見えてきた支援級!特別支援学級・通級指導教室の合同説明会に参加しました。

特別支援学級・通級指導教室への就学を希望する保護者向けに、合同説明会が実施されました。

私にとって、未知の世界である小学校。現在の特別支援学級・通級指導教室の現状を知るため、参加しました。

会場は”居住地区の学区内”の小学校!

特別支援学級・通級指導教室を考慮している親にとっては、学区内の小学校に通えるのか分からない…という不安もあります。

特別支援級・通級指導教室は学校によって、対象となる障がい内容・支援内容・設置クラスが異なるからです。

この時点では、自分の子が、どの学校の、どのクラスで、どんな支援内容を受けることが一番望ましいか?なんて、判断できないからです。

それなのに、

参加する説明会は「居住地区の学区内の学校」に限ります。

と指定されました。

私が住む地区は、マンション建設ラッシュの地域。人口が爆発的に増えて、小学校もパンパン状態のマンモス校となっています。

その背景もあり、去年まで設置されていなかった支援級が新設され、息子が該当するであろう「情緒」支援のクラスもできました。

もしも、該当する支援級が「居住地区の学区内の小学校」に設置されていなかったら、どうすれば良いのだろう?

特別支援学級は「知的・情緒・難聴」、通級は「LD・ADHD・言語」だけ!

合同説明会に参加して、私が知らなかった「特別支援学級・通級指導教室」という世界に、少しずつ足を踏み入れたわけですが…。

設置されている対象クラスが、学校によって異なるだけでなく、「特別支援学級・通級指導教室」 という2つの学級体系に対して、すでに選択肢がないことが分かりました。

と言うのも、私がロジックを間違えていました。

※あるいは、市町村区によって、その定義はバラバラなのかもしれません。

私が考えていたロジック(支援内容ありき)

私は、「支援内容ありき」で考えていました。つまり、「情緒」支援に値すると判断した上で、「特別支援学級」か「通級指導教室」を選ぶものだと思っていました。

実際のロジック(学級ありき)

ところが、実際に説明を聞くと、「学級ありき」であることが分かりました。

つまり、「情緒」支援に値すると判断したら、選択肢は「特別支援学級」しかなく、「通級指導教室」は選べないのです。

例えば、お子さんのLDの特徴が強くて、特別支援学級を考えていたお母さんがいた場合、ここで「通級指導教室」しか選択肢がないことを知ります。焦りますよね?

私も、この時点で、余計な不安が高まりました。

付きまとう「学区内 or 学区外」!必要な支援を決める上で影響

通級指導教室の生徒として在籍するには、「LD・ADHD・言語(ことば)」の支援が必要な場合のみ、ということが分かりました。

では「ADHD」の支援要、と判断されれば「通級指導教室」となるか-?
と言えば、そう単純ではない。

通級に該当する「LD・ADHD・言語(ことば)」の3種全てのクラスが揃っている小学校は存在せず、息子の学区内の小学校には「ADHD」の通級はありません。

つまり「ADHD」支援の通級指導教室を望むなら、学区外の小学校しか選択肢はありません。

”学区内の小学校で行こう”と概ね決めて、「特別支援学級 or 通級指導学級」の迷いの参考にしたくて説明会に来たのに、ここで「学区内 or 学区外」という迷いに出戻るような気持ち。

就学先の学級を決めるための「迷い」が複雑化して、拍車をかけられた感じです。しかし…。

うちの子を発達障害だと言った療育施設園長の話|自閉スペクトラム症+LDの特徴と違和感

2018/12/04

学区の小学校については、今まで散々悩んで来ました。あの「キャンセルした療育施設」の園長に言われた時から。

今回の説明会で”迷い”を煽られながらも、「学区の小学校」(=この説明会の会場)の中で、息子にとってどの学級が良いのか考えて行こう、という気持ちの方が強いことが認識できました。

学区内の小学校の前を通るたびに、「ゆきまるの小学校だよ!」

と言いながら、ここに入学することを想像している息子を想うと、私には学区外の小学校に通うイメージは持てませんでした。

このように、単に「必要な支援を受けられる学級」を探すにも、「学区内 or 学区外」という問題が大きく絡んできました。

更に困惑!特別支援学級でも週一回の自立活動で抜けるだけ!

「この(学区内の)小学校の”特別支援学級”を視野に入れよう」

そう思いながら、現在の「特別支援学級」の担任をしているという先生の説明に耳を傾けました。

そこで更に私を困惑させたのは、特別支援学級なのに週一回の自立活動の時間帯にクラスを抜けるだけ!という事実です。

後で、同じ会場に、保育園で同じクラスのTくんのご両親がいることを知り、Tくんのお母さんと話したのですが、やはり「よく分かりませんよね?」と言っていました。

私の混乱を整理すると、こうです。

毎日ほとんどの時間を「普通学級」で過ごしながら、必要な時だけサポートを受ける状態が、一般的に「通級」と呼ぶのだとしたら、この学校の「特別支援学級」は一般的な「通級」に近いということか?

特別支援学級なのに、週に一度の数時間、クラスを抜けるだけ?

私が持つ「特別支援学級」のイメージが誤っていただけなのか?

混乱しました。

では「特別支援学級」に在籍した場合の学校生活とは?

この小学校の「特別支援学級」の説明としては、

  • 週に一度、自立活動を行います。
  • 自立活動の時間帯以外は、「交流」という形で普通学級に参加します。
  • 普通学級で”交流中”は、必要な時に可能な範囲で支援担当がサポートします。
  • ”交流中”に必要となった時は、特別支援の教室に戻ってクールダウンしたりできます。
  • 【情緒支援の場合】学習のサポートではなく、気持ちのサポートです。
  • 【知的障害を伴う場合】視覚支援など1人1人にあった支援方法を考えます。
  • 【難聴クラスの場合】他校の生徒も混合です。

という概要でした。

ここで分かったのは、

普段は普通学級の児童と同じように過ごしているけど、在籍としては「特別支援学級」であり、普通学級で過ごしていることを「交流」という言葉で表わすのですね?

ということ。

集中できない時や情緒不安定になった時に、サポートの先生が配慮してくれたり、別室である支援級の教室に戻ったりするわけだから、まぁそういう言い方になるのかな。

あくまで”交流”として参加しているだけなら、「普通学級」の担任の先生から見れば、自分が担任する生徒は全員いる・全員できた・全員〇〇…という言い方ができて、管理しやすいでしょうし。
(ちょっと卑屈な言い方)

特別支援学級に在籍した生徒は、ほとんどの時間を普通学級で過ごすことが分かりました。

現在では、行事やクラス毎の発表などで、普通学級と特別支援学級をそれぞれに分けることはなく、行動する時のクラスとしては「交流先の普通学級」になるそうです。

それについては、差別やいじめ問題に派生しないためにも、良い流れだと思いました。

特別支援学級に在籍した場合の「小学校生活」というものが、少しずつ見えてきました。

次回は、この説明会で多くの時間を費やした、「保護者からの質問」をまとめたいと思います。私も質問しまくりました!

「特別支援学級・通級指導教室の説明会」保護者Q&Aまとめ@小学校

2019/07/29

発達障がい児育児ランキング
ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村


お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください