「無印良品」はアレルギー対応お菓子の宝庫!植物油脂の正体は?

シンプルな雑貨や収納用品で人気の「無印良品(MUJI)」ですが、食品も侮れないことをご存知ですか?

無印良品の食品コーナーは、アレルギー対応お菓子の宝庫なのです。今回まとめ買いした食品について、原材料と共にご紹介します。原材料に含まれる「植物油脂」の正体も分かりました。

「無印良品」の低アレルゲンお菓子たち

今回「無印良品」で購入した食品は、こちらの4種類です。
・国産米粉のミックス粉
・素材を生かしたスナック「えんどう豆」
・素材を生かしたスナック「とうもろこし」
・きなこ玉

電車で帰ってくる手前、これ以上1つのお店で嵩張る&重たくなることができず、今回はこれだけ。アレルギーなのに買えるお菓子は、もっと本当はあるんですが、また次回のお楽しみ!

私が手に取り、原材料を確認して、買って帰ってきたということは・・・。小麦・乳・ゴマ・クルミ(ナッツ)アレルギーでも大丈夫!なお菓子たちです。今回は、上記4種類の食品について、ご紹介します。

これ1つで何でも手作り!国産米粉のミックス粉

3つも買ったワケは、これ1つで何でも手作りできるからです。

無印良品の「国産米粉のミックス粉」は、無香料・無着色で体に嬉しいミックス粉。小麦・乳アレルギーの強い味方です。

原材料は、米粉(国産うるち米)・砂糖・膨張剤だけ。シンプルだから、原材料も読みやすいです。

アレルギーっ子の母としては、自分で米粉・砂糖・ベーキングパウダーを混ぜて作る技もありますが、望む焼き具合に対するベーキングパウンダーの分量と、粉類を均等に混ぜるのが至難。時間がないからいつも「ふるい」を使わない、だから「ふるい」を持っていない、という衝撃の事実が背景にあります。

ミックス粉は、なんて有難いのでしょう。

この「国産米粉のミックス粉」があれば、パッケージ記載のクッキー・スコーン・マドレーヌの他、普通のパンケーキだって作れちゃいます。

ただし、材料として用意するのは、記載の「牛乳」「バター」ではなく、「豆乳」や「ココナッツオイル」を用意します。バターの代わりに、オリーブオイルで代用できないか日々チャレンジ中ですが、クッキーはイマイチでした!

※無印良品の「国産米粉のミックス粉」で作ったお菓子たちは、別の機会にクッキング・レポートします☆

小袋がちょうどいい!「きなこ玉」

無印良品の「きなこ玉」は、小袋の大きさが調度良いです。ちょうど2回分。つまり、私と息子で食べるには、ちょうど1度の開封で食べきれる量なのです。

※1度に1~2個だけしかつままない方は、食品クリップが必要です。

「きなこ玉」の原材料は、きなこ・水あめ・砂糖・加工黒糖だけ。昔ながらのお菓子は、原材料も変わらずシンプルですね!

こちらは、アレルギー物質特定原材料等27品目のうち「大豆」を含みます。パッケージにもアレルギー情報として明記されています。

私がローリングストック法を兼ねて、大量にストックしているお菓子と言えば、ひとくち羊羹(小形羊羹)!…なのはご存知かもしれませんが、大量ではないけど常時ストックしているお菓子、それが「きなこ棒」です。

「きなこ棒」はかじる時に、絶対きなこが落ちます。まして息子(5歳児)が食べるとなれば、舞う舞う舞う。車の中やソファに座って食べることはできません。

それを考えると、パクっと一口で口に入れてしまうことができる、無印良品の「きなこ玉」は、ピックを使って食べてもらうスタイルで活躍できそう!(手で捕ますと、きなこだらけの手をその辺ではたくから)

アレルギーでも袋を抱えて食べられる!素材を生かした「スナック菓子」

アレルギーっ子にとって、買ったスナック菓子を抱えてボリボリ食べられるというのは、嬉しいシチュエーションです。

かつては夢のような「片手にスナック菓子」という光景も、アレルギー対応スナック菓子が増えるごとにバリエーションが増え、今では(買っておいたお菓子でなら)普通にできるようになりました。

無印良品の「素材を生かしたスナック」シリーズもその1つです。

素材を生かしたスナック「えんどう豆」の原材料は、実にシンプル!

原材料は、「えんどうグリッツ・植物油脂・食塩」だけ。市販の類似スナックの原材料欄を比較すると、そのシンプルさは歴然です。

化学調味料は使わず、素材を生かして仕上げたスナックです。

「素コーン」な感じ!「とうもろこし」スナック

化学調味料を使わず、素材を生かしたスナック菓子は、「えんどう豆」だけでなく「とうもろこし」もあります。

素材を生かしたスナック「とうもろこし」の原材料は、コーングリッツ・植物油脂・コーンシーズニング(砂糖・コーンパウダー・食塩)・スイーツコーンパウンダー・砂糖・食塩 です。

コーンパウダーが細分化されて書かれているから複雑ですが、要はコーン・植物油脂・砂糖・食塩からできた、シンプルなお菓子です。『素コーン』な感じがいいですね。

スナックに含む「植物油脂」って何?…正体判明!

ここで、鋭いアレルギーっ子ママはお気づきでしょうか?

そうなんです。「きなこ玉」には”本品に含まれるアレルギー物質”として、明確なアレルギー情報が表記されているのですが、「素材を生かしたスナック」シリーズには明記されていないのです。

アレルギー特定原材料7品目に対する”コンタミ注意”のメッセージ、「えび、かに、小麦、卵、乳、落花生を含む製品と共通の設備で製造しています~(略)」は、赤字で明記されています。

じゃあ、表記推奨項目20品目は?
書かれていないの?
書いていない = 含まない、という意味なの?
・・・分かりません。

そこで、お馴染みの「お問い合わせ」。
株式会社 良品計画 お客様室電話」に、電話をかけて質問しました。

「素材を生かしたスナック(えんどう豆、とうもろこし)」に含まれる、植物油脂とは何ですか?ゴマ油が使われていないか、知りたいです。

息子は、アレルギー表記推奨項目20品目である「ゴマ」「クルミ」のアレルギー。アレルギー特定原材料7品目だけが分かってもダメなのです。表記推奨20品目の含有が判明するまで、食べられません。

該当商品に含まれる「植物油脂」は、「ココナツ油」と「パーム油」でございます。つまり「ゴマ油」ではございません。

折り返し電話を待つこと、10分~15分。回答が返って来ました。

「素材を生かしたスナック」(えんどう豆、とうもろこし)に含まれる植物油脂は、ココナツ油パーム油です。ゴマ油は含まないため、息子も食べられることが判明しました!

私がここまで懸念したのは、あの有名な類似スナック『ビーノ(うましお味)』の植物油脂には、「ごま油」が含まれていたからです。※生協限定の分包BOX「ビーノ(うましお味)Ca入り」の場合

入った1つの店内で、アレルギーっ子が食べられるお菓子が複数見つかる!そんな「無印良品」は、アレルギー対応お菓子の宝庫でした。

~ アレルギー事故を未然に防ぐ!をモットーに、安全な「お菓子」探しは続きます。~


ブログランキングにも参加しています。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください