【シェア畑ブログ】LOGOSの折りたたみ防水バケツが家庭菜園でも活躍!

近所のレンタル農園「シェア畑」を始めて、1年が過ぎました。

今まで収穫した野菜は、持参したビニール袋に入れていましたが、ここに来て、大変便利なアイテムに気が付きました。

それが、LOGOS(ロゴス)の折りたたみ式バケツです。

普段はぺったんこ!LOGOSのバケツは折りたたんで収納できる

LOGOSの折りたたみ式の防水バケツ

もともと自宅にあったLOGOSの折りたたみ式バケツは、掃除で水を入れる時だけ使っていました。

底と蓋を重ねるように、ぺったんこに潰して収納できるので、収納する時の姿は、かなりコンパクト。それが逆に、目立たない!

普段は、このバケツの存在を忘れていました。

収穫はビニール袋!…は風にあおられ入れにくいからバケツに変更

私は、野菜の収穫をする時、スーパーの使用済みレジ袋を持参して、片方の取っ手を左手に通して、右手にハサミを持って収穫作業をしています。

風もなくレジ袋の口がうまく開いてくれている時は良いけど、少しでも風が吹いていると、レジ袋の口が閉まってスムーズに野菜が入れられません。

結局、自分の右手を使って、レジ袋を開いてから、同じ右手で持っている野菜を入れる…という要領の悪い人でした。

これなら、足元にバケツを置いて、収穫した野菜をポンポン入れていった方が、やりやすいじゃないか!

ということで、自宅から息子の玩具のバケツを借りて、シェア畑に行くようになりました。小さな砂場用のバケツです。

しかし、季節は夏。
ボディが大きめの夏野菜が収穫シーズンを迎えると、小さな砂場遊び用のバケツには、収穫した野菜が入らなくなりました。

そこで、もう1つ、缶でできた玩具のバケツを持参。

なぜ私は、玩具のバケツを2つも持参しているんだろう…。持って行く時は2つを重ねて持って行けるからいいけど、野菜を入れた後は2つも持つのが大変。

なんて要領の悪い人でしょう。

でも、うちには大きなバケツはないし…?

待てよ?
折りたたみバケツがあるじゃないか!

ということで、LOGOSの折りたたみ式バケツを引っ張り出しました。

ファスナー付きが便利!畑帰りもバッグを装いスーパーに行ける!

折りたたみバケツは、収穫した野菜をジャンジャン入れていけるので、とても便利でした。

しかも、そのまま持ち帰れば良いだけ!

しかも、LOGOSの折りたたみ式バケツは、ファスナー開閉の蓋が付いています。

野菜を入れて、ファスナーを閉じてしまえば、まるでエコバッグのように装えます。そのまま食品スーパーに立ち寄れて快適でした。

LOGOSのバケツの蓋を開けた所
ん?蓋に何かが…

蓋を閉めている時間が長いと、野菜にも良くないので、帰宅後はすぐに開けましょう。

蓋に付いていたイモムシ

無農薬野菜に付いていた虫たちも、苦しくて外に出ようと、蓋に付いていました。

LOGOSの折りたたみバケツは当然”防水”!そのまま水を入れて野菜を洗える

バケツに水を入れる

シェア畑から帰宅後、今まではビニール袋から野菜を取り出して、キッチンのシンクにある洗い桶に移す作業が必要でした。

LOGOSのバケツを使うようになってからは、そのまま水を入れてジャブジャブ洗うだけ!

もともとはキャンプ用品として活躍するバケツなので、防水仕様で頑丈。

畑から付いて来た土も虫も、ザブザブ洗い流すことができました。

乾いたら潰すだけ!底に引っかける紐ベルトがあって干しやすい

バケツを干す

最後は、ベランダに乾くまで放置するだけです。

バケツの底に、(底の強化用?)紐ベルトが付いています。ここにフックや竿を通せるので、バケツを逆さまにして干すこともできます。

乾いたら、また潰して折りたたんで、ちょっとした隙間にしまっておくだけ。

私のシャア畑ライフが、少し快適になりました。


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

私が持っているタイプは古いようです。

現在は「透明の蓋でグリーン」のタイプか、「白色で半透明」のタイプがネット上で見受けられました。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください