アラフォー夫婦の不妊治療、13の検査項目と期間について。37歳が直面した検査のこと。

アラフォー夫婦の不妊治療、13の検査項目と期間について。37歳が直面した検査のこと。

アラフォー夫婦の不妊治療が始まりました。この時、私は既に37歳。いろいろな検査と不妊治療が同時並行します。

アラフォー不妊治療の外来初診。自然妊娠タイミング法では遅い現実。妊娠確率、費用、治療方法のこと。

2018.05.16

私が説明された、不妊治療の検査項目、スケジュール(順番)、検査ごとの感想などをまとめました。

不妊治療の検査項目

不妊治療の検査項目は、必要に応じて、薬物治療が追加で並行されたり、不妊治療初期の検査としては省略したりする場合があります。

  1. 不妊学級
  2. 子宮頚管細菌・クラミジア検査
  3. 子宮がん検診
  4. 精液検査:2~3回
  5. 子宮卵管造影(月経終了後の早期、低温期)
  6. ホルモン検査①(月経周期の3日目前後、卵胞期)
  7. 卵胞観察(卵胞期)
  8. 子宮頚管粘液検査(排卵直前)
  9. ホルモン検査②(排卵前、高温期に入る前)
  10. 子宮内膜超音波検査(排卵前、高温期に入る前)
  11. ヒューナーテスト(性交後の子宮頚管粘液検査)
  12. ホルモン検査③(高温期7日目頃)
  13. 子宮内膜超音波検査(高温期7日目頃)

省略された検査項目もありました。月経周期を1回とすると、1回の月経周期中に全ての検査項目を入れ込むわけではなく、2~3回の月経周期のうち1回だけ実施する検査項目や、1回だけ実施して以後は実施しない検査項目もありました。

不妊とは何かを学ぶ「不妊学級」

不妊症について、原因や治療法などの基礎知識を学びました。

一般的に「不妊症」とは
妊娠を希望して、避妊せずに夫婦生活を送っているのに、1年経っても妊娠が成立しないこと。

加えて、当クリニックでの治療成績や妊娠率などが説明されました。このクリニックでの妊娠率は、全国の妊娠率の平均よりも高かったと記憶しています。

無症状でも陽性ありえる「子宮頚管細菌・クラミジア検査」

画像はイメージです。

子宮・卵管・膣に細菌やクラミジア等の感染があると、炎症を生じて不妊原因になることがあるそうです。無症状であっても治療の対象になります。

月経中以外なら検査が可能だったため、不妊治療外来の初診時に行うことができました。因みに、実施したのは、クラミジア検査だけでした。

子宮頚管細菌検査は実施しませんでした。理由は忘れてしまいましたが、確か・・・。

子宮頚管の炎症は、一般細菌によっても疲労や免疫低下により起こり得るものであり、一般細菌は常駐している。検査しても一般細菌は検知されてしまう。炎症を引き起こす細菌の代表例が、クラミジアであり、クラミジア検査を行うことにしている。

というものだったと思います。

妊娠だけじゃない命に関わる「子宮がん検診」

子宮頸がん・子宮体がんの検診を行うというものですが、このクリニックでは、不妊治療の初期(始めた段階)には実施しない検査項目でした。

実施する場合は、月経終了直後が最も適したタイミングであるとのことです。月経周期数回に渡って不妊治療を試みても妊娠に至らなかった場合や、不妊原因が他に見当たらない場合など、医師が治療経過を見ながら、治療の過程で実施判断するとのことでした。

因みに、私の場合、毎年1度の人間ドッグにて子宮頸がん検診は実施していました。そのため、不妊治療を開始したこのタイミングでは、子宮がん検診を実施するという判断はされませんでした。

月経周期3回を経て、妊娠の邪魔をしているかもしれない「子宮ポリープ」を摘出することになって、「子宮体がん」が見つかることになるのだけれど・・・。

持参でも外来でも恥ずかしい「精液検査」

精子の速度、運動率等を調べるものです。精液の状態は、健康状態によって変動するため、1度ではなく数回の検査が必要になります。

このクリニックでは、2~3回という基準があったため、月経周期1回につき、1回の人工授精を行うタイミングで、1回の精液検査を行い、合計で月経周期3回分=精液検査3回を実施しました。

