保育園の給食で「初めての食材」を食べない対策!アレルギーっ子ママの実例から伝授します。

保育園(幼稚園)の入園が決まり、ホっとするのは束の間。次から次へと心配ごとが出てきます。

今回は、その心配ごとのトップ3に入るであろう「給食」について、少しでも心配を減らせるよう、私が実際に行った「初めての食材」対策を伝授します。

アナフィラキシーショック歴ありのアレルギーっ子の母が、保育園入園直後(4月・5月)にやった実際のチェック方法です!

保育園の給食で「初めての食材」がダメな理由

これは、もう説明もいらない有名ルールですが、念のため。
保育園の給食で「初めての食材」を食べないようにする1番の理由は、ズバリ「アレルギーがあるかもしれないから」です。

細かく言うと、どんなアレルギー症状が出るか分からない、アレルギー症状が出た時にどんな対応をするのか分からない-。つまり、大人でも対処が分からないような事が起こりうるのに、そんなリスクを負って「初めての食材」を食べて良いのか?ということ。良いはずがないからNGなのです。

「初めての食材は、自宅で試してから登園して下さい。」
と言われて、何かと戸惑ってしまうけど、それを言ってくれる保育園(以下、幼稚園も含む)は、むしろ正当な対応です。逆に安心材料だと思います。

アレルギー云々を置いておいても、我が子が「初めての食材」を食べた時にどんな反応をするのか、見たいじゃないですか。トマトを初めて口に入れた時の「すっぺー!」という顔は、5年経った今でも忘れられないくらいカワイイですよ!

【初めての食材対策1】入園までにベビーフードに使われる食材を優先に食べておく

離乳食が始まってから入園する日まで、たくさんの「初めての食材」を既に試してきたと思います。一般家庭で普通の日に、普通に食卓に登場する食材は、だいたいクリアしていることでしょう。
※うちの「初めての食材」記録は、別記事でご紹介予定☆

でも、よく使う食材は、家庭によって異なるもの。
ここで今一度、市販されているベビーフードの原材料として、頻繁に使われている食材をチェックします。

思い当たらなければ、食品スーパーのベビーフードコーナーに立ち、ベビーフードのタイトルを眺めるか、実際に商品を手に取って原材料を見つめます。

しらす、カボチャ、鶏ひき肉、しめじ、ひじき、えのきだけ。
ベビーフードによく使われている食材は、保育園給食で使われやすい食材です。必ず試しておきましょう!

私がこれで「盲点だった!」と感じたのは・・・
カレー粉・しょうが汁・ホタテエキス・まいたけ・わかめ
等々です。ベビーフードを買って食べて見れば、試したことになるから簡単です☆

※市販のカレー粉やオイスターソース等の調味料は、7大アレルゲンである「小麦・乳」を含む商品が多いです。うどんや牛乳を既に食べているお子様は大丈夫ですが「初めての食材」として選ぶ場合は、十分注意して下さい。

【初めての食材対策2】入園前に、給食の献立表を必ずもらう

保育園給食の献立表は、なるべく早く入手します。

給食に使用される食材を把握するためにも、どんなメニューで提供されるのか知るためにも、場合によっては自宅で再現するためにも、とにかく「なるはや」が理想です。

アレルギーがなくても、よく周囲にいるのが「硬いのを噛むのが苦手な子」「珍しい見た目に警戒して、食べるのを嫌がる子」です。事前に給食の献立表が分かっていれば、自宅で再現して練習することもできます。

献立表の中から「初めての食材」を発見するため、献立表をゲット次第、どんな食材が使われているのかチェックしましょう!

【初めての食材対策3】献立表で登場する「初めての食材」を一覧にする

保育園の給食の献立表をゲットしたら、「初めての食材」をチェック。まだ食べたことがない食材を見つけたら、紙に書き出します。

「初めての食材」を一覧化する手法

スマホやメモアプリのようなものを利用するのも手ですが、私は「紙」で手書きをお勧めします。スクロールして見るより一目で羅列した食材が頭に入るし、食べたらチェックを付け、食べて何か気が付いたことを咄嗟にメモするには、やはり「紙」が便利でした。

でも、手法は問いません。
とにかく献立表に登場する「初めての食材」を一覧にしましょう。給食で登場する日までに、「初めての食材」をこなすことが目的ですから!

献立表のフォーマットによっては、該当する「初めての食材」部分に、蛍光マーカーを引くだけで、一覧代わりになるかもしれません。

「初めの食材」を書く順番

この時、献立表で登場する順番、つまり食べる日が近い順番で、「初めての食材」を書いておくのが便利です。

上から順番に、自宅で試していけば済むからです。

「初めての食材」にマーカーで直接チェックして、献立表そのものが一覧になった場合は、そのまま上から、その日までに試せばいいですね!

「初めての食材」の抜き出し方

ちょっと面倒なのは、原材料は同じでも製品として異なる食品です。これは、「試す食材」としては分けて書いた方が試しやすく、「これは試した!」という自信が持てます。

例えば、大豆製品。
大豆は大丈夫な子でも、給食で初めて「納豆」が出たら?「きな粉」が出たら?「油揚げ」が出たら?
-と考えると、家庭で試す「初めての食材」としては、

□納豆
□きな粉
□油揚げ
□こうや豆腐

と挙げておいた方が安心です。

【初めての食材対策4】保育園の給食に出てくる前日までに自宅で食べる!

献立表に出てきた「初めての食材」の一覧ができたら、あとは給食に出てくる前日までに自宅で食べて試すだけ!

保育園によっては、「3日前までに」「1週間前までに」など、自宅で試す期限が設けられていたり、その結果を事前に報告する必要があったり、ルールは異なるので通う園のルールに従いましょう。

【初めての食材対策5】自宅で試す方法「2段階」のススメ

自宅で試しておく時の方法は、2段階がベストです。

  1. アレルギーがないか心配なため、少量で試す
  2. 給食が食べられるか心配なため、給食で食べる相当量で試す

の2段階です。

アレルギーは奥深く、量が多ければ症状が出てしまう場合があります。だから保育園で食べる量が、家庭でクリアできていることが一番安全です。

とはいえ、アレルギーを発症する食材はある程度限られているので、全ての食材に対して、同じように身構える必要もないと思います。

実例・保育園給食で出た!「初めての食材」<4月編>

それでは、実際に保育園給食(献立表)に登場した、「初めての食材」たちをご紹介します。
まずは「4月」の献立表より;

納豆
大豆水煮
きな粉
油あげ
もやし
高野豆腐
えび
かにかま
かまぼこ
ちくわ
オクラ
にら
こんにゃく
なめこ
寒天
ゼラチン
甘納豆
レーズン

アレルギーっ子である息子は、入園当時は「小麦・乳・卵・ごま」を完全除去の給食対応。「かにかま・かまぼこ・ちくわ」等の練り物は、これらのアレルゲンを含むため除去されました。

実例・保育園給食で出た!「初めての食材」<5月編>

5月になると、4月で試した「初めての食材」は、もう初めてではなくなります。だから段々、試す食材も減ってきました。
次は「5月」の献立表より;

こしあん
ひよこ豆
そら豆
いか
あさり
レタス
ブルーベリージャム
パイン(缶)
ぶどう(ジュース)
グレープフルーツ
オレンジ
キウイ
きくらげ

息子が通う保育園で、実際に出た食材、いかがでしたか?
「初めての食材」に当たってしまうものがあれば、お早めに(お試しを)!

保育園の給食で「初めての食材」を食べない対策まとめ

6月以降、食べたことがない「初めての食材」はどんどんなくなり、アレルギーチェック(アレルゲン除去と代替メニューの確認)だけで良くなりました。

  • 入園までに、ベビーフードに使われがちな食材を優先して試しておく
  • 給食の献立表を事前に入手して「初めての食材」を挙げておく(月ごと)
  • 給食に出る日までに、「初めての食材」を自宅で試しておく(月ごと)

仕事復帰して慣れるまでの期間とも重なるから、ベラボーに大変!
でも「初めての食材」チェックと自宅で試すのとで、本当に大変なのは、数か月だけ。なんとか乗り切れるよう、応援しています。


応援クリックお願いします。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お気軽にコメントをどうぞ