【シェア畑ブログ】猛暑の影響が野菜たちに!初めてのトンネル立て・種まき・夏野菜の収穫

【シェア畑ブログ】猛暑の影響が野菜たちに!初めてのトンネル立て・種まき・夏野菜の収穫

今年の夏は暑い!レンタル農園「シェア畑」の野菜たちに、影響が出始めています。

今回の畑仕事は、オクラの種まき・葉物の種まき・防虫ネット張り(トンネル立て)です。

オクラの種まき

他の畑ではオクラが実りだしています

赤いオクラの種を撒きます。

ウネに敷いてあるマルチ(黒いビニールシート)に、6個の穴を空けて、ひと穴につき5個ずつ種を撒きました。

夏野菜スケジュールとしては、かなり遅い種まきです。

異例の猛暑と時期が重なり、発芽率も悪く、この後、間引きの必要がない状態となりました。

本来は5本発芽して、3本を残して2本を間引くのですが、私のオクラは始めから3本しか発芽しなかったのです。

葉物の種まき




黒マルチを敷いていないウネに、葉物の種まきもしました。

私が選んだ葉物は、小松菜・ラディッシュ・チンゲン菜です。

葉物の種まきが、こんなに大変だとは知りませんでした。

種一粒が、米粒よりも全然小さくて、軽くて、つまみにくい。

「筋撒き」というから、筋に沿ってサーっと適当に撒くのかと思いきや、とんでもありませんでした。

1cm間隔で目盛りが書いてある棒を置いて、目盛りに沿って、種を一粒一粒置いていくのです。

実ってくれれば、苦労も報われますが、この酷暑で発芽せず、発芽してもすぐに枯れてダメになる、という結果でした。

枝豆の発芽も悪い

枝豆の芽は2か所からしか出ていない

前回、種まきした枝豆も、本来であれば黒マルチの6つの穴から、芽が出ているはず…。

しかし、2つの穴からしか発芽していませんでした。

初めての防虫ネット張り(トンネル立て)

前回の「ウネづくり」に比較すると、防虫ネット張りは、体力的には全然楽でした。

初めての防虫ネット張り体験です。
にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ

まず、青い長い針金(ダンポールというらしい)の両端を、土に突き刺し、トンネルの枠組みを作ります。

次に、防虫ネットをフワっとかけて、両サイドの裾を束ねながらピンと張っていき、束ねた部分をUピンで土に刺して止めます。

トンネルのサイドがフワフワしているので、トンネルパッカーという小さなクリップのような道具で、止めます。

防虫ネットの裾に土をかけて固定しておくと、更に虫の侵入を防げるそうです。

サンプル野菜は成長中

防虫ネット(トンネル立て)が完成して、何もなかった2番ウネと3番ウネが畑らしくなりました。

借りた区画に、最初から植えてあったサンプル夏野菜(1番ウネ、4番ウネ)は、順調に成長しています。

1番ウネのトマト・ナス・ピーマンは、少しずつ収穫ができる状態です。
にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ

猛暑の影響(2018年7月)

2018年、今年の夏の暑さは酷いです。

乾燥好きのトマトの被害は、猛暑よりもカラスのいたずらがメインですが、その他の夏野菜の被害は、ある日突然やってきます。
にほんブログ村 病気ブログ 食物アレルギーへ

インゲンが全滅

一番収穫できていたインゲン。2日後に、畑に行くと、全部枯れていました。

「え!なんで?」暫し唖然でした。

菜園アドバイザーから「次の苗付けに備えて、土を疲れさせない方が良い。」とのアドバイスを受け、すぐに根っこごと引っこ抜いて処分しました。


菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

カボチャが育たず

4番ウネの一番左側のカボチャ

水をあげても、日に日に葉が枯れて、「もう実はならないね。」と菜園アドバイザーにも言われました。

インゲンと同様、これ以上、土を無駄に疲れさせないために、処分しました。

他の区画では、カボチャが実っている畑もあったので、一概に猛暑のせいとは言えないかもしれません。

ピーマンの日焼け

ピーマンは、少しずつ収穫できますが、日焼けしているピーマンが増えました。

ピーマンは、熟すと赤くなりますが、その赤じゃない、明らかに焼けた茶色。

形も、クネっと曲がったピーマンが増えています。

楽しい収穫体験

それでも、キュウリは行くたびに2~3本ずつ収穫ができています。ぬか漬けにして食べる分と、朝食で生のまま食べる分とに、分けて楽しんでいます。

トマトは、赤くなった実から収穫していますが、皮が硬いです。夫と息子は食べないので、私が一人でかじっています。

ナスは、ようやく紫の花が増えています。行くたびに1~2個だけ収穫できます。少ないのでお味噌汁の具として使っています。

ピーマンと一緒に収穫できた日は、炒め物として夕食の主菜になっています。ナスは、8月に収穫のピークを迎えることになります。



全国70農園展開中!【シェア畑】

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

アレルギーでも食べられる食品を探したい!

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の栗蒸し羊羹には、小麦が含まれています。
通常の羊羹、秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

★原材料は、商品の最新情報にて、必ずご自身でご確認下さい★

お気軽にコメントをどうぞ