人生初のウネづくり!初めてクワを持ちました。夏野菜の土づくり【シェア畑ブログ】

シェア畑に入会して、数日後。
荒れた畑を耕すため、シェア畑の自分の区画にやって来ました。

【シェア畑を始めます】手ぶらで食育・有機野菜づくり!サポート付きレンタル農園、無料見学に参加しました。

2018/08/06

菜園アドバイザーとマンツーマンで、夏野菜の土づくりをします。

クワを持った経験が一度もない私が、ウネを立てる(+マルチを張る)作業を行いました。

夏野菜としては遅いスタート

時は既に7月上旬。
他のベテラン区画では、夏野菜が収穫のピークを迎えようとしていました。

夏野菜の種まきが、これからスタートという時期の遅れが、この後どう影響するか。

乞うご期待。

【シェア畑ブログ】猛暑の影響が野菜たちに!初めてのトンネル立て・種まき・夏野菜の収穫

2018/08/28

そして何より、今年(2018年)は、記録的な猛暑!

観測史上、最も早い梅雨明け、記録的な最高気温、危険な暑さ。

これが野菜たちにどう影響するか。

この日も、不要不急の外出を避けるよう、地域のスピーカーからアナウンスが流れているような酷暑です。

菜園アドバイザー
暑さがヤバイですから、1時間くらいで終わるように頑張りましょう!

「畝づくり」のために用意したもの

まずは、土づくりに必要な農具を準備しました。

女性アドバイザーは手際よく効率よく、私よりも重たい農具たちをサッサと準備してくれました。

道具置き場から畑(自分の区画)まで、行ったり来たりは大変です。少ない往復で済むように、道具はなるべくまとめて運びます。

土づくりに必要な道具
・くわ
・ならし版
・スコップ(大)
・スコップ(小)「移植ごて」と言うらしい。
・カマ(草むしり用)
・バケツ(草むしり用)
・バケツ+肥料
・水いっぱいに入れたジョウロ(2つ)
・マルチ(黒いビニール)
・マルチ止め(T型の先がとがったやつ)

水を入れた重たいジョウロが2つある時点で、一度に運ぶのは無理でした。

自分の区画まで、必要な道具を運び終わったところで、いよいよ土づくり(畝づくり)スタートです。

土づくり手順1.草むしり

シェア畑の1区画は、全部で4つのウネから成り立っています。

手前が1番ウネ、一番奥が4番ウネです。

私がレンタルした区画は、1番ウネと4番ウネだけ、既にサンプル野菜が育てられていました。

1番ウネには、トマト・ナス・ピーマン。4番ウネには、カボチャ・インゲン・キュウリ。これらは既に、収穫可能!

問題は、2番ウネと3番ウネです。
ウネどころか、雑草ボーボーの荒れ地だったのです。

これを耕す…?

菜園アドバイザー
まずは、草むしりです。

酷暑の中、カマを右手に、ひたすら草むしりが始まりました。

15分程で終わってしまったのは、菜園アドバイザーの目にも止まらぬ「カマさばき」のおかげでした。

土づくり手順2.土を耕す(掘り起こす・石を取り除く)

土を耕す目的
1.微生物や根っこのために、土の中に空気を入れてあげる。
2.塊を砕いて、肥料をなじみやすくする。
3.塊を砕いて、水はけをよくする。
4.土を柔らかくして、根が伸びやすいようにする。

生まれて初めて、クワを持ちました。

運んだ時は、意外と重たい事にびっくりしましたが、意外と使いこなせました。

菜園アドバイザー
上げた反動で、ただ降ろす。余計な力は使わない感じ。
菜園アドバイザー
よいしょ、よいしょ、って頑張ると、すぐ疲れるから、クワの重さで自然に降ろす感じ。

・・・アドバイスが的確でした。

途中で、石がゴロゴロ出てくるため、見つける度に取り除きます。

また、酷暑のせいで土の乾燥もひどく、掘り起こすたびに土埃が舞います。ジョウロの水を撒きながら耕しました。

土づくり手順3.肥料を混ぜる

シェア畑自慢の?有機質肥料の出番です。

バケツに入れて持ってきた肥料を、スコップ(小)で混ぜ合わせます。

よく混ざったら、柔らかくなった土の上に、まんべんなく撒きます。

そして再び、クワを使って、土を掘り返しながら肥料を混ぜました。

土づくり手順4.ウネを立てる

「ウネ」とは?
種や苗を植え付けるために、土を盛り上げたもの。

ウネを立てることで、通気性や水はけが良くなり、肥料が雨で流れづらくなり、根を深く張ることができる、等のメリットがあるそうです。

「ならし板」という細長い板を使って、ウネを立てます。

ならし板の高さが、ちょうどウネの高さ。ならし版で土を抑えながら、上が平らになるように土をならします。

驚いたのは、ウネを立てる位置やウネ幅を、きっちり測ることです。

ならし版に、1cm間隔の目盛がマジックで書いてあり、ならし版自体が大きな定規のようになっています。

端から20cm、幅60cm、というように、きちんと測りながらウネを立てました。

土づくり手順5.マルチ張り

素人ながら完成した2番ウネ、3番ウネ

ここまで来れば、ゴールが見えてきました。

初めて作ったウネを、マルチ(黒いビニール)で覆います。

マルチの主な役割
雑草防止、保湿、保温、病気予防、肥料流出の防止、土の団粒構造の崩れ防止。

予め、ウネにぴったりのサイズになるように、マルチはカットして持ってきました。

風になびかせながら、うまく広げたら、四隅をマルチ止めで止めます。

最後に、マルチが風でめくれないように、マルチの裾を土にかぶせて、完成です。

完成したウネに”肥料不要の枝豆”の種まき!

後日、息子と畑の様子をチェック。

これ以上は、熱中症の危険もあり、そろそろ引き揚げます。

しかし、夏野菜の栽培スケジュールが押しているため、「枝豆」の種だけ撒くことになりました。

菜園アドバイザー
枝豆は、基本、肥料いらないから、撒いちゃいましょう。

張ったマルチに穴をあけ、種(=乾燥した枝豆みたいなやつ)を撒きました。

発芽した芽が、鳥に食べられないように、白い布(不織布)をマルチの上からかぶせて、マルチ止めで止めました。

最後はもう汗ダラダラ、服は汗でびしょ濡れです。ここまでの畑作業で限界を迎えました。

次回は、土づくりから1週間後、オクラ・葉物野菜の種まきです。

【シェア畑ブログ】猛暑の影響が野菜たちに!初めてのトンネル立て・種まき・夏野菜の収穫

2018/08/28
【シェア畑】まずは気軽に無料見学!


発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください