【防災とアレルギー】5年保存防災食ポケットワンおみそ汁「麩」入りの理由が分かったよ!後発商品に注目です。

防災用の非常食「ポケットワンおみそ汁」の具が、「麩」であることに驚愕した前回。

なぜ、非常食である味噌汁の具に、アレルギー特定原材料7品目である「小麦」を採用したのか?

「ポケットワン」シリーズを製造販売している神州一味噌さんに、問い合わせてみました。

【防災とアレルギー対応】避難訓練でもらった非常食に驚愕!長期保存用おみそ汁の具が「ふ」

2019/04/17

神州一味噌は「お客様の信頼」を満足として取り組んでいた!

正直なところ、深い意味もなく「麩」を入れてしまって今に至るのだろうと思っていました。答えを知るまでは!

酒造りからスタートして350年余り。伝承された技術で味噌造り100年。神州一味噌さんの歴史の中で、研究開発技術も進化。その一角に「ポケットワンおみそ汁」の歴史もありました。

「麩」を入れた経緯も、お客様の声や信頼されることを大切にして取り組んできたことに由来していたのです。

なぜ非常食の味噌汁に「麩」を入れたのか?
早速、回答を見ていきましょう。

非常食の味噌汁に「麩」を入れた理由その1.開発当時(30年程前)に5年保存が可能だった!

今から30年程前に商品を開発する際に非常食としてお味噌汁を提供する場合の具材を検討し、且つ長期保存ができる具材としてわかめと麩が5年保存が可能であったこと・・・

(引用:神州一味噌お問い合わせ回答メールより、抜粋)

遡ること、約30年前。
「ポケットワンおみそ汁」を開発していた当時、長期保存できる具材の中で、「わかめ」と「麩」は5年保存が可能だったということです。

非常食の味噌汁に「麩」を入れた理由その2.非常食として食べた時の満足感を考慮

・・・非常食として食した際にわかめのみですと満足感が無いとのご意見を頂戴した関係から麩を入れての販売となりました。


(引用:神州一味噌お問い合わせ回答メールより、抜粋)

そして、「お客様の声」なのかな?
非常食として食べた時に、ワカメだけだと満足感がないという意見もあり、「麩」も入れることになりました。

何も考えず「麩」を入れたワケではなく、商品開発を通して、お客様の声や満足度を大切にして「麩」に至ったことが分かりました。

震災を経験、時代も変わる。
アレルギー対応非常食への意識高まり、商品開発へ!

その後震災等の影響によりアレルギー対応の非常食としてわかめスープとコーンスープを4年程前より販売させて頂いております。

(引用:神州一味噌お問い合わせ回答メールより、抜粋)

なんと、ポケットワンには「お味噌汁」だけでなく、「わかめスープ」と「コーンスープ」があることを知りました。

震災を経験する度に、ニーズが具体的になり、現実味を帯びていく。

アレルギー特定原材料等27品目が不使用の非常食が、開発・販売されるというのは”非常に”嬉しいですね。

今回知ったポケットワン・シリーズの「わかめスープ」

■ポケットワン「わかめスープ」の原材料
デキストリン、食塩、ぶどう糖、野菜エキスパウダー、香辛料、具[乾燥わかめ(わかめ、食塩)]/調味料(アミノ酸)、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、香料


ポケットワン「コーンスープ」の原材料
糖類(ぶどう糖、砂糖)、食塩、コーンパウダー、酵母エキスパウダー、ホワイトペッパーパウダー、うきみ[乾燥コーン(コーン、ぶどう糖)]/調味料(アミノ酸等)、微粒二酸化ケイ素、香料

前回の「ポケットワンおみそ汁」記事でも述べましたが、ポケットワン・シリーズは、5年という長期保存可能・カップ入りスプーン付きだから食器不要・水でもOK!という、非常食としては超優れものです。

小麦アレルギーの方へ朗報!後発商品に期待☆

そして、小麦アレルギーの方へ朗報が。

今後お味噌汁についても小麦アレルギー対応の非常食についても開発を進めておりますので、今しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

(引用:神州一味噌お問い合わせ回答メールより、抜粋)

今は「麩」入りのお味噌汁ですが、お味噌汁についても、小麦アレルギー対応の非常食について開発を進めているという事実が判明したのです。

アレルギーのある生活を送っていると、「食べられない」「表示がない」「買えない」「(原材料が)分からない」と、何かと否定文のオンパレードじゃないですか。

先が見えない不安に追われがちな中、希望ある情報が得られるのは、気持ちが明るくなり前向きになれます。

私の声が「お客様の声」になり、少しでもアレルギー対応食品の開発に繋がる可能性がある限り、これからもメーカーへの問合せを続けます!


ブログランキングにも参加しています。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村
応援クリック頂けると順位が上がり、同じ悩みを持つ方に記事を見つけてもらう機会が増え、私自身の励みにもなります。

お気軽に感想・質問・記事リクエストなどをどうぞ。※承認されるとコメントは公開されます。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください