卵/乳製品/小麦不使用「おやつ屋mito」はグルテンフリー&アレルギー対応のお菓子屋さん

「おやつ屋 mito」さんをご存知ですか?

おやつ屋mitoさんは、卵・乳製品・小麦を使わないお菓子屋さんです。2022年1月にお店をオープンして以来ずっと、陰ながら応援し続けています。

今回は、人気の米粉クッキーセット『mito缶』を実食しながら、おやつ屋mitoさんの情報をお届けします!

グルテンフリー&アレルギー対応のお菓子屋さんを応援したい!

おやつ屋mitoさんとの出会いは、クラウドファンディング「CAMPFIRE」でした。

食物アレルギー関連の支援先を探してスクロールしていた時「アレルギーの方のために、グルテンフリー&アレルギー対応のお菓子屋さんを開きたい!」というタイトルを目にして、ピタリと画面を止めました。

アレルギーがある人もない人も同じおやつタイムの共有、甘味や米粉の種類を駆使してグルテンフリー&アレルギー対応でも美味しい味をとことん追求、アレルギーっ子が幼稚園や保育園で食べられるお菓子の提供…などなど、mitoさんが目指すところを応援したい!と思いました。

息子は小麦・乳製品・ゴマ・ナッツ類のマルチアレルギー。まさに数年前、mitoさんが保育参観で目撃して開業のきっかけとなった場面のように、息子は保育園のおやつタイムで、少し離れた席の端っこで皆と違うおやつを食べていました。

そういうアレっ子の現状を見たパティシエ・ママが、アレルギー対応のお菓子屋さんを開きたいと奮闘している!これは応援するしかありません。

その後、おやつ屋mitoさんは、2022年1月にショップオープン!

3大アレルゲン不使用で作るお菓子の難しさやアレっ子園児たちにお菓子を届ける方法など日々探求されながら、美味しい3大アレルゲンフリーのお菓子を販売されています。

お菓子は全て「卵・乳製品・小麦が不使用」

写真:おやつ屋mitoで人気の『mito缶』

おやつ屋mitoさんのお菓子は全て、3大アレルゲン(卵・乳・小麦)が不使用。卵・乳・小麦アレルギーでも食べられるお菓子の販売はとても有難いです。

最近はアレルギーがあっても食べられるお菓子がネット通販を中心に買えますが、メーカーや種類は限られているので、食べられる商品が増えることは有意義。アレっ子にとって食べられるお菓子が増えることは「選べる経験」にも繋がります。

アレっ子の選択肢に、おやつ屋mitoさんのお菓子が加わりました。

ネット通販可!クッキー系商品は常温で到着

おやつ屋mitoさんのお菓子は、ネット通販でも購入できます。

今回届いたのは『mito缶』こと「米粉のクッキー缶」です。

スクエア型の白い缶。缶には、お店のイラストロゴ入りのトレーシングペーパー帯が巻いてあって可愛いです。

気になる配送方法はというと…。下で少しご紹介する「米粉のふわもちシフォンケーキ」や「米粉のガトーショコラ」は冷凍配送ですが、米粉クッキー系の商品は常温扱い。解凍いらずで到着後すぐに食べられます。

今回は宅急便コンパクトで届きました。配送方法は商品によって異なるので、購入時にチェックして下さいね。

クッキーごとの原材料一覧でアレルギー情報が分かる

おやつ屋mitoさんのお菓子には、原材料一覧が添付されています。

食物アレルギーがある人は、食べ物に何が入っているか分からないと食べることができないので、原材料表記は必至です。

更にネット通販の場合、購入時に画面上で見た原材料と、実際に届いた商品の原材料が微妙に違うリスクもあるので、手元に届いた商品に付いている原材料を確認する必要がありますが…

おやつ屋mitoさんのお菓子は、原材料一覧も一緒に届きました!

また、お菓子のセットの原材料表示に纏わる「アレルギーあるある」として、原材料が種類ごとに書かれていない!という困り事がありますよね。

ファミリーパック・詰め合わせ・ギフトセットなどで、原材料表示はあるけど該当アレルゲンがどれに入っているか分からないから結局全部食べられない!(or 結局買えない!)という経験はよくありますが…

米粉クッキーセットの『mito缶』は、クッキーの種類ごとに原材料が明記されていました!

ナッツ類 or マルチアレルギーは要注意!

おやつ屋mitoさんのお菓子が3大アレルゲンフリーとはいえ、他にもアレルギーがある人(=マルチアレルギーの人)は要注意。mito缶のラインナップは、ナッツ類を含む米粉クッキーが多いので、特にナッツアレルギーの人は注意しましょう。

mito缶では殆どのクッキーにアーモンドプードルが使用されているため、アーモンド以外のナッツ類アレルギーの方がmito缶を購入すると想定できますが、隣り合うクッキーにアレルゲンナッツが使用されている場合があります。

また、3大アレルゲンやナッツ以外にアレルギーがある場合、食べられるクッキーの隣りのクッキーに該当アレルゲンが使用されている場合があります。

例えば息子の場合は、小麦・乳だけでなくゴマ・クルミ・カシューナッツのマルチアレルギー。食べられるクッキーの隣に、これらのアレルゲンを含むクッキーが配置されていました。
※詳細は上記写真ご参照

1つの缶に複数のクッキーが並ぶ「クッキー缶」は、隣り合うクッキーのアレルゲンも要確認です。

※息子はコンタミネーションはOKレベル(になるように経口免疫療法を実施中)で、隣のクッキーに該当アレルゲンが含まれていても、食べるクッキーそのものに含まれていなければ食べられます。

クッキー毎の原材料一覧をよーく確認しながら、息子が食べられるクッキーを特定しました。

人気の『mito缶』は9種類!米粉クッキーの詰め合わせ

おやつ屋mitoさんで人気の『mito缶』は、米粉クッキーが9種類入ったクッキー缶です。

同じ米粉のクッキーなのにこのバリエーションは凄い!!色々な食感や味が楽しめます。

今回は9種類を1つずつ吟味しました。息子の好みやアレっ子の気持ちも分かりましたので以下、共有します。

※原材料は、必ずご自身でご確認下さい。

1.カカオニブ(アレルギー特定原材料等:大豆、アーモンド)

チョコチップクッキーのような「カカオニブ」。クッキーの名の通り、カカオニブが入っていました。

カカオニブはカカオ豆の加工品で、砂糖と練り上げればチョコレートにもなる原料なので、米粉クッキーに混ざればチョコチップと変わらない感じです。

強いて言えば、普通のチョコチップより水分が少なく乾燥していて、カカオニブそのものは甘いというよりほろ苦いカカオ感という印象でしょうか。

小麦&乳アレルギーっ子にとっては、クッキーとチョコを組み合わせてできたお菓子は憧れ。この「カカオニブ」が息子の一番人気でした!

2.スノーボール(抹茶)(アレルギー特定原材料等:クルミ、アーモンド)

「スノーボール」は白と緑の2種類があり、こちらは緑の「抹茶スノーボール」。

コーンスターチの効果なのか、ホロホロした感じを楽しめます。甘くて美味しい♪抹茶のほろ苦さがマッチします。

※スノーボールはクルミが使用されています。
※スノーボール(抹茶)を持った指で他のクッキーを触ると抹茶が付きます。付いた粉がクルミ成分100%という訳ではないですが、クルミアレルギーの方は要注意です。

3.スノーボール(アレルギー特定原材料等:クルミ、アーモンド)

こちらが白い方の「スノーボール」。抹茶が付いたビニール手袋で私が触ってしまったので少し緑の粉が付いていますが、本当は真っ白でキレイです。その名の通り、雪玉のよう。

口の中でホロホロする感じが良いですね♪

ココアやきな粉でアレンジしても美味しそうだけど、mito缶の白いスノーボールは2玉入り。2個を一度に頬張って終了でした。

※スノーボールはクルミが使用されています。

4.ココアアーモンド(アレルギー特定原材料等:大豆、アーモンド)

「ココアアーモンド」は、ベースとなる米粉チョコクッキーに、刻んだアーモンドスライスが入っていました。

乳アレルギーといえば「痛恨の乳成分入りチョコレート」ですが、市販品では全陳列商品にダメ出しを食らうことが多い。事実、一般的に知られている「チョコ味」のお菓子には必ず乳成分が入っています。

更に、息子はクルミ・カシューナッツのアレルギー児。ナッツはお菓子に混ざってしまうと、見た目では何ナッツなのか判別できないので、「ナッツが入っている!」と分かった息子は超警戒モード。

息子にとって「チョコ味」「ナッツ入り」という2つの警戒キーワードが揃ってしまい、一口食べるまでに時間がかかりましたが、すっごい気に入っていました。

※mito缶の「ココアアーモンド」に使用されているナッツは、アーモンドのみです。

5.チェッカークッキー(アレルギー特定原材料等:大豆、アーモンド)

「チェッカークッキー」は、プレーンとココアの2色クッキー。チェック柄が可愛いアイスボックスクッキーです。

息子は米粉クッキーは頻繁に食べますが、チェック柄のクッキーなんて見たことも食べたこともないので「食べられる」と知って大喜びでした。

私のお気に入りは、このチェッカークッキー。シンプルなプレーン生地とココア生地のクッキーが一緒に食べられるこのタイプがイチオシです。

息子も、アーモンドが歯に詰まったりキャラメルが歯にくっついたりしない、このシンプルで食べやすくて可愛いチェッカーが気に入りました。

6.きなこ(アレルギー特定原材料等:大豆)

「きなこ」は、お花型のアイシングクッキーのような米粉クッキーでした。優しいきな粉味で、形にも味にも癒されます。

「きなこ」クッキーは、mito缶9種類の米粉クッキーの中でも唯一、「アーモンド」が不使用です!

7.フロランタン(アレルギー特定原材料等:大豆、アーモンド)

mito缶の「フロランタン」は、アーモンドスライスとキャラメルを纏った米粉クッキーです。

上の「ココアアーモンド」の通り、ナッツアレルギー児は(自分のアレルゲンじゃなくても)ナッツ姿を嫌がり、これは私が全部食べました。

優しい甘みはハチミツのおかげでしょうか。アーモンドスライスが香ばしさを引き立てます。苦いコーヒーと一緒に、大人の方にお勧めのクッキーです。

※「フロランタン」はハチミツが使用されています。

8.チャンククッキー(アレルギー特定原材料等:大豆、クルミ、カシューナッツ、アーモンド)

「チャンククッキー」は、チョコ(ココア)クッキーのチャンク。アーモンドの他、クルミ・カシューナッツ・マカダミアナッツが入っています。

mito缶のチョコ味クッキーが「自分も食べられる」と味を占めたアレっ子が、チャンククッキーを食べたがりました。なぜって、チャンククッキーはmito缶の中で一番大きいのです。

ゴツゴツと大きい、このチョコクッキーを食べさせてあげたかった…!

チョコ・ココア・ナッツ類の味わいがメインのチャンクですが、ほのかなシナモンが全体うまくまとめてくれます。

※mito缶の中では一番ナッツ類が使用されているクッキーです。

9.ごま(アレルギー特定原材料等:大豆、ゴマ、アーモンド)

「ごま」はクラッカーのようなビスケットのような、サクサク感のある米粉クッキー。

息子はゴマアレルギーなので食べられませんが、この「ごま」クッキーに使用されているナッツ類はアーモンドだけ。

甘さ控えめで、ゴマの香ばしさが良い感じでした。

米粉のガトーショコラはアレっ子のバレンタインにも◎

おやつ屋mitoさんは、米粉クッキーだけでなく3大アレルゲン不使用のケーキ類も販売されています。

「米粉のガトーショコラ」は、卵・乳製品・小麦だけでなくナッツ類も不使用なので、ナッツ類のアレルギーがある人にとっても朗報です。

「米粉のガトーショコラ」はホール販売なので、自宅に届いた後、豆乳クリームなどでアレンジすればホールケーキも作れるし、バレンタイン・スイーツとしても利用できそうです。

売り切れゴメン!米粉のふわもちシフォンケーキ

おやつ屋mitoさんの商品ラインナップに、『卵・小麦・乳・ナッツ類不使用 米粉のふわもちシフォンケーキ』という気になるシフォンケーキがあります。

mitoさんがメニュー開発をしている時に、そのフワモチ感を探求されている様子をTwitterで拝見していたので、この「米粉のふわもちシフォンケーキ」の販売はとても楽しみにしていました。

楽しみのあまり、自分もリツイートして宣伝したり。いざ自分が買おうとwebサイトを覗くと売り切れ(泣)!でした。

再販の時には絶対買います!

【ショップ情報】おやつ屋mito

おやつ屋mitoさんのお菓子のマルシェ情報は、インスタグラムに載っています。

公式HP:https://oyatsuyamito.stores.jp/
インスタグラム:https://www.instagram.com/oyatsuya_mito/
Twitter:https://twitter.com/oyatsuya_mito


ブログランキングにも参加しています。


にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がります。
体験談やアレルギー対応食品を探している方に見つけてもらう機会に繋がります。


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください