鴨川ホテル三日月の特別室に宿泊☆アレルギーっ子はガーデンスパ三日月と低アレルゲンメニューで満喫しました。

【鴨川旅行ブログ】鴨川ホテル三日月の特別室に宿泊しました。

1泊2日の鴨川旅行の宿泊先は、鴨川ホテル三日月に決めました。

くつろぐ部屋は、大奮発の特別室です。

決め手は有名スパとアレルギー対応

鴨川ホテル三日月に決めた理由は、4歳児も飽きずに遊べる「スパ三日月」の存在と、食事はアレルギー対応可能だったからです。

「鴨川ホテル三日月」自体が有名ですので、大手旅行会社のパンフレット、旅行予約サイトの宿・ホテル検索には、必ず登場します。

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

旅ならるるぶトラベル

国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』

宿泊予約はじゃらんnet

日帰りツアー・体験イベントならポケカル

複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約

旅が深まるクラブツーリズム

【Booking.com】世界のホテル割引予約

ホテル予約ならHotels.com

アレルギーっ子の旅行において、食事がアレルギー対応可能であることは必須条件です。

食物アレルギーっ子の旅行先・宿泊先の選び方。予約時のポイントは子供料金が有料であること。

2018.05.17

「鴨川ホテル三日月」は、朝食・夕食のアレルギー対応が可能でした。

※ただし、アレルギー対応の食事は、バイキングホールではなく、館内レストランでの和食メニューです。

「鴨川ホテル三日月」に到着!



じゃらんnet【鴨川ホテル三日月】

4歳児、初めてのイチゴ狩りを体験した後、「鴨川ホテル三日月」に到着しました。

車から「ホテル三日月」の看板が見えると、テンションが上がりました。

ゆったり♪たっぷり♪の~んびり♪旅ゆけば楽しい♪ホテル三日月~♪

私は、昭和生まれの40代なので、ホテル三日月と言えば、このCMソングと竜宮城のイメージです。
(古い?知らない?そっか…。)

ロビーから一望できる太平洋

ロビーに入ると、窓の外に広がる太平洋。

息子は、見慣れぬ広い海を目前に、喜んでいます。

特別室「うしお亭」でくつろぐ

チェックインしたのは、鴨川ホテル三日月の特別室「うしお亭」です。

小湊港から太平洋を一望するオーシャンフロントの特別室です。

ドアの向こうは、広すぎる玄関。

大きなスーツケースを置いておくには便利ですが…。

広すぎるので、玄関は、ツインベッドルームの手前くらいまでで丁度良いかな、と感じました。

ツインベッドルームから海を臨めます

靴を脱ぐ前に、右側にある部屋が、独立したツインベッドルームです。

和室でごろ寝できる仲間や家族ではなくて、別々の部屋で眠りたい時には、いい感じに独立しています。

私は、家族3人だけなので、このツインベッドルームは使いませんでした。

特別室の中風呂もオーシャンビュー



房総の自然に囲まれた立地(じゃらんnet)

私たちは、温泉(大浴場)を利用したため、部屋の中のお風呂は利用しませんでしたが、お風呂も窓ガラスが大きくて、オーシャンビューでした。

海にいる船から、見えちゃうんじゃないかな?

海に囲まれた和室

角部屋である特別室は、海に囲まれている感があります。

窓側に、応接セットが設けてあるから、椅子に座っても開放感が溢れる感じを味わえます。

館内着がかわいい☆子供サイズもあるよ☆

ロビー横で、サイズ別に用意されている館内着をもらえます。

もちろん、子供サイズもあります。

上はかぶるタイプのTシャツ型だから、暴れてもあだけなくて嬉しいです。

下はズボンタイプなので、楽チン。

女性用は、赤ピンクっぽい色です。

ガーデンスパ三日月「トロピカルガーデン」でプール遊び



スパ三日月・バンブーマウンテン(じゃらんnet)

私の古臭い「竜宮城」のイメージとは違いました。

鴨川スパ三日月は、南国の花や椰子の木に彩られた、トロピカルムードたっぷりのプールです。

受付で、浮き輪を買いました。

浮き輪の練習をするためです。

怖がりな息子が、一人でバシャバシャ遊べる、広めの子供用プールは無かったです。

浮き輪さえ怖がって、出来なかったので、抱っこしながらジャングル・ウォークを楽しみました。

ゆったり・のんびり・温泉



新露天風呂「一望千里の湯」オープン:じゃらんnet

名物?「開運の湯」「黄金風呂」に挑戦!



18金無垢でできた湯舟です。

…ぬるい。

18金無垢の中の湯を楽しむというよりは、温泉を味わいながら、18金無垢の湯舟を眺める、という感じかと思います。

夕食・朝食は「なぎさ亭」で低アレルゲンメニュー

バイキングホールでの食事は、アレルギー対応していないため、館内のレストランで頂きます。


ディナーバイキング一例(じゃらんnet)

このバイキングができないのは、ちょっと残念ですが、息子の経口免疫療法がもう少し進んだら、再挑戦!

ということで、低アレルゲンメニューを提供してくる、「なぎさ亭」にやって来ました。

大人の和食メニューが、本当においしかった。

息子の低アレルゲンメニューです。

食べきれないほど、好物が並びます。大好物のから揚げもありました。

息子から見ると、「みんな一緒の食事メニュー」なので、とっても嬉しそうでした。

テーブル席じゃなくて、座敷席を選んだのも正解。

食べ終わった息子がおしゃべりしながら待てました。

あとは、部屋でのんびり~。これが最高です。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ

お気軽にコメントをどうぞ