自閉症スペクトラム傾向の子を医療機関に連れて行く工夫|不安を和らげる説明と練習

息子は、赤ちゃんの時から病院の常連さんです。アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、小児喘息、停留睾丸…。4歳時点で既に4回の入院経験、5歳になった現在も通院は日常茶飯事です。

初めてのことが極度に苦手、不安に陥るとプチパニック、母親と離れることを異常に恐れる母子分離不安な(…まさに発達障害の特徴を持つ)息子が、医療機関でどうしているか?

それが、普段よりとっても良い子なのです。
病院で「いい子」にするために、私が工夫していることを紹介します。

病院に行く理由を「何日も前から」説明

「こだわりの強い子」だから、おしまいには細胞レベルで(素人なりに)説明することになりますが、病院に行く理由を何日も前から説明します。

注射や歯医者は数週間前から、継続薬や毎月の通院は数日前から、かな。熱や風邪は突発的なので当日「先生のところへ行こうか。」ですが、事前に予約した受診であれば、「何日も前から」が鉄則です。

この時期は、インフルエンザ予防接種の真っ盛り。体に侵入するウイルスに打ち勝つため、細胞を強くするのだ!という内容を説明するのに、多大な時間がかかりました。ウイルスって何?体に入ったらどうなるの?負けたらどうする?どういう形?見たことある?ウイルスとバイキンマンどっちが強い?

あらゆる質問に答えて、ようやく…

ゆきまる
注射、痛い?

…注射の話ができます。

これから何のために何をするか、分からないと不安になって落ち着かず、癇癪や泣きわめきに繋がってしまいます。何のために何をするのか子供なりにしっかり理解すると、不安が劇的に減らせて落ち着きます。当日の嫌なこと(注射の場合は「痛い」こと)だけを我慢すれば、良い状態にします。

先生と会う利点を「事前に」説明

自分が嫌なことを一方的に先生がやるのではなく、先生は良いことをしてくれるるのだと念入りに説明します。

  • お腹と背中をポンポンして、悪い音がしないか聞いてくれる
  • お口を大きく開けたら、喉が赤いか見てくれる
  • 咳が治るお薬をくれる
  • お母さんのお話を聞いてくれる
  • アレルギーでかゆくならないか見守ってくれる

自分やお母さんのために何かをしてくれるんだ、というニュアンスを植え付けます。

先生役vs患者役でイメージ固め!診察シミュレーション

説明だけでは不十分!?実はこれが一番効いているのかもしれません。

ディズニーチャンネルの人気アニメ番組「ドックはおもちゃドクター」をご存知ですか?この挿入歌が頭から離れない私は、いつも「診察しよう♪診察しよう♪」と常に口ずさんでいるのが日常です。

病院の予約日が迫ってきたタイミングで、「診察しよう♪診察しよう♪ゆきまる君に悪いとこないかな~♪」と始まります。そう、現実の受診に向けて、診察シミュレーションをする(暗黙の)合図です。

うちには聴診器があります。本来は、喘息の具合を知るために買ったものですが、診察シミュレーションの時も活躍します。まずは、聴診器を持った人が先生役。「はい、ポンポンするよ~。お腹見せて~。次は背中~。くすぐったいからねー、我慢してねー。」という決まり文句を言います。

最初にこれを私がやって見せた時、息子はツボにはまったらしい。それ以来、自分から進んで先生役です。患者役をやらせて練習した後、先生役もやらせておくと、当日は実にスムーズです。

当日、(本物の)先生に、聴診器をお腹に当てられている段階で、「次は背中だよ~」と息子(=患者)自ら発言しています。

因みに、診察シミュレーションで、息子が歯医者の先生役をやった時は、ウケた…。

やられることをイメージしておく、遊びながらのシミュレーション。この無意識的なイメージトレーニングが、効果を発揮していると感じます。

病院そのものを穏やかな気持ちで利用

当日は私自身がカリカリせず、穏やかにいることを意識します。私がイライラしたり、難しい表情をしていると、敏感な子はすぐに察して、息子自身が不安になってくるからです。

受付で並ぶ時・会計機の前・トイレの入り口など、必ずと言っていいほどどこかの床に書いてある足型のマーク。「ここに並んで下さい。」を現す足型のところに並ぶ時は、ぴったり足型を合わせることができるか挑戦します。

手元の受付番号(or 会計番号)が表示された用紙は、息子に渡して番号を覚えてもらいます。同じ番号がモニターに表示された時、すぐに気が付けるかな?「同じ番号が出たら、教えてね。できるかな?」ゲーム開始です。

発達障害の子の「イライラ」コントロール術 (健康ライブラリースペシャル) [ 有光興記 ]

価格:1,404円
(2018/12/20 15:43時点)

キッズスペースの利用ルールを「最初に」約束

名前が呼ばれたら、すぐにオモチャを置いて靴を履き、先生のところへ行くことを最初に念押し。私の両手掌で息子のホッペを挟んで、息子が「はい!」と言うまで、ホッペを離さない。

「終わり」と言ったら終わりにできる約束ができたら、「いっぱい遊んでいいよ」「あ!あのオモチャ、楽しそう」と、プラスの言葉を投げかけて、ウキウキして時間を忘れそうな雰囲気にします。もしも、すぐに呼ばれず、長い待ち時間になった時でも、ずっと遊んでいられるように…。

­名前が呼ばれたら、「オモチャにバイバイできるかな?」と、最初の約束を思い出させます。ワンテンポ置いてから、「バイバーイ」と言って、おしまいにし、靴を履きだせるパターンが多いです。

できない時は、(最初にやったのと同じように)私の両手掌で息子のホッペを挟み込んで、顔を近づけ、「終わりって言ったら、終わりじゃなかった?」と低い声で言います。

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリースペシャル) [ shizu ]

価格:1,512円
(2018/12/20 15:40時点)
感想(74件)

「絶対に怒らない。」と決める。

自分自身に「絶対に怒らない。」と暗示をかけます。すぐイライラして「コラ!」っと起こる羽目になってしまうから、ここであえて「絶対に怒らない。病院が終わるまでは。」と心に決めます。

もちろん、明らかなマナー違反や他人様に迷惑をかける行為については、きちんと怒ります。誰もいないベンチに寝そべったり、誰もいないキッズスペースでキッズチェアに立ったり…、誰にも迷惑をかけていない時は、怒らずに優しめに注意します。「本当はやっちゃダメ」と理由を添えて語ります。

診察が終わるまで、息子自身も不安で不安定な気持ちを抱えているだろうから、怒らないことを意識します。「大好きなお母さん」が起こってしまうと、それだけで不安倍増、気持ちは乱れて、癇癪化するからです。そしてもう怒っていないのに、「なんで起こるの?」「怒らないで、ねえ、怒らないで!」と足に抱き着き、纏わりつき、どうしようもなくなるからです。

別の機会に詳細を書く予定ですが、息子のようなタイプは、「怒らない育児」が本当に有効です。


自分の経験を誰かのために。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法 [ 大場美鈴 ]

価格:1,620円
(2018/12/20 15:41時点)
感想(28件)

お気軽にコメントをどうぞ