【妊娠糖尿病ブログ】「自己血糖測定器」の使い方・血糖値の測定方法~スムーズに測るための工夫~

1日に何度も自分で測定することになる血糖値。

始めは、自分で針を刺すのも怖いけど、慣れれば全く大丈夫でした。目立たないようにササっと血糖値を計りたい-。私が工夫したことをまとめました。

自己血糖測定に必要な一式(数日分)をポーチに入れておく

自己血糖測定のポーチ

消毒綿、小さな針が内蔵されたポケットランセット、血液を付ける血糖測定電極ライト、血糖測定器本体、針を刺した後に付ける小さな絆創膏、記録用紙、ボールペン。

必要なものはこれだけあります。

測定する都度、それぞれのパッケージから1つずつ取り出すのは面倒です。外食の時だけポーチにまとめるのも大変だし、ポーチを忘れてしまうリスクがあります。

だから、自宅・外食を問わず、数日分を予めそれぞれのパッケージから取り出して、ポーチに入れてまとめておきます。

私は、血糖測定電極ライトのケース1本(丸ごと)入れていました。ケース1本には、電極ライト25本が入っています。

血糖値測定25回分をまとめて入れておけばベストです。絆創膏は数枚が1シートになっているから数えやすい。問題は、消毒綿です。

消毒綿は、大量に入ったものが大袋に入っています。中の消毒綿は、1つ1つ個別包装されていない状態なのです。

消毒綿は、個別包装されていない状態

そのため、ジッパー付きの小さなビニール袋に入れました。

消毒液が乾燥しないようにジッパー付きが必須。100円ショップで事務用品売り場によくある、A9サイズのチャック付きポリ袋がお勧めです。

もう少し大きいサイズでも良いのですが、サイズが小さい方がたくさん入って割安だし、消毒綿を少なめに入れて使い切りパックにする方が衛生的です。

100円ショップで買ったA9サイズのジッパー付きポリ袋

1食の前後に測定するだけで2回分、食後1時間値と2時間値を測定するなら3回分のキットが必要です。1日3食だから、1日6回(or 9回)分ずつ。起床時と就寝時の測定を加えると、プラス2回で8回(or 11個)ずつの測定キットが1日で必要!

血糖測定電極ライトのケース1本(25本)に合わせて、25回分をポーチにまとめたとしても、2~3日でなくなる計算です。

ポーチをさっと出せばすぐ測定できるように、必要な数量をまとめて事前に入れておきましょう。

【血糖値の測定方法】1.針を刺す「指」を選ぶ

針を刺す指をどれにするか選びます。

利き手よりも利き手じゃない方を選んだ方が、絆創膏を貼った後の邪魔加減だけでなく、利き手を使って針を刺すことになるのでお勧めです。

また、人差し指と親指は、何をするにも絆創膏が邪魔になってしまうため、私は出来るだけ、小指や薬指を選びました。

私は右利きなので、右手に針(ポケットランセット)を持ち、左手の中指・薬指・小指を順番に選んでいました。時々、親指にも刺しました。

仕事やピアノ等で、特定の指の絆創膏の存在が影響する場合は、なるべく邪魔にならない指を選びましょう。

同じ指を立て続けに選んでも、前回の測定との間隔は一定時間空いているし、針を刺す場所がピンポイントで同じ個所であるわけでもないので、特定の指に偏ったとしても大丈夫です。

【血糖値の測定方法】2.絆創膏と血糖測定電極ライトを先に準備する

針を刺した後に貼る絆創膏

針を刺す時は、消毒をしたのでどこにも触りたくありません。また、針を刺して血が出た状態で、消毒液も血もついていない無事な指だけを使って、ポーチから絆創膏を取り出すのは大変です。

注射用の絆創膏は台紙が繋がっていて、片手だけ、しかも特定の指だけで1つだけを剥がすのが、難しいです。針を刺した後に、サっと貼れるように、今回使う絆創膏だけを、切り離して置ておき、すぐに台紙から剥がせる状態にしておきましょう。

自己血糖測定後に貼る絆創膏

血糖測定電極ライトも同様です。指から血が出た状態で、血糖測定電極ライトが入ったケースの蓋を開けて、1本だけを取り出す・・・。これは大変です。今回の自己血糖測定で使う1本だけを予めケースから出しておきましょう。