2~3回、精液の健康状態をチェックすると、不妊原因になっているのか否かは、だいたい分かってきます。

「精液検査」の実施場所(精液の提供方法)を要チェック

問題は、回数ではなく、実施場所(提供方法)です。夫にとっても妻にとっても、クリニック選びのポイントになり得るかもしれません。

精液検査をするということは、精液を提供しなければいけませんが、その提供方法が、クリニックによって異なるのです。私たちが通い始めたクリニックでは、選択の余地はなく「持参する」というものでした。

クリニックによっては、「外来必須」という所もあります。この場合(私の友人の経験談では)、アダルト雑誌を渡されて、夫が部屋に入り、夫が自分で入れ物に入れてくる…というものです。

他の科を併設せず、不妊治療専門のクリニックであれば、「持参」か「外来」かどちらか選択できる傾向にあるようです。

持参型「精液検査」メリット

精液を自宅で採取(という言い方が良いのかは置いておき)して持参する場合、何と言ってもメリットは、”夫は会社を休まなくて良い”ということです。

外来型の場合は、夫は仕事を休まなければなりません(あるいは半休)。加えて、ただでさえ排卵日に合わせて実施するというプレッシャーに追われる中、仕事を休む日を調整させて、外来受付させて、部屋に連れていかれて、ハイどうぞ、というのは気の毒です。

不妊治療における女性側の苦労に比べたら、男性側の苦労なんて大した事ない!と、つい思ってしまいます。

しかし、我が家の夫のように、2つの事がいっぺんにできない、2つ以上同時に言うと上の空になってしまうタイプの男性に、「排卵日前のXX日に、仕事の休みをとって、外来に行って、精液検査してきて」と言い放つことは無理だったことでしょう。もし外来型の精液検査だったら、当然、妻である私も仕事を休み、夫の精液検査に付添うことになったでしょう。

持参型「精液検査」のデメリット

これに似たケースを使用しました。

精液をクリニックに持参するということは、精液の入った「入れ物」(抗菌済みの、試験管よりも太い、透明の筒状のケース)を持って行くということです。読んで字のごとく、「持って行く」というのがデメリットです。

自宅からクリニックまで、30分以内で近いです、というご夫婦であれば問題ないと思います。「入れ物」が冷えないように、人肌程度の温度をキープして持参します。

自宅からクリニックまで、1時間近く(もしくはそれ以上)かかっちゃうよ、というご夫婦の場合は、持参方法をクリニックに事前相談された方が良いと思います。

私たちの場合は、自宅からクリニックまで、車なら30分、電車・バスなら45~60分という距離感でした。外来後にそのまま仕事に行くため、車で行くことはできません。乗り継ぎが悪ければ1時間近くかかってしまう所に、どうやって「入れ物」を「人肌温度」で持って行きましょう?

事前にクリニックで相談し、

精液の入った「入れ物」を布などで包まず、そのまま、パンツやズボンのお腹のゴムに挟んで持ってくる。

を勧められました。

持参当日、真面目にお腹に挟んで行き、「入れ物」を提出した時、「あら、そんなに大事にしなくても大丈夫なのに(笑)」と他の看護師さんに言われました。

よほど寒い冬の日でなければ、常温で持参することに対して、そんなに神経質にならなくてもいいのかもしれません。

「精液検査」の基準値

精液の状態に対する基準値は、クリニックによって若干異なるようです。このクリニックでは、以下の基準値でした。

液量:1.5ml以上

濃度:15×106/ml以上

運動率:前進運動精子50%以上、高速直進精子25%以上(どちらか)

正常形態率:30%以上

生理が終わったら「子宮卵管造影」

子宮腔内の形態、卵管の通過性、腹腔内の癒着の有無などを調べる検査です。

月経終了後の早い段階で施行してもらうので、月経周期が安定して規則正しい方は、月経が終わるタイミングを見越して、早めに調整・予約をした方が良いと思います。

卵巣と下垂体機能を評価する「ホルモン検査」

血液検査です。月経周期の3日目前後、生理が終わってまもなくというタイミングで、採血してもらいます。

排卵障害の可能性を指摘された場合、さらに検査項目(下垂体刺激ホルモンによる負荷試験)が追加されるとのことでした。

エコーで見る「卵胞観察」

膣超音波で卵巣内の卵胞の発育を調べます。

排卵までの時期に数回観察する名目でしたが、私は卵胞期に何度も通院することはなかったです。エコーを見ながら「大丈夫そうだねー」と言われた場合、卵胞観察はその1回で終わっていたと思います。「今回は排卵しないかもねー」と言われた場合、もう1回くらい卵胞観察に通ったかな?実際は、排卵までの時期に1~2回という感じでした。

同時に済ませた「子宮頚管粘液検査」「ホルモン検査」「子宮内膜超音波検査」

低温期が終わり、高温期に突入するタイミングで実施する検査は、複数あります。

子宮頚部から分泌される粘液を調べる「子宮頚管粘液検査」、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを調べる「ホルモン検査」、子宮内膜の発育状態を調べる「子宮内膜超音波検査」は、どれも高温期前・排卵前に実施されるため、同時に済ませました。

恐らく、クリニック側にとっても、何度かに分けて実施するよりも、一度に一気に実施した方が効率が良いため、検査のスケジュールを組む時に、同時にできるように組み込んでくれると思います。私が初めてでよく分からない時にも、担当の方が、基礎体温表を見ながら、なるべく通院回数が少なくなるように、検査スケジュールなどを組んでくれました。

人工授精したら省いた「ヒューナーテスト(性交後の子宮頚管粘液検査)」

排卵期に、子宮頚管粘液に侵入した精子の数や運動性を調べます。

高齢妊娠を目指す私たちは、タイミング法で授かる自然妊娠だけではもう遅いため、各種検査と並行して、人工授精も行うことになりました。排卵日前後に、持参して精製された精子を挿入するため、子宮頚管粘液の精子状態を検査するのではなく、持参した精子の精液検査だけでした。

ふかふか子宮ベッドできたかな?「ホルモン検査」「子宮内膜超音波検査」

高温期に入って1週間くらいが経った時、黄体ホルモンを検査する「ホルモン検査」と、黄体機能を評価するための「子宮内膜超音波検査」を実施します。

子宮内膜超音波検査では、子宮内膜の厚さが分かります。診察台に乗るたびに、「ふかふかの子宮内膜ベッドができたかな?」という思いでした。

不妊治療の検査にかかる期間

これら全ての検査を終わらせるのに、2~3か月を要すると思います。

しかし実際は、不妊治療そのものと同時に進んでいくため、最初の2~3か月が、まるまる不妊治療の検査だけの期間というわけではありませんでした。

不妊治療外来の初診時から見て、次の月経周期に向けて、不妊治療の計画を立ててもらえました。

つまり、不妊治療の検査にかかる期間は、2~3か月。ただし、月経サイクルにして2回~3回分の不妊治療が並行する、という感じです。

【後記】不妊治療の検査を終えて

自然妊娠を求めて、自己流でなんとなく過ごした数か月は、薄い子宮内膜だったかもしれないし、排卵日を見誤ったかもしれず、無駄があったかもしれません。

でも勇気を出して、仕事が忙しいとか言い訳もやめて、不妊治療に踏み込んでからは、月経周期を1回1回無駄にせず、その時に最善と思われることをやったため、後悔ない結果となりました。

次回は、不妊治療で初めての月経周期(不妊治療1回目)について、綴りたいと思います。

自分の経験を誰かのために。ブログランキングにも参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです。 ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもお勧めです。~低糖質食品~

新しい食のスタイル☆カロリー・塩分をコントロールした宅配弁当《おまかせ健康三彩》


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト


女性の毎日をサポート【あしたるんるんラボ】女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー


【船橋屋】自慢のくず餅は、無添加・低カロリー(1人前194kcal)!


糖質オフの食品専門店『低糖工房』



低糖・低脂肪・野菜スイーツ!食事制限中でもスイーツが食べたい!【ポタジエ】


グルテンフリー・低糖質・低カロリー!女性を美しく健康にするスイーツ【コンフェクション】


日本で初めてカロリーゼロ和スイーツを開発した食品メーカー【遠藤製餡】


紀文のヘルシー商品と季節の美味しさをお届け【紀文オンラインショップ】


コメントを残す