「青いかぼちゃ」はアレルギーっ子の目印です。日本にも広めようティールパンプキンプロジェクト®

「青いかぼちゃ」はアレルギーっ子の目印です。日本にも広めようティールパンプキンプロジェクト®

日本にも広めたい、「ティール・パンプキン・プロジェクト®」について紹介します。

アレルギーっ子が、ハロウィンを安全に過ごせることはもちろん、みんなと一緒に楽しめる世の中を目指して。

ティール・パンプキン・プロジェクト®とは?

無料ダウンロードしたポスターの一例

「ティール・パンプキン・プロジェクト®」は、アメリカの非営利団体「FARE」が手掛けるプロジェクトです。

■ FARE(Food Allergy Research&Education)
 公式ページ:https://www.foodallergy.org/
ティールパンプキンプロジェクト:https://www.foodallergy.org/education-awareness/teal-pumpkin-project

10月、ハロウィン-。子供たちが繰り広げる「トリックオアトリート!」の光景。「お菓子をくれなきゃ、イタズラしちゃうぞ!」のセリフを言いながら、近所を訪問してお菓子をもらいます。

日本ではイベントとして開催されることが多いですが、ハロウィン文化が定着している欧米地域では、仮装した近所の子供たちが自宅にやってきます。だから、ハロウィンは子供たちに配るためのお菓子の準備が欠かせません。

そんなハロウィンで、配ったお菓子にアレルゲンが含まれていたら?それを避けるために、参加できずに家にこもる子供がいたら?

そこで登場したのが、ティールブルーのパンプキン

オレンジではなくティール・パンプキンが飾られていたら、それはアレルギーっ子でも大丈夫なお菓子(もしくは代わりのグッズ)が用意してある合図です。

また、もらったお菓子を入れるパンプキンランタン(型の入れ物)がティール色のパンプキンだったら、アレルギーっ子である合図。お菓子の代わりに用意した文房具などをあげます。ティール・パンプキンのバッジやキーホルダーを目印に、衣装に付ける子供もいるようです。

「FARE」の公式HPでは、ティール・パンプキンの目印代わりになる画像を、無料配布しています。無料ダウンロード&印刷すると、ポスターやカードを作れます。

オレンジのパンプキンをティールブルーに塗る時間がなくても、これなら大丈夫。印刷したポスターをドアに貼れば、アレルギーっ子への目印が出来上がり!

ティールパンプキンは、アレルギーっ子への目印なのです。そして、アレルギーっ子にとっても、アレルギーであることを無言で知らせることができるシンボルマークになっています。

「ティール」って何色?

日本で「ティール色」と言われても、あまり馴染みがありません。「青緑」「ターコイズ」と言った方がイメージが沸きます。

しかし厳密には、配色が若干違います。

ティール:「#477E7F」(赤:緑:青=0:12:128)
青緑:「#4F8C92」(赤:緑:青=0:142:148)
ターコイズ:「#87DFCF」(赤:緑:青=64:224:208)

パンプキンを「ティール」っぽく塗るのに、そんな細かい事は関係ないか!

2018年ハロウィンは、出遅れてしまいました。来年は、ティールっぽい絵の具を用意することにします。

Happy Halloween!!

ティール・パンプキン・プロジェクト®
-青緑のパンプキン-
それは食物アレルギーっ子でも、扉を叩ける〇印。
お菓子の代わりに文房具?アレルゲンフリーのグミ?アレルギーっ子のために準備ができたら、青いカボチャを合図にして。
日本でも知ってもらいたい-。その名は「ティール・パンプキン」


自分の経験を誰かのために。応援クリックお願いします。

アレルギーっ子がみんなと「トリックオアトリート!」を楽しめますように。

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

お気軽にコメントをどうぞ