拝啓カルビーじゃがビー様。食物アレルギーっ子のポテトスナックについて

ポテトスナックは要注意!食物アレルギー児のポテト系お菓子との付き合い方

食物アレルギーっ子の保護者として、いつも翻弄されるのが、フライドポテトを含むポテト系の加工品・菓子類です。

「じゃがビー(jagabee)」「じゃがりこ」どちらもジャガイモ、カルビー製品

食物アレルギーに関係ない頃は、じゃがビーとじゃがりこ、「食感が違うな」くらいしか思わず、その時に好きな方を買っていました。

小麦・乳アレルギーっ子「じゃがビー」OK!

食物アレルギーっ子にとっては、じゃがビーとじゃがりこ、別物です。それでは、いつもコストコで箱買いしている「じゃがビー」と、買っていない「じゃがりこ」との違いを見てみましょう。

「じゃがビー」の原材料

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、食塩、コーンスターチ、こんぶエキスパウダー、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)

「じゃがビー」の作り方

以下、じゃがビーのHP(jagabeeのこだわり)より抜粋・要約です。

  1. ジャガイモを皮付きのままカットする
  2. 選別する
  3. 油で揚げる
  4. 塩で味付け(うすしお味の場合)
  5. カップ・箱につめる

スティック状にする過程で、小麦・乳を含む調味料などは、混ぜ込んでいないことが分かります。

カルビー じゃがビー Jagabee うすしお味 40g 12個セット【送料無料】【RCP】

価格:1,996円
(2018/5/21 16:15時点)

乳アレルギーっ子「じゃがりこ」NG!

乳アレルギーっ子は、「じゃがりこ」を食べることはできません。

「じゃがりこ」の原材料

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、脱脂粉乳、粉末植物油脂、乳などを主要原料とする食品、食塩、乾燥にんじん、パセリ、こしょう/乳化剤(大豆を含む)、調味料(アミノ酸等)、香料、酸化防止剤(V.C)

乳成分が含まれています。

「じゃがりこ」の作り方

以下、カルビー株式会社HPの「じゃがりこ」の「よくあるご質問」より抜粋・要約です。

  1. ジャガイモをスライスして蒸す
  2. 裏ごしする
  3. パセリ、にんじん、調味料で味付けする
  4. ところてんのように、生地を押し出してスティック状にする
  5. 乾燥させる
  6. 油で揚げる
  7. カップ・箱につめる

上記工程の3で、乳成分も混入していると思います。

同じメーカーであっても見た目が同じであっても、原材料は異なるため、アレルギーっ子にとっては注意が必要です。

自分の経験を誰かのために-。ブログランキングにも参加しています。
応援クリックを頂くことでランキングが上がり、多くの方々に記事を知って頂く機会につながります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

冷凍で届く「栗きんとんのたね」は、アレルゲンフリー。
好きな時に解凍して、栗やお芋のお菓子作りにも使えます。



【栗きんとん・栗菓子の恵那川上屋】



【栗の専門店】恵那川上屋がお届けする栗菓子スイーツ

元祖くず餅「船橋屋」創業文化二年。
良質なくず餅は材料もシンプル。あんみつは該当アレルゲンを除去しやすいオヤツの1つです。
※船橋屋のくず餅は、小麦澱粉を含みます。


創業百余年の老舗【くり屋南陽軒】が作る完全手作りの栗きんとん。
人気の「栗柿」の原材料は、柿・栗・さとう。アレルギーっ子と一緒に楽しめる優れものです。



栗きんとん-くり屋南陽軒
栗きんとんの本場!岐阜中津川の栗100%!本物の栗きんとん

昭和八年創業、贈り物の【共楽堂】
季節を代表する果物を使ったお菓子が人気です。
中でもブドウ1粒を求肥で包み込んだ一品は、「ぶどう,砂糖,餅粉,水飴」だけでできたアレルゲンフリー。


『お菓子が取り持つ安心感。-このお菓子が何かのお役にたちますようにー』
そんな想いをお菓子にこめられている会社です。
米どころの本場新潟よりお届け、【新潟菓子工房「菜菓亭(さいかてい)」】



菜菓亭の定番大福の原材料はシンプル。極上逸品!海の塩大福は「小豆・砂糖・もち粉・塩(新潟山北笹川流れ産)・酵素」だけ。アレルゲン特定原材料27品目不使用です。
★一升餅や紅白饅頭も取り扱っています★

「月化粧」が有名な【青木松風庵】
なんと言ってもカワイイのは「オリジナル名入れ生サブレ」です。



【青木松風庵】の羊羹には、小麦が含まれています。
秋限定!シャインマスカット大福なら、アレルゲンフリーです。

お気軽にコメントをどうぞ