軽自動車のエンジンがかからない!未加入だけどJAFを呼び、理由が判明…

夫はJAF会員、妻(私)は未加入だけど、困ったその時に家族会員として認められるのか?

今回は、車で外出中に、非常に困ったことに遭遇し、JAFを呼んだ時の話です。いつもと違う出来事に、ちょっとしたパニックになってしまいました。

私は、運転はできても自動車のことは詳しくない。一人で運転中に車両のトラブルに見舞われたら、自分一人では対処できない・・・という情けないドライバーです。

情報・未然防止策として、初心者ドライバーや女性ドライバーに共有できればと思います。

ロックする時に、謎の警告音

クリーニング店に立ち寄るため、お店前の路肩に一時駐車し、降りてカギを閉めました。

この時、中でピーピーピーピーという警告音が鳴っている気がしました。

以前、半ドアのまま車から離れた時に、同じような警告音を聞いたことがあったので、「なんだ?半ドアか?まあいいや、数分ですぐに戻るから」と思い、そのままクリーニング店に入ってしまいました。

この時間、いつもは空いているはずなのに、この日に限って受付待ちが3人!

耳を澄ませば、まだ車で警告音が鳴っている気がするし、早くしてくれ~と思いながら順番を待ちました。

仕上がったクリーニング品を受け取り、急いで車に戻ってドアを開けると、やっぱりピーピー鳴っていました。

半ドアじゃなさそう。なんだろう、この警告音は?

警告音の理由が分かりませんでした。

ランプが消えない…電気系統の切り替わりがヘン!?

運転席に座って、ドアをしっかり閉めても、警告音は一向に鳴りやみませんでした。

エンジンが切れていなかったのか?

オイルランプやいくつかのランプが付いていました。

エンジンスタートボタンを押すと、電気系統が切り替わってランプの点灯状態が変わり、警告音が鳴りやみました。

だけど、オイルランプだけは付いていました。

そこで私は、「バッテリーがあがってしまったのかもしれない」と思いました。

この車は、プッシュスタートの軽自動車。ブレーキを踏んで、ボタンを押して、エンジンの発停をするタイプです。

この時は、「エンジンスタートボタンを押しても、完全に電源が切れないし、どうしてだろう」と思いながら、何回か押してあたふたしていました。

この時あたふたしながら、ブレーキも何回か踏んでしまったと思います。

★この時、「ブレーキを踏まずにエンジンスタートボタンを押す度に、電源系統が切り替わる」ということは、知らない。

ブレーキが踏み込めない!エンジンがかからない!

とりあえずエンジンをかけようと思い、ブレーキを踏むと、ブレーキが踏みこめない!

ブレーキロックされているような感じで、ブレーキが踏み込めません。

ブレーキが踏めないと、エンジンスタートボタンを押してもエンジンがかかるはずもなく、お手上げです。

どうしよう、どうしよう、と一人でパニックになりました。

未加入だけどJAFを呼んでみた!

思い付いたのは「JAFを呼ぼう」です。

夫はJAF会員だけど、夫の会員番号は分からない。そもそも、同じ車を共有している場合、会員の家族が運転していても有効なのか分かりません。

だけど、呼ぶしかない。

この日に限って、お財布は自宅に置いて来てしまいましたが、iphoneは持っていたので、JAFのコール番号を調べて電話しました。

そして、状況を説明。

安全な所に停車しているか、等の簡単な質問に答えました。

JAF受付担当者への回答項目

☑ ギアはパーキングに入っている
☑ サイドブレーキも引いてある
☑ ブレーキがロックされたように踏見込めず、エンジンがかけられない

家族がJAF会員でも、会員本人が「同乗なし」なら有料処置

夫がJAF会員であることを告げると、家族であることを確認するため、いくつか質問に答えました。

夫はJAF会員であり、私が「家族」であることは証明できましたが、「家族会員という契約ではない」と言われました。

この時、JAF会員である夫は、同乗していない。

会員本人が同乗している場合は、「会員サービス」として無料処置になりますが、「会員の所有車」「会員の家族」というだけでは、一般ユーザーとしての有料サービスになることが分かりました。

つまり、家族がJAF会員であっても、「家族会員」の契約がない場合、会員本人が同乗していなければ、ただの一般ピーポーです。

だけど、JAF未加入であっても、有料で助けてもらえることが分かりました!

いくらかかる!?JAFの有料サービス

さて、夫がJAF会員であっても同乗していない場合、非会員の妻が起こしたトラブルは、有料処置になることが分かりましたが、一体サービス料はいくらかかってしまうのでしょう?

電話越しのオペレーター曰く、「移動した距離に応じて金額がかかります。」とのこと!

つまり、ディーラーまでのレッカーになってしまうと、かなりの金額になるだろうし、現場から自宅が遠い場合も金額が張るだろうと予想できます。

まずは、「1kmも離れていない自宅にレッカーしてもらい、後はJAF会員である夫に任せよう。」と思いました。

それでも「15,000円~20,000円がかかるかもしれません、よろしいでしょうか?」と、電話の向こうのオペレーターに言われました。

よろしいも何も車が動かないと困るし、このまま放置するわけにはいかない…。

エンジンがかからない車を自宅に戻すため、2万円前後の代金がかかることを覚悟しました。

停車位置や加入保険によってはJAF以外の選択肢も

今回の私は、JAFに助けて頂くことになりますが、停車位置や加入保険によっては他の手段もありそうです。

JAFオペレータに「警察とか、他に手段はないんですよね?」と質問してみました。

「危険な場所で停車してしまったとか、事故の危険があるとか、そういう場合ですと警察へ通報することもあり得ます。お客様の場合は、警察への通報では対処できないかもしれません。」

と言われました。

また、

「個人で保険などに入っている場合は、レッカー等のサービスが適用される場合がございます。」と親切に教えて頂きました。

私の場合は、店舗前の安全な路肩に車が駐車している状態だったので、警察の介入は難しそう。

自動車保険の補償内容については、この時に詳細が分からず、このタイミングで保険の補償内容を確認する行動力がありませんでした。

★普段から、自動車保険の内容をしっかり把握しておくことは、とても重要です!

という結果、JAFでの対応をお願いしました。

「15分~20分ほどで担当が到着しますので、安全な所でお待ちください。」

JAFが来るまでの間、走って自宅まで財布を取りに行き、再び走って現場まで舞い戻りました。

その間、JAFの担当者から電話が入り、現場までの詳しい道を伝え、私が現場に戻るのとほぼ同時に、JAFのレッカー車がやって来ました。

ブレーキが固くて踏み込めなくても、とにかく強く踏む!

状況を説明すると、JAFの担当者は「はは~ん」という表情で、「では一緒にエンジンをかけてみましょうか。ブレーキを”思いっきり”踏んで、かけてみて下さい」と言いました。

はい、いや、あの、だから「硬くて踏めないんです。」と言って、運転席から状況を見せると、「それでも”思いっきり”、踏んでやってください」と強調されました。

硬くて踏めないブレーキを「これでもか!」というくらい強く踏み込みました。

この時、ブレーキはコチコチで踏み込めないので、「踏み込んでいる」という感覚はありません。

しかし、不思議!

エンジンスタートボタンを押すと、ブルルンっと馴染みの音が聞こえて、エンジンがかかりました!

「えええええ!!??」

ブレーキが固くて踏み込めない”感覚”があっても、強引に踏み込んでエンジンスタートボタンを押せば、エンジンはかかったのです。

エンジンがかからなかった原因と対処法(まとめ)

ここで、一連のトラブルの要点をまとめたいと思います。

駐車中のブレーキは、踏まれるごとに硬くなる

この事象は、女性に多いと言っていました。

止まっている状態で、何回かブレーキペダルを”踏み踏み”してしまうと、だんだんブレーキが硬くなる仕様だそうです。

こうなると、いつもの力でブレーキを踏んだだけでは、ブレーキが踏まれたことが認識されない状態になってしまうそうです。

一度硬くなってしまうと、女性の力でちょっと踏んだだけではビクともせず、ブレーキがロックされた感じになってしまうのです。

そんな時は、強く力を入れて、これでもか!と本気でブレーキを踏み込みます。

ブレーキは強く踏み込んでエンジンをかける

ブレーキが踏まれたことを認識させないと、エンジンはかかりません。

(足の力の弱い方は特に意識して)力強く踏み込んで、エンジンスタートボタンを押しましょう。

JAFの担当者と共に、”ブレーキふみふみ”事象を再現してみました。

すると、本当にブレーキがコチコチに固まり、踏み込めない状態になりました。

ブレーキを強く踏み込んでエンジンをかける、という練習を何度かしました。

「家族会員」契約してJAFに加入!

結局、レッカーの必要もなく、エンジンがかかって無事に終了という結果でした。

一件落着です。

最初にピーピー鳴っていた警告音については再現できず、正式に原因が分かりませんでした。

エンジンが完全に切れず、電源(ACC?)が入っているままドアロックしようとしたからかもしれません。

JAFの人は、「再現してみましょうか?」と言ってくれましたが、時間の関係上、再現には至りませんでした。

そして、今回の費用は無料でした。

何もしていないからサービス料としても不要とのこと。

私からすると、トラブル対応に加えて講習会までしてもらった気持ちなので、本当にJAFの担当者に感謝です。

この日、夫のJAF契約内容をグレードアップし、私も家族会員として加入したことは言うまでもありません。


ブログランキングにも参加しています。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、情報を必要としている方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください