保育園の夏祭り☆アレルギーっ子も安心!おやつも屋台フードも全部アレルゲンフリーの全容とは

毎年、夏になると開催される、保育園の夏祭り。

息子が通う保育園の夏祭りは、食物アレルギー児でも全て、試食・体験できます。

配布される「おやつ」だって、調理師さん手作りのアレルギー対応(代替えメニュー)なのです。

今回は、安心・安全な屋台が勢ぞろいする、保育園の夏祭りをご紹介します。誰もが参加できるお祭り内容にお悩みの方、開催者側の方にも参考になれば幸いです。

おみこしワッショイ!盆踊り

祭りだ、神輿だ、ワッショイ、ワショイ!

まずは、皆の憧れ5歳児クラス(年長組)が、ハッピ姿で登場し、自家製ならぬ園製みこしを担ぎます。

0歳児クラス~4歳児クラス(年中組)までは、ご自慢の浴衣姿・甚兵衛姿で「ワッショイ!ワッショイ!」と盛り上げます。

そして、全員で盆踊り。保育園音頭を踊ります。

親にしか分からない成長がここに。
1歳児クラスの時→泣いて泣いて輪に入れず、私が抱っこのまま。
2歳児クラスの時→泣きながら先生に抱っこされて輪の中に。
3歳児クラスの時→嫌々バイバイして、輪の中に。盆踊りは突っ立ち状態。
4歳児クラスの今→自らバイバイして、輪の中に。盆踊りは「あ~ヨイヨイ!」と踊った!

ちゃんと踊ってる…。成長した息子の姿に感動しながら、右手で動画撮影、左手でカメラ撮影、頑張りました。

園長先生の挨拶スピーチ後、いよいよ屋台が並ぶ園内へ入ります。

味を選べる!綿を染めた「ポップコーン」

イチゴやキャラメルなど、数種類の手づくりポップコーンが用意されていました。

このポップコーンは、綿を丸めて玉にして色付けした、手作りです。

ピンクはイチゴ、茶色はキャラメル。味によって色分けされています。

子供達が好きな「味」を選び、紙コップに入れてもらいます。

自分で塗る醤油が香ばしい!?紙の「イカ焼き」

屋台で「イカくださーい。」と言って渡されたのは、「串に刺さったイカ」と「刷毛」。

串焼きイカは紙製です。

刷毛で何をするのかと言えば、「醤油」を塗ります!

醤油に見せかけた液体(茶色の絵具?)を塗って、出来上がりです。

小麦・乳アレルギーっ子も屋台風ソース焼きそば。家族みんなで「いただきます!」

2018/05/22

今回は「イカ焼き」でしたが、「焼きそば」の年もあります。

手作り焼きそばは、「毛糸」「刻んだ折り紙」「食品トレー」を利用すると、それらしくなりますよ。

ぐるぐる回して大きくなる「綿菓子」

綿菓子は、実際に綿が大きくなる様子を体験できる、人気の屋台コーナー。

ベタベタした棒を用意して、綿が入った桶(=綿菓子マシーンの代わり)でぐるぐる回すと、どんどん綿が棒にくっついて、だんだん大きくなります。

予め、綿を染色しておくと、とても美味しそうに見えます。

息子が選んだのは、イチゴ味(ピンクの綿)。

出来上がった綿菓子に、ビニールをかぶせてラッピングすると、まるで本物に見えました。

水あめはラップで作る!手作りの「りんごあめ」

「りんごあめ」は、手作り感が満載です。工作時間も楽しく、自分で作った「りんごあめ」に愛着が湧くこと間違いなし。

まずは、ストローが刺さったリンゴを選びます。リンゴの形やストローの色が違うので、子供達は自分で好きなものをチョイス。

「水あめ」になるのは、なんとラップ。味の決め手は、ラップのカラーリングです。

どの味(色)にするか決めてから、マジックで色を付けます。

これを、最初に選んだ「りんごあめ」に被せます。

水あめのトロリ感が再現されて、美味しそうな「りんごあめ」が出来上がりました。


好きな味を選んでね「タピオカ入りジュース」

レモンジュースを選んで、黄色いタピオカ入りジュースのでき上り♪

自分でストローを刺して、ご満悦です。


毎年大好き「ヨーヨー釣り」

「赤は割れるから、ムラサキにしたんだよ。」

という息子は、去年、この夏祭りで、赤いヨーヨーをもらいました。帰りに振り回していたら、地面に当たってバン!と割れてしまった経験があります。

聴覚過敏の息子は、若干、これがトラウマ。

去年のように何個も欲しがらず、「1個でいい」と言う所に、まだトラウマが残っている感を感じます。

ムラサキのヨーヨーをもらうと、すぐに私に預けました。やはりトラウマか。

金魚すくい、改め「アヒルすくい」

危険な暑さ、と言われる猛暑日のこの日。テント下とはいえ、園庭の温度は35度を超えていたでしょう。

そんな中、子供達に大人気の屋外コーナーが、この「アヒルすくい」です。

お椀がアヒルでいっぱいになると、また全部を水に返し、再びアヒルをすくう。この繰り返しでした。

アレルギー対応おやつ「米粉コーン・ポンデケージョ」

屋台も回り、縁日遊びが疲れた所で、本物!の「おやつ」をもらいに行きましょう。

保育園の夏祭りの中で、唯一、本物の食べ物「ポンデケージョ」が保護者も含めた全員に、配布されます。

調理師さん達の手作りおやつです。

普段の園生活で実在するおやつメニューの中から、毎年リクエストに応えて、選ばれるおやつ。

歴代の夏祭りおやつ通常おやつアレルギー対応おやつ
2016年度マカロニきな粉米粉きな粉マドレーヌ
2017年度メロンパンクッキー米粉メロンパンクッキー
2018年度ポンデケージョ米粉ポンデケージョ

今年は、ポンデケージョです。

ポンデケージョとは、ブラジル生まれのチーズパン。プニプニ感がたまらない、小さな丸いパン菓子です。

そして、毎年レシピ付き!

嬉しいことに、アレルギーっ子の代替おやつ分まで、レシピをくれました。

<ポンデケージョの材料>

「ポンデケージョ」(4~5人分)アレルギー代替「米粉コーン・ポンデケージョ」(4~5人前)
ホットケーキミックス 200g米粉 200g
白玉粉 130g白玉粉 130g
パルメザンチーズ 大さじ2.5塩 少々
ダイスチーズ 70gコーン 70g
牛乳 200ml水 200ml
サラダ油 小さじ1サラダ油 小さじ1

家族3人分で6個くれたのですが、息子は一人で4個を食べてしまいました。

保育園のおやつは、給食だけでなく、いつも手作り。アレルギー児のおやつは、いつもアレルギー対応の代替食です。

本当にいつも何でも手作りで、小麦粉を米粉に代替えして作ってくれます。

夏祭りの日も、食物アレルギー対応として、米粉のポンデケージョを作ってくれました。チーズの代わりに使われたのは「コーン」でした。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください