックも数多いです。

宇宙系の本が、我が家には沢山あります。息子が喜ぶから、お土産やプレゼントで少しずつ買っていたら、すごい集まりました。

発達凹凸グレーゾーン4歳の本棚は図鑑だらけ。「心豊かに」願って絵本を買いに行ったが幼虫図鑑

2018.06.10

我が家の”こだわりの強い子”は、こだわりに波がある物もありますが、「宇宙」へのこだわりは長期化しています。

発達に凹凸ある子の強いこだわり【てんとう虫】アブラムシ探しは疲れて辞めた母との約束

2018.05.28

コメントを残す