【アレルギー児の小学校入学】就学前にやるべきこと(準備・計画まとめ)

息子は春から、いよいよ年長クラス。保育園の一番上のクラス(5歳児クラス)になります。

ということは、あと1年で小学校入学です。就学に向けて、準備期間はあと1年。

この1年で、アレルギーっ子が何をすれば良いか。就学に向けて何を準備すれば良いのか。

就学前の1年間でやるべきことを整理しました。

※そして1年後…、息子の「就学前アレルギー準備」は完了しました!その視点で、内容を最新化してあります。

アレルギーレベル(有無・症状)を明確にする

就学前までに、アレルギーを白黒させる!

アレルギー科の主治医は、「アレルギーを白黒させる」という表現を使っていました。

食物アレルギー特定原材料7品目食物アレルギー特定原材料に準ずるもの21品目はもちろん、学校給食に使用される可能性がある食材について、アレルギー有無とそのレベルを明確にしなければなりません。

アレルギーを持つ食材、主なアレルギー症状、現在のアレルギー対応、エピペンの所持について、必要書類に明確に書ける状態にしましょう。

就学まであと1年。この時点で、息子には「白黒はっきりしていない」食材があります。ナッツ類1つ1つのアレルギー有無が、まだはっきりしていないのです。

食材ごと初回の食物アレルギー経口負荷試験を済ませる

アレルギー食材・アレルギーレベルを明確にするためには、「食べたらどうなるか」を経験しなければなりません。

一度でも食物アナフィラキシーショック症状を経験している場合、食物アレルギー経口負荷試験が必要になるので、事前計画が必要です。

アナフィラキシーショックを起こす食材と同等のアレルギークラスが、血液検査で検知された場合は、その食材(=初めての食材)を自宅で「食べて試す」のは、極めて危険です。

主治医からもきっと、自宅ではなく病院での経口負荷試験を勧められることでしょう。

その場合は、食物アレルギー経口負荷試験の場で「食べて試す」ことになります。

複数の食物アレルギーが該当する場合は、初めての経口負荷試験をそれぞれ実施するだけでも、数か月の期間を要します。

アナフィラキシーショック数回のアレルギー児の血液検査結果とクラス(レベル)推移

2019/01/23

息子が今後、就学前までの1年間で、経口負荷試験を受けなければならないのは、少なくとも3種類。

血液検査で陽性が出ている食物アレルギーのうち、初めて食べる or 経口負荷試験を経験していないナッツ類、「ピーナッツ」「カシューナッツ」「ヘーゼルナッツ」です。

※アナフィラキシーショック経験のあるクルミと同じクルミ科「ピーカンナッツ(ペカンナッツ)」は、高い確率でアレルギーの可能性があります。が、アレルギー血液検査も未実施であること、アレルギー特定原材料等27品目に含まれていないこと、学校給食で使用される可能性が「ヘーゼルナッツ」以上に少ないだろうと予測できることから、就学後に検査(もしくは当面見送り)の計画です。

就学までに経口負荷検査が間に合わない場合、”計画”だけ明確にする

クルミ経口負荷試験でアナフィラキシーショック!ナッツアレルギーへの警戒開始

2018/07/12

3種類を2~3か月の間隔で経口負荷試験を実施する場合、要するのは半年~9か月。

就学まで1年はあるとはいえ、既に予約を開始するタイミング!ということが分かるでしょう。既にうかうかしていられない状況です。

※なぜ「2~3か月の間隔」を前提にするのか?理由は長くなるので別記事で☆

食物アレルギーごとに、初回となる経口負荷試験は、就学前(の書類提出タイミング)までに、基本的には済ませておく必要があります。

※ただし、これは一年後に分かったことですが・・・

小学校に提出するアレルギー関連書類には、該当アレルゲンや症状を明記する他に、「何か気になること」として自由記述欄がありました。

ここに、「〇〇アレルギーの可能性あり」「〇〇アレルギー経口負荷試験は就学後に予定」など、好きなように書くことができます。

また、それを以って給食関係者と打ち合わせがあり、書類に〇×チェックするだけでは伝えきれないアレルギー状況など、直接伝えることができます。

ということは、可能な限り初めての経口負荷試験を済ませる、就学までに間に合わない場合は、アレルギー検査の計画を明確にした上で、アレルギー関係書類に状況を漏れなく記入する、が正解ですね。

ただし、検査結果もアレルギー症状も未確定で曖昧なアレルゲンがある場合、当然それが給食に出る日に「お弁当」持参になる覚悟が必要です。

学校給食のアレルギー対応を知る

除去は”卵”だけ!?学校給食の食物アレルギー対応ガイドラインを見て「毎日弁当」を覚悟!

2019/10/25

私が衝撃を受けたのは、学校給食ガイドラインを読んだ時です。

保育園給食は、なんて恵まれていたのでしょう。

予想以上に、小学校の給食は「アレルギー対応していない」「除去対応や代替え対応に対する意欲はない」ということを知りました。

このガイドラインを読むまでは、息子の給食をどこまで対応してくれるのか?乳成分が含まれているハムやかまぼこが出た時は、自分で取り除くのか?…なんて心配していました。

ガイドラインを読んでからは、そんな心配は吹っ切れました。何もやってくれない、つまり、ほぼ毎日「お弁当」じゃないか!と分かったからです。

最近は、アレルギー対応ガイドラインなるものが、教育委員会の給食担当課でも用意されていて、HPでダウンロードできる地域も多いと思います。

子供が通う小学校給食において、どんな基本方針なのか、どんなアレルギー対応をしているのか、事前に知ることをお勧めします。

学校給食アレルギー対応関係者との連携

保育園入園の時と同様に、給食アレルギー対応の全てを把握する必要があります。

  • 献立のチェック方法とタイミング
  • 配膳されるもの、お弁当で持参するもの、を見分けて連携する方法
  • お弁当の置き場所
  • 牛乳の代わりになる水筒(飲料)について
  • 学校生活中のエピペンの管理方法

など、確認すべきことを明確にし、曖昧な点がない状態にする。問合せ先・担当者を明確にしていく作業も含みます。

小学校側と連携が必要な部分は、事前に打ち合わせも必要です。

秋頃になると、就学・入学説明会などが順次開催されます。タイミングを逃さず、聞くべき場面で質問し、情報漏れを防ぎましょう。

※アレルギーっ子の親として、実際に行動して明確になったことは、別記事でもレポートします☆

食物アレルギーに関する証明書類を揃える

最近は、書類フォーマットが限定されていても、HPからダウンロードできるパターンが多いため、あちこち行ったり来たりする回数は減りました。

ただ、病院指定のフォーマット以外は書いてくれない医療機関や、持参したフォーマットでは書けないと指摘する医師など、スムーズに行かない可能性もあります。

・食物アレルギーに関する証明書を小学校に提出することが分かったら、できるだけ早く、用紙(フォーマット)を入手する。

・「このフォーマットに書いてもらえるか?」をアレルギー主治医に、早い段階で確認する。

この2つは、早い段階で押さえておくべきポイントです!

私はこれを、保育園の進級ごと、アレルギー対応内容に変更があるごとにやってきましたが、今年は学校ごとにバラバラだったフォーマットが統一化されたり、小中学校で使われるフォーマットに保育園が合わせたりして、提出書類のフォーマットが統一される傾向がみられました。

そして、アレルギー科の主治医も、「このフォーマットなら書く・書ける」という雰囲気になり、アレルギー関連書類を取り巻く状況は、年々改善している気がします。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


学校給食でのアレルギー事故は未然に防ぐ!親として色々勉強中です。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください