コストコで必ず買うもの「キッチンペーパータオル」はバウンティ派?カークランド派?まずは保管場所を確保!

コストコで必ず買うもの「キッチンペーパータオル」はバウンティ派?カークランド派?まずは保管場所を確保!

子供が産まれ、息子のアレルギーマーチが到来。凹凸のある発達などに向き合いながら奮闘している今は、海外旅行どころではありません。

さて、アメリカには行けないけれど、「アメリカのあの匂い」を感じる場所に、毎月必ず行っています。それは、アメリカ生まれの大型会員制の倉庫店、COSTCO(コストコ)です。

今回は、必ずコストコで買う商品「キッチンペーパー」(レシート表記:ペーパータオル)について語ります。

ブランド選定「カークランド」VS「Bounty(バウンティ)」

コストコのキッチンペーパーを買おうと決めた時に、最初に悩むのは、「カークランド」と「Bounty(バウンティ)」どちらのブランドにするか?ではないでしょうか。

カークランド派とバウンティ派で、真っ二つに分かれる所だと思います。

過去ずっと、両方のブランドを使って比較して来ました。

見栄え重視なら「バウンティ」

紙質の良さが伝わるのは、バウンティです。カークランドよりもしなやかな感じがします。

また、何と言ってもバウンティには、絵柄の印字あり!ロールによってデザインが異なり、素敵です。

絵柄がかわいいキッチンペーパーは、お皿に敷いて使う時にも、威力を発揮します。揚げ物料理やお菓子を出す時、お皿に一枚敷くだけで、油分を吸収してくれるだけでなく、かわいい絵柄が食卓をちょっぴり華やかにしてくれます。

また、キッチンペーパーは、見える状態で置くことが多く、少しでも生活感をなくしたいキッチンにおける悩ましいアイテムです。柄付きのキッチンペーパーは、目に見えるところに置いてあっても、こだわり感が出てオシャレです。

見栄えを重視するなら、バウンティが一押しです。

コスパ重視なら「カークランド」

コストコでの販売価格は、バウンティよりもカークランドの方が安いです。

カークランドのペーパータオルは2,498円。バウンティは3,088円、高めです。

バウンティは、クーポン割引で2,500円前後で購入できるタイミングでないと、値段の差で躊躇します。

それでも、バウンティのペーパータオルは、成城石井などで1ロール300円超えで販売されていることを考えると、コストコで12ロールをまとめて購入した方がお得です。

ここ最近は、コストを重視して、カークランド派です。

それでは、カークランドのキッチンペーパーのコスパについて、探ってみましょう。

1ロールが長持ち!吸収率が良い

カークランドのキッチンペーパーは、1ロール全体が長く、長持ちします。シート寸法は279㎜×177㎜、160カット分あります。

ペーパーには、破線が入っています。1つ目の破線で切り取った場合、ペーパーは正方形ではなく長方形ですが、そのハーフサイズ状態でも、十分な吸収率なのです。

洗った食器の水切りに使ったり、台所仕事で濡れた自分の手を拭いたりしても、全然大丈夫です。

4ロール入りで販売されている一般的なキッチンペーパーは、安くてコンパクトで便利ですが、どこを拭くにもキッチンペーパーを使っていると、すぐに1ロールがなくなってしまいました。

コストコのキッチンペーパーは、1カットの水分の吸収率がよく、160カットあるので、1ロールがとても長持ちします。

紙質が丈夫!掃除しても破れない

コストコのキッチンペーパーは、キッチン雑巾のように使っても破れません。

除菌スプレーを吹きかけたテーブルを拭き、最後に汚れた床上を掃除しても破れない。水浸しになったキッチンを拭いて、最後にシンクの中の水滴を拭きとっても破れない。そして、絞って広げて折り畳み、再び拭き取っても破れていない。破れぬ強さはスゴイです。

お皿の上に敷いて使ったキッチンペーパーは、鍋やフライパンのヨゴレを拭き取るのに使ってから捨てます。汚れも油も拭き取れます。

収納場所の確保が必須!

コストコのペーパータオルは、1ロールが大きいです。これが12ロール入った状態は、非常~に大きいです。コストコで購入した時のジャンボ姿は、カークランド、バウンティ共に共通して言えることです。

友人数名で3~4ロールずつシェアするのであれば問題ありませんが、12ロールまるまる自宅で使用する場合、これが収納できる場所が必要です。

私は、コストコのキッチンペーパー専用の収納場所を確保しました。コストコから帰ってきて、そのままスッポリ12ロールを入れることができる収納場所です。

奥行のある収納棚の下の方の棚がお勧めです。重たいので、状態を縦にして持ち上げるのは大変だし、開封して1ロールずつしまっていくのは面倒だからです。

実は、過去のロサンゼルス旅行で、アメリカ本土のコストコにも立ち寄ったことがあります。コストコ店内の匂いは一緒でした!

いつかまた、息子を連れて、アメリカ本土のコストコに行った時に、食物アレルギーでも大丈夫だった食品を中心に、ご紹介したいです。
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

自分の経験を誰かのために。ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す