血糖測定電極ライト

【血糖値の測定方法】3.針を刺す指を消毒する

自己血糖測定で針を刺す指が決まったら、その指の腹を消毒綿で消毒します。

私はこの後、ついでに他の指先や逆の手も消毒しました。1つの消毒綿は小さいのですが、けっこうアルコール液がしみ込んでいるんですよ。もったいないから、他の指も消毒してしまいましょう。

※アルコール綿でかぶれる方はマネしないで下さい。

【血糖値の測定方法】4.針を刺す

消毒できたら、自己血糖測定開始!いよいよ針を刺します。

針が内蔵されているポケットランセット

  1. 消毒しなかった側の手でポケットランセットを持ちます。
  2. 消毒した側の手で、消毒した部分には触れないように、ポケットランセットの先端の細い白い部分(保護キャップ部分)をねじって外します。ねじると簡単にプチっと切れるので、軽く引っ張ると外れます。
  3. この時には、もう消毒した場所は乾いていると思いますので、これで準備万端です。
  4. ポケットランセットの上部のホルダー部分に、人差し指と中指をひっかける部分があるので、そこを挟んで持ちます。注射される時によく見る、注射を持っている手と同じ形です。
  5. 保護キャップを外した側は、保護キャップがなくなったことで平らになっていると思います。ここを消毒した指先に当てます。
  6. ポケットランセットを持っている手の親指で、白い穿刺ボタンを押します。
  7. 一瞬だけチクっとして、終了です!

ポケットランセットのカラーは、針の深さによって異なります。私は、0.8mmタイプの針だったため、水色のポケットランセットでした。0.5mmの場合はオレンジ、1.25mmの場合は黄色です。針の太さは、いずれも同じ28ゲージです。

【血糖値の測定方法】5.電極ライトの突起部分に血を付ける

針を刺すと、小さくプクっと血が出て来ます。出てきた血液に、用意しておいた血糖測定電極ライトの先にある、黒い突起部分を当てます。

血糖測定電極ライトの血液を当てる部分

【血糖値の測定方法】6.絆創膏を貼る

針を刺してから出てくる血液は、ほんのちょっとです。

個人差はありますが、小さな水滴がひとつぶ出来る程度です。しかし知らないうちに血液がどこかについてしまわないよう、用意しておいた絆創膏をすぐに貼ります。

【血糖値の測定方法】7.自己血糖測定器本体に電極ライトを差し込む

自己血糖測定器本体の電源を入れて、血糖測定電極ライトを差し込みます。差し込むのは、血液を付けた方とは反対側です。

電極ライトを差し込むと、計測が始まって、血糖値が表示されます。

自己血糖測定器に電極ライトを差し込んだ状態

【血糖値の測定方法】8.血糖値を記録する

食事ノートや自己管理ノートに、測定した血糖値を記録します。

記憶力に自信がある方は、暗記して後から都合の良い時に記入する方法もあります。私は覚えておく自信がなかったので、記録用ノートも一緒にポーチに入れていました。すぐにその場で記入しました。

記録した血糖値が、2桁の時は嬉しいです。

後記~自己血糖測定を振り返る~

慣れると素早く、食後に薬を飲むような感覚でササっとできるようになりました。

外食先で、誰も自分のことなんて見ていないのに、「何あれ?」と他人に診られている気がしてしまい、一人で勝手に焦っていた時期もありました。

妊娠後期では、店員さんや他のお客さんが横を通らないうちに、ササっと素早く計測。誰にも気が疲れずに血糖値を計測できるまで成長しました。

これから自己血糖測定をすることになり、気分が晴れず沈んだ気持ちになっている方もいるかもしれません。

でも、無事に赤ちゃんを産んで、自己血糖測定の必要がなくなった時、血糖値を測らない食後を物足りなく思える日が来るから大丈夫です。

いつかお腹の赤ちゃんが成長して、一緒に食事をするようになると、自己血糖測定に追われた食後なんて、思い出しもしない日が来ます。

かわいい赤ちゃんが成長して、子育てに追われる日々にふと、自己血糖測定が懐かしく思える日が来ると信じて、低糖メニューを考えることを楽しみながら続けてほしいです。



応援クリックお願いします。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログへ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お気軽にコメントをどうぞ