シェア畑を始めました!手ぶらで食育☆サポート付き貸し農園で有機野菜作りスタート

シェア畑を始めました~自然好き発達凹凸っ子の食育を兼ねまして~

手ぶらで行ける、サポート付き貸し農園「シェア畑」を始めました。

無料見学に参加した日、畑の魅力に完全に魅了され、即入会しました。

お野菜(の写真)と共に、その魅力をおすそ分けします。


まずは無料見学に参加

以前から「体験農園・利用者募集中」とはためく旗が気になっていました。

そしてネットで無料見学を予約しました。

シェア畑のHPから、お近くのシェア畑を探すことができます。
全国70農園展開中!【シェア畑】

待ちに待った無料見学の当日、初めて、畑の敷地内に入りました。

「手ぶらで行ける」は本当だった!種から農具まで全て揃う

敷地に入り、まず目に付くのは、まだ名前も知らない農具たち。

畑に使うんだろうな、という道具たちが、並んでいました。

流石に、「じょうろ」は知っています。

ビニールハウスのような、ドアの付いた部屋の中にも、畑作りで使う道具類がびっしり。

ハサミ・クワ等のちょっと危ない道具や、やはり室内管理の野菜の種、無農薬で虫や病気を撃退するための手作りスプレーなど、色々あります。
無農薬野菜を栽培するなら【シェア畑】

現場サポート付きで初心者でも大丈夫!

それでは早速、シェア畑の説明を受けたいと思います。
菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

息子も、一緒に畑へGO!

シェア畑は、広い農園が、細かい区画に分けられています。

「こども畑」と呼ばれる小さめの区画と、「こども畑」の3倍くらい?ある大きな区画が存在します。

数区画を借りてしまうお金持ちの方も、世の中にはいらっしゃいますが、通常は一区画をレンタルします。



自分が借りた区画で、季節の野菜を育てていきます。

野菜一つひとつの特性や作り方は、現場サポートのアドバイザーが教えてくれます。

定期的に講習会があって、自分が利用するシェア畑で集団講習が行われます。


シェア畑HPより
そこで今シーズンのスケジュールや、基本的な作業内容を教えてもらいます。

作業自体は、全部自分でやります。

不明点は都度、現場サポートのアドバイザーに聞けるから、野菜作り素人でも大丈夫です。

シェア畑の利用料金



シェア畑HPより;畑のレイアウト例

シェア畑の利用料金は、畑の所在(土地の評価額)によって異なります。

私が住む関東地域では、1区画8,000円~10,000円くらいです。小さい「こども畑」は5000円前後です。

東京23区となると更に高く、都心から遠ければもう少し安いのだと思います。

同じ畑でも、同じ広さの区画でも、利用料金に価格の差があります。

その差は、便利差です。

道具置き場や水道に近い、便利な区画は、利用料金が高めです。

サンプル野菜の収穫体験!

石・虫・葉っぱ…。自然好きな息子は、愛用している虫かご片手に、興味深々。
みんなで育てて、みんなで食べる【シェア畑】

「あ!きゅうり!」

「取っていいよ。」とアドバイザーの許可が出て、早速、収穫体験です。

シェア畑には、契約者(利用者)がすぐに畑を始められるように、サンプル野菜が既に植えてある区画があります。

まだ利用者がいない畑は、現場サポートの方がお手入れ&管理しています。

そのサンプル野菜が実っていたので、息子に収穫体験させてくれました♪

ピーマンも収穫しました。

トマトも収穫しました。

子供の「食育」に最適




子供の食育に、収穫体験は欠かせないポイントです。

でも「シェア畑」は、収穫体験だけじゃない!

収穫できるまで、野菜たちが大きくなるまで、ずっと観察してきたからこそ、体感しながら学べる食育があります。

「ピーマン、全部、お空に向いてるね。」

「なんだ、これ!?ねえ、来て来て見て見て。」「赤いオクラだよ。」

「曲がったキュウリもあるんだよー。」

「トマト、だんだん赤くなってくるねー。」「緑も食べれる?」

「来て来て来て、見て見て見て!つながってるカボチャ!」

子供も飽きずに楽しめる「こどもひろば」

そうは言っても、飽きやすい子供たち。

子供が「まだ~?」とグズリ出したが、畑のお手入れが終わらない…。

そんなシーンは容易に想像付きます。

シェア畑なら、子供が遊べるスペースが用意されているから、大丈夫!でした。

私が見学したシェア畑には、「こどもひろば」の看板がある砂場(というか畑の土のいじり場)がありました。

子供用のジョウロに水を入れて、土を濡らしたり、川を作ったりして遊べます。

手づくりの輪投げ広場もあって、早速遊んでいました。

遊びすぎて、輪投げの番号札が倒れてしまいました…。

イベントも充実☆季節を満喫

バーベキュー等で活躍するベンチ。(とメダカ)

シェア畑には、イベントスペースがあって、四季折々のイベントを利用者みんなで楽しめます。

毎年毎シーズン、イベントを開催して、焼き芋やバーベキューを楽しむそうです。

イベントの多くは、「食」に関することです。

それ以外にも、7月には七夕飾りを皆でやったそうで、私が見学した時も、ササの葉が風になびいていました。

畑の野菜に魅了されて即時入会☆利用者になりました




子供が楽しそうに畑で過ごし、艶やかに実りだした夏野菜たちを見て、私はすっかりシェア畑に魅了されていました。

畑の横にある木製のテーブルで、汗ダラダラになりながら、契約書にサインしました。

晴れて、私はシェア畑の利用者になりました!

その夜、4歳の息子は、野菜の絵を描いていました。

シェア畑に、タマネギはなかった気がするけど…。スイカ?にんじん?あった、あった!畑にあった!

自ら、画用紙と色鉛筆を取り出し、昼間にシェア畑で見た野菜たちを描いている。

しかも、キュウリのお尻に、黄色い花がちゃんと咲いている…。
にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

これこそ自然の食育じゃん!

「年間一括払い」しかできないシェア畑の利用料金が、家計に響く不安を、前向きな想いで打ち消すことに成功しました。

本当に楽しみ!です。
※人生初の「クワ持ち」「畝づくり」につづく…。


コメントを残す