うどん0.3gの挑戦!小麦アレルギー経口負荷試験。増量の不安と向き合う(4歳後半)

うどん0.3gの挑戦!小麦アレルギー経口負荷試験~増量の不安と向き合う~

小麦アレルギー経口免疫療法で、毎日うどん0.1gを食べ続けて、約2か月が経過しました。

摂取量の増量を目指し、日帰り・外来・経口負荷試験に臨みました。

直前の診察で予想外の増量

うどん0.1g→0.2gの増量かと思いきや。

経口負荷試験実施前の診察で、うどん0.1gから0.3gへの増量を目指すことが決まりました。実施する量(目指す閾値)は、0.3gです。

  • 前回の経口負荷試験から2か月経っている
  • 毎日うどん0.1gを食べる時に、嫌がっていない

というのが、主な理由でした。

※経口負荷試験前の診察に至るまでの流れは、前回0.1g試験時のブログをご参照

小麦0.1g経口負荷試験をクリア!うどん0.1gで経口免疫療法を開始します。

2018.07.26

本日の経口負荷試験プラン

  • 1度に、うどん0.3gを食べる(全1回。2回目は実施不要)
  • 20分後、1時間後、1時間半後に、経過観察

数回に渡って負荷をかけていくのが一般的ですが、なぜ今回は1回なのか?
聞きそびれました。先生に直接聞いて、回答が分かり次第、記事アップします。


うどん0.3gの経口負荷試験(経過)

14:35頃、うどん0.3gを食べる。

20分経過、異常なし。

1時間後、喉のあたりを掻きながら「ちょっとカユイんだよ。」と、痒い発言をポロリ。

そう言われると、掻いた部分が赤くなっています。どれくらい痒いの?水は飲む?と、質問すればするほど話をはぐらかし、お絵描きや絵本を読むのに戻ってしまい、状態がよく分かりません。

息子は、普段から乾燥肌で、皮膚を掻けば掻くほど赤くなって、掻くとすぐに蕁麻疹。だから、これくらいの感じだと、小麦アレルギーのせいなのかどうか分かりません。

そうこうしているうちに、1時間半が経過しました。

1時間半後、異常なし。(喉が痒い事は伝えたものの、そう判定されました。)


長い待機時間の友は「かがくのとも」+お絵かき

最初の問診や待ち時間を入れると、食べる回数が1回だとしても、2時間以上かかる経口負荷試験。

この長い待機時間は、前回同様「かがくのとも」シリーズを読みました。

ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) [ 得田之久 ]

価格:972円
(2018/9/26 14:38時点)
感想(132件)


本のテーマには虫や自然が多く、絵は丁寧で、ソフトカバー。待ち時間に読みやすいです。

それと今回は、お絵かき帳と色鉛筆を持参しました。待合いベンチで、お絵かきをして、残りの待ち時間を過ごしました。

うどん0.3gの経口負荷試験の結果

看護師に伝えた「ちょっと喉を掻いている。当試験との因果関係は分からない。」という事について、主治医である先生は、何も問題視していないようでした。

経口免疫療法(減感作療法)は、0.2gじゃなくて0.3gで大丈夫なのかな?という不安が、少しあるのが本音です。

医師
体調の悪い日は、0.2g~0.1gに減らして調整してもいいから。食べるどころではないくらい体調の悪い時はストップして。でもその時は、勝手に再開しない。必ず、再開は病院に来て。

それを聞いて、原則閾値は0.3gでいこう。と思う事ができたものの。。。


九州逸(くすいち)KYUSYU PREMIUM MALL

うどん0.3gの経口免疫療法に向けた不安

この日は、経口負荷試験の中で、小麦(うどん)0.3gを食べたので、翌日から自宅で食べます。

ハイペースで増量するには、経口免疫療法で食べているアレルゲン食材を、まず本人が「おいしそうに食べている」ことが前提だそうです。逆に言うと、イヤイヤ食べているうちは、増量できないということです。
※経口免疫療法の増量については、別の機会にまとめたいと思います。

発達凹凸っ子である息子は、かなり警戒心が強い。小麦(うどん)0.3gを何のためらいもなくスムーズに食べるには、2週間以上かかるか・・・。今まで2カ月間食べて見慣れた「うどん」の長さの3倍ですから!

だから私自身は、食べる量の増量ペースをそんなに急いでいません。今回も0.2gじゃなかったことに驚いたくらいです。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

3倍の長さになった「うどん」の姿をどうやって説明しようか…。これを話すと長くなるのですが、今日も「0.2gの練習に行こう」と説明して病院に向かったのに、食べるのは0.3gだと分かった瞬間に、息子の態度はギクシャクしていました。切り替えが極度に苦手なので、事前に説明することが重要なのに、実際が事前説明と違ってしまったからです。

だから、ゆっくり、0.2gでも良かったんだよなー、という私の内心とは裏腹に。

医師
次回は、1ケ月後かしらね。その時は、採血して抗体の減り具合を見て、治療の進め方をもう少し考えていきましょう。

ベテラン先生は、個人のペースに合わせつつも最速で、治療を勧めようとしてくれています。アレルギーっ子にとっては有難い、発達凹凸っ子にとっては難しい。

息子の場合、1ケ月では「おいしそうに食べる」まで、進めることが出来ないかもしれません。次回、経口負荷試験に臨むのは、11月になりそうです。

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の羊羹には、小麦が含まれています。
秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

お気軽にコメントをどうぞ