ヤマザキ一口羊羹が宇宙食に!宇宙日本食YOHKAN「宇宙羊羹」はアレルギー特定原材料27品目不使用です。

ヤマザキの一口羊羹が、宇宙食になった!?

食品スーパーで見つけた「宇宙羊羹」を買ってみました。

宇宙羊羹は「小倉」と「栗」の2種類がある

こちらが、食品スーパー(イトーヨーカドー)で見つけた、宇宙日本食YOHKANです。普通の一口羊羹と同じサイズです。

「小倉」と「栗」の2種類があったので、両方購入しました。

実際の宇宙日本食とは保存方法が違う!

JAXAが認証した製法によって、製造されているらしい。実際の宇宙日本食とは、保存方法などの点で異なる旨が、書かれています。

各宇宙センターのショップやネット通販で販売されている「宇宙日本食ようかん」は、この箱入りではありません。一口羊羹サイズの箱入りは、地球で食べる用ですね!


宇宙に持って行くのと同じ外袋は、真空包装!


一方で、宇宙に持って行くのと同じ外袋に入っているのは、スペースフードとして販売されている方ですね。真空包装になっています。

これは、ネット通販だけでなく、つくばエキスポセンターや筑波宇宙センターのショップで見たことがある気が。
※次回、現地で見つけ次第、追記します。

宇宙日本食YOHKAN「宇宙羊羹」の原材料

宇宙羊羹は、アレルギー特定原材料等27品目が不使用です。原材料を見てみましょう。

■「小倉」の原材料
砂糖、小豆、水あめ、寒天、還元水あめ、ソルビット

■「栗」の原材料
砂糖、小豆、栗甘露煮、水あめ、寒天、ソルビット、酸化防止剤(V.C)、クチナシ色素

「小倉」には、酸化防止剤もクチナシ色素も含まれておらず、原材料がシンプルです。保存料の役目も果たすソルビットは仕方ないか。

宇宙羊羹を実食!箱から出して食べてみた。

アレルギーっ子がいる家庭としては、一口羊羹は大量にストックしてあります。一口羊羹は、非常食にもなるため、ローリングストック法というやつです。

そこに「宇宙羊羹」が加わり、いざ1つ試食してみます。開封したのは「栗」味です。

水あめ感が分かるタイプです。見た目は若干透き通っていて、触るとベタベタしてしまうタイプ。けっこう甘いです。

栗は小さくカットされたものが、散りばめてある感じです。普段のおやつとして、非常食として、申し分ないです。

宇宙好き(=息子)としては、食べた後の箱を捨てるのが、ちょっと勿体ない気がしました。



応援クリックお願いします。【人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
興味のあるカテゴリについて、他のブログを読むこともできます。
にほんブログ村 子育てブログ
にほんブログ村 発達凸凹育児
にほんブログ村 アレルギー児育児
にほんブログ村 食物アレルギー
にほんブログ村 病気ブログ

お気軽にコメントをどうぞ