節約ランチ生活。サブウェイの一番安いベジーデライト、自宅で豪華に変身

サブウェイで一番安いベジーライトを自分でカスタマイズの節約ランチ生活

長年勤めた会社を退職したため、収入激減。会社員時代も激務だったためランチに時間やお金をかける余裕はなかったのですが、お財布に優しい社員食堂をメインに、週に1度くらい、近くの飲食店でおいしいランチを楽しむ生活は、今考えれば贅沢でした。今となっても、相変わらず昼食には時間をかけない毎日ですが、いかに安く、しかし不健康にならないランチメニューを心がけています。

この日は、郵便局に行く予定があったので、近くにあるサブウェイでランチを買うことにしました。もともとサブウェイ好きなので、機会があればサブウェイでサンドイッチを買っています。最近はご無沙汰していたので楽しみです。

サブウェイで一番安い「ベジーデライト」なら300円

野菜をシンプルにサンドしたベジーデライトは、安いけど野菜も食べられる嬉しいメニュー。カロリーも控えめで、ダイエット中なら迷わず選択というところです。そしてたった300円なのに申し訳ない気持ちが少しありますが、「クレジットカード払い」でお支払い。現金掛け捨てではなくて、クレジットカードのポイント付与が目当てです。これで3ポイント付くので、実質297円・・・。

税込み価格  300円
カロリー  219kcal
おすすめドレッシング  オイル&ビネガー塩こしょう

1.パンを選ぶ

フラットブレッド、ハニーオーツ、セサミ、ウィート、ホワイトの5種類から選びますが、私は必ず「ハニーオーツ」を選びます。上にナッツっぽくパラパラかかっているのが好きなのですが、セサミだと歯につまってしまうし、具材の味を邪魔してしまう気がするので、いつも「ハニーオーツ!」と即答です。ほんのり甘い感じが大好きです。

2.トッピングを追加

ここは有料なので、もちろん断って終了。

3.野菜の増減を調整

いつも勇気がなくて言えないのですが、ここで「全部たっぷりでお願いします。」って言えるんですか?もし言ったことがある方、言うと本当にたっぷりしてもらえた、などのご経験者がいらっしゃいましたら教えてほしいです。

4.ドレッシング・ソースの選択

私は、ハムやレタス系にはマヨネーズを付けるのが好きなので、いつも「マヨネーズタイプ」を選択します。この日も、おすすめの「オイル&ビネガー」ではなくマヨネーズを選択しました。

自宅でカスタマイズ。豪華?に変身

自宅に戻って、ランチタイム。冷蔵庫に常備してあるハムとスライスチーズを追加して、ちょっと豪華に変身しました。節約した気分の時は、コーヒーくらいリッチにドリップして、ドリンク付きサンドイッチ(ハム&チーズ)の出来上がり。

ベジーデライトで節約ランチ

【補足】サブウェイで3番目に安い「アボカドベジー」

サブウェイで3番目に安い「アボカドベジー」を注文時、トラブル発生!

その後、同じことを「アボカドベジー」でやろうとした時のことです。ベジーデライトより90円も高いのですが、少し奮発して注文しました。

税込み価格  390円
カロリー  308kcal
おすすめドレッシング  野菜クリーミードレッシング

アボカドはややカロリー高めだし、自宅でチーズをプラスするのはやめて、冷蔵庫にあるハムだけ追加しよう。そう考えながらクレジットカードで支払おうとすると、あれ?390円でエビも乗ってるんだっけ?エビが5匹乗せられていることに気が付きました。そしてほぼ同時に「えびアボカド1つで、490円です。」と言われました。

「え!アボカドベジーで注文したんですけど・・・」

レジ担当の方が、私のサンドイッチを作ってくれた担当の方に振り返って「ベジー?」と確認しました。作ってくれた方はしまった!という顔をして、「すみません!作り直します、お待ち下さい。」と言ってくれました。しかし私は、90円の節約よりも食材を無駄に捨てることの方が嫌だったので、「あ、いえ、そのまま、えびアボカドでいいです。」という結果になりました。

まあ、この日はハムじゃなくてエビを食べておけ、という事なんだと思いました。もちろん自宅でハムやチーズを自己トッピングすることなく、ドリップコーヒーだけ自分で入れての昼食となりました。・・・ドレッシングは「マヨネーズタイプ」に変更済みです。

★★★
郵便局に行く機会は結構あるので、郵便局には午前中に足を運び、その度に帰り際、サブウェイ(公式ページ)に寄るつもりです。


コメントを残す