【シェア畑ブログ】冬野菜「茎ブロッコリー」の収穫~週に1度の楽しみ花つぼみ

初めての苗付けで植えた、茎ブロッコリー。

2019年1月現在、少しずつ収穫が続いています。きっと2月でおしまいだから、記録しておきます。

か弱かった苗時代

一番左側の一番小さい苗が茎ブロッコリー。クタ~としてか弱い感じでした。

初めて苗を植えたのは、確か9月。

【シェア畑ブログ】秋冬野菜づくりの講習会に参加!初めての「苗植えつけ」に挑戦

2018.09.12

まだウネ作りも下手で、表面が凸凹のウネでした。そこに植えたのが、茎ブロッコリーの苗です。

すくすく育った茎ブロッコリー

左:茎ブロッコリー

心配をよそに、葉っぱは頑丈になり、背丈が少しずつ伸びました。

10月中旬には、この大きさ。左が茎ブロッコリーです。

収穫シーズン到来!初めての「花つぼみ」

ブロッコリーの食べる部分!
「花のつぼみ」の部分がなっているのを見た時は、嬉しかったですね~。

収穫は、ハサミで丁寧にカットします。

「防虫トンネルの高さを上げる」技を知る

11月には、茎ブロッコリーの丈が、防虫ネットの天井に届いてしまいました。

なんかの虫が、 防虫ネットの外側から、茎ブロッコリーの葉に卵を産み付けるんですよ!

「ダンポール(トンネルの骨組みとなる青い針金)を引っ張って、トンネルの高さを上げた方がいいよ。」by 菜園アドバイザー

菜園アドバイザーのアドバイス通り、防虫ネットトンネルの高さを高くしました。素人には、途中でトンネルの高さを変える発想が、ありませんでした。

柔らかくて美味し~い茎ブロッコリー

12月に入り、寒さも本格化する中、茎ブロッコリーは少しずつ「花つぼみ」を付けてくれます。1週間に1度、片手いっぱに乗るくらい、収穫ができます。

一度に収穫できる量は少ないですが、茎ブロッコリーを収穫した日は、翌朝がとても楽しみ。新鮮な茎ブロッコリーを軽くゆで、粗塩をふって食べる!から。これが息子(現在5歳児)と私の朝食・前菜、収穫翌朝の定番です。
(夫は茎ブロッコリーをゆでる前に出勤)

「初めての茎ブロッコリー」最後は近い

これは今日、収穫したばかりの茎ブロッコリー(+間引きサラダホウレンソウ)。1月現在も、少しずつ「花つぼみ」ができています。

「茎ブロッコリーは、いつまで収穫できるんですか?」

菜園アドバイザーに質問すると…

「2月かな~。2月に入ると(花つぼみが)なっても、すぐに花を咲かせるようになるから、終わりが自分で分かってくると思うよ。」

どうやら、来月(2月)に、茎ブロッコリーとのお別れが来るようです。

それまで、1週間に一度のペースで、収穫(と朝食の前菜)を楽しみます!

【シェア畑】まずは気軽に無料見学!


自分の経験を誰かのために。
応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お気軽にコメントをどうぞ