どうにでも解釈できる原則。地域ごとに「食物アレルギー対応ガイドライン」がこんなに違う理由

私が住む自治体が定める食物アレルギー対応ガイドラインによると、アレルギー対応として除去はするけど代替えはしない、という基本方針です。

しかも、除去対象は「卵」だけ、と書いてありました。

今回は、ガイドラインに関するモヤモヤを紐解きます。

元は同じガイドラインなのに、アレルギー対応方針が地域ごとにバラバラ

各自治体は、文部科学省が定めた「学校給食における食物アレルギー対応ガイドライン」を元に、独自の「食物アレルギー対応ガイドライン」を作っています。

各学校は、自治体が定めた食物アレルギー対応ガイドラインに従い、実際の学校給食のアレルギー対応にあたります。

この、自治体が定めた食物アレルギー対応ガイドライン。

・「卵」だけ除去対応の方針、それ以外は弁当対応
 ※うちの自治体はこれに該当
・ 「乳」、「卵」、「卵・乳」の3パターンのみ除去対応

等々、自治体によって方針がバラバラなのです。

各自治体のガイドラインの”元ネタ”となるのは、みんな同じ、文部科学省が定めたガイドラインのはずですが、自治体によってけっこう違うのです。

更に、それを参考に、学校側が「本校の食物アレルギー対応基本方針」として出してくるので、同じ市内であっても学校ごとに統一されていません。

元ネタは同じなのに、なぜでしょう?

アレルギー対応の「徹底ぶり」に違いがあるのは仕方ない

過去にアレルギー事故の経験がある市町村区は、どうしても安全性を意識して、アレルギー対応に厳しくなるのは理解。

全ての給食メニューについて7大アレルゲン不使用とするような、アレルギー対応先進地域「箕面市」は、超越した存在。

※箕面市はスゴイです。

大阪府 箕面市 「食物アレルギーなどに対応した給食」
https://www.city.minoh.lg.jp/kurashi/kyouiku/kyuushoku/kobetsutaiou.html

アレルギー対応の”徹底ぶり”に方向性の違いが出てくるのは、理解できます。

食物アレルギー対応を徹底すればするほど、アレルギー事故を起こさない対策になるということ。

現実的な極論としては、
・アレルゲンを含む食材を使うなら、アレルギー児には提供しない。
・アレルゲンを含まない食材だけ使う。

この2路線です。

だけど、アレルギー対応としては発展途上の自治体は沢山あるのに、これほど方針自体がバラバラなのはなぜだろう?

私の住む地域では、同じ都道府県内ですら、隣町とはアレルギー対応方針が異なります。

「徹底ぶり」の違いではなく、アレルギー対応でカバーできるアレルゲンすら統一されていません。

なぜでしょう?

文部科学省「学校給食における食物アレルギー対応指針」の”大原則”がブレ要素満載!

不思議だな…と思っていたら、文部科学省が定める『大原則』が、1本化どころか何本にも分岐可能な、解釈次第で好きなようにできる原則でした。

● 食物アレルギーを有する児童生徒にも、給食を提供する。

文部科学省「学校給食における食物アレルギー対応の大原則」より

これと

● 学校及び調理場の施設設備、人員を鑑み無理な(過度に複雑な)対応は行わない。

文部科学省「学校給食における食物アレルギー対応の大原則」より

これが、同列に書かれていました。

「アレルギー児を含めた全児童生徒に、給食を提供する」ことが大原則にありながら、学校や調理場の”大変さ”を理由に、その大原則を否定できる内容なのです。

一方の大原則が、もう一方の大原則を否定できる、ある意味で「優れた」書き方です。

これでは、各自治体がどちらを優先するかによって、作成するガイドラインの方向性が変わります。

方向性すら変わってしまうガイドラインが大元なので、これを参考にした自治体それぞれが、独自に決めた方針になってしまうことに納得しました。

対応必須のアレルゲンは定めていない上に、「大変ならやらなくて良いよ」という解釈ができます。

結果的に、私の住む自治体では、「除去対応は”卵”だけ」というガイドラインが作成されました。

注目すべきは、ガイドラインでは見えない食品メーカーと給食現場の努力

入学してから分かったこともあります。

食物アレルギー対応ガイドラインだけを読むと、息子への給食提供は絶望的に見えますが、実際に「食べられるメニューが全くないか?」と言えば、そうでもありません。

その理由は、学校給食に使われる「調味料」や「加工品」において、余計なアレルゲンが不使用だったりするからです。

その逆もあって、食べられないメニューも多いですが、1日の給食の中に、1メニューでも皆と同じメニューが食べられる日があるのは嬉しいです。

最近では、「学校給食用」と謳う業務用食品が、”小麦不使用”にリニューアルしたり、学校側がそういう食品を発注したりしています。

実感として、自治体ごとにバラバラの「食物アレルギー対応ガイドライン」が存在するものの、給食現場では”可能な限りの努力”をしていると感じます。

【アレルギー児の学校給食】余計なアレルゲンを含まない食材・加工食品の選定を!年間弁当か一部代替か決めるカギ

2019/10/28

ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